C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  バスタイムにリラックス!入浴効果を抜群にする過ごし方って!?

ボディケア

バスタイムにリラックス!入浴効果を抜群にする過ごし方って!?

まとめ編集部 nami

バスタイムに入浴する効果は?

バスタイムに入浴する効果をご存知ですか?入浴には3つの健康効果があります。
温熱作用、水圧作用、浮力作用によるものです。それぞれの効果を早速みていきましょう♪

温熱作用による効果

温熱作用とは、お湯によって身体があたたまる作用です。これによって疲れがとれますよ♪

水圧作用による効果

水圧作用では、水圧によって足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、身体全体の血液の循環を促進します。

浮力作用による効果

浮力作用では、気分がリラックスする効果があります。お風呂に浸かると、体重は約9分の1程度になります。普段体重を支えている筋肉や関節は、その役割から開放され、緊張からくる脳への刺激が減少します。よって、身体への負担が軽減されるのです。

正しい入浴方法は?

寒い冬にはあたたまりたいですよね♪早く浸かってしまいたい気持ちもわかりますが、健康的な入り方ができたらより良いですよね。もしかしたら普段の入り方が、身体にとって適切でないかもしれません。毎日の積み重ねで健康状態が変化しますよ♪
そこで、お風呂の正しい入り方をご紹介します。

お風呂に入る前にしたいこと

お風呂に入る前にしたいことが3つあります。
入浴効果を高めるためにも重要なポイントですよ。必見です!

1.入る前に水分補給をする

お風呂に浸かると水分が失われてしまうため、入浴前に水分補給をしましょう。

2.メイクを落としてから浸かる

メイクをしたままだと、メイクが湯気や蒸気で崩れて毛穴がふさがれ、汚れや皮脂が浮き上がるのをじゃましてしまうため、メイクは落としてから浸かりましょう。

3.かけ湯をしてから湯船に浸かる

心臓から遠い手足の先から順に、からだにかけ湯をしてから、お風呂に浸かりましょう。
からだをお湯の温度にならすためと、軽く汚れを落とすマナーとしてもです。
からだや髪の毛を洗うのは湯船につかって、毛穴などがひらいて汚れや皮脂を落としやすくなった状態で行うのがおすすめです。

正しい入浴方法

ゆったりと1日の疲れを癒すための正しい入浴方法は、基本38~40度くらいのぬるめのお湯で、じっくりと半身浴をすることです。(半身浴とは、お湯を少なめにはり、みぞおちから下だけ浸かる入浴方法です。全身浴よりからだの負担も少なく、芯からあたたまると言われています。)
42度以上のお湯につかると心地よく感じるのですが、からだには負担がかかりやすいです。また、リラックスしている状態ではなく、活動する状態に近づきやすいため、入浴後すぐに就寝したい方には熱いお風呂はおすすめできません。
ぬるめのお湯に浸かり、心身ともにゆったりほぐしましょう。

バスグッズでバスタイムを楽しく充実させよう!

バスタイムをより楽しく、癒されるひとときにするバスグッズをご紹介します!
入浴効果をUPさせてよりキレイになっちゃいましょう♪

手づくりスイーツバスボムで見た目も可愛くリラックス

インスタ映え確実なフォトジェニック石鹸はこれ!アロマオイルも入っているので、香りでも楽しめます。
ドライフラワーでバスボムが溶けた後もお風呂が華やかになりますよ♡

手づくりバブルバーでふわふわ泡にかこまれて夢見心地♡

お風呂で泡に囲まれて過ごすなんて、女子なら1度は憧れたりしませんでしたか?
そんなバブルバーが自分で作れるんです!ふわふわな泡で癒されちゃいましょう♡

バスタイムに携帯を使うには?

お風呂で携帯をみながらゆっくり過ごしたい!なんてこともありますよね。でも携帯の水没が心配……。
そんなあなたに携帯をお風呂で操作できるアイテムをご紹介します。置き方も自由自在!もちろん水没の心配もいりません。
コードレスでとても便利なこのアイテム、ぜひ試してみてくださいね♪

美容液石鹸でぷるるんお肌に♡

石鹸に洗顔料の効果だけではなく、美容液の効果までもたらしてくれる美容液石鹸。
ぷるぷるなさわり心地で毎日使いたくなります。また、持ちも良いのでコスパ抜群ですよ!

まとめ

バスタイムに身体を休めると、ぐっすり眠れたり、頑張る気力が湧いてきたりしますよね。
今回は入浴効果をUPするためのさまざまなポイントをご紹介しました。バスタイムを充実させて、リラックスしちゃいましょう♪

C CHANNELではこのようなボディケアをたくさんご紹介しています。アプリを使うと検索がより簡単になりますよ!ぜひダウンロードしてみて下さいね♪

他の記事もチェック!

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事