C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 【2021年版】二重整形ができるおすすめクリニック13選|病院選びのポイントがわかる!

=【2021年版】二重整形ができるおすすめクリニック13選|病院選びのポイントがわかる!

美容医療 更新:2021/09/10

【2021年版】二重整形ができるおすすめクリニック13選|病院選びのポイントがわかる!

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

失敗しない病院選びのためのおすすめチェックリスト

二重整形にあたって、大事なのは病院選び。自分の理想をしっかり理解してくれる医者との出会いには、相性の良いクリニック探しが重要です◎

二重整形の施術は、病院に行っていきなり始まるわけではありません!必ず事前のカウンセリングが行われるので、その病院が信頼できるかどうかじっくり判断することができます。

ここでは病院選びの際にぜひチェックしておきたい、おすすめのポイントを3つ紹介します♪

整理しよう!譲れないのはライフスタイル?それとも予算?

まずは、二重整形をするにあたって譲れないポイントを整理しましょう。

譲れないポイントがライフスタイルの場合は、ダウンタイムの長さが気になりますよね。ダウンタイムというのは、二重整形の施術から回復するまでの期間のことをいいます。

クリニックによっては「ダウンタイムが短い」というプランを用意している場合があります。しかし、一般的にダウンタイムが短い施術ほど、料金が高くなる傾向にあります。

つまりライフスタイルを重視したいのであれば経済的な負担が増え、予算を重視したいのならダウンタイムの長さを考えなければいけないのです。さらに、

料金に関しても、専門クリニックによって差があるので損をしないためにも事前に情報収集することは大事です。そして専門医との相性がよいかもポイントになります。
親身になって相談に乗ってくれる専門医なら信頼できますし、安心して大事な施術を任せられるという気持ちにもなるからです。

と、一口に二重整形といってもクリニックごとに料金は異なります。

自分が譲れないのはライフスタイル、予算のどちらなのか、じっくり考えておくのがおすすめです◎

カウンセラーだけになってない?医師とも相談できている?

カウンセリングを誰が担当してくれるのかも、病院選びでは大事なポイントです。

クリニックによっては、医師のほかにカウンセラーが相談に乗ってくれます。たとえばTCB東京中央美容外科では、

ご来院されましたら、受付を済ませた後、
専任の美容カウンセラーによるカウンセリングを受けていただきます。
患者様の現状のお悩みから、手術に対する不安や疑問点など、気になることは何でもご相談ください。
また、ドクターに質問しにくいことなども、美容カウンセラーが承ります。

と、医師とのカウンセリング前に美容カウンセラーと話す時間が設けられています。

しかし、実際に施術を行うのは医師です。医師に理想がしっかり伝わっていなければ意味がありません。

カウンセリングでは、まずまぶたの状態などを専門医が確認し、どのような二重にしたいかなど希望を聞くのです。
さらに専門医が埋没法に適するかどうかを判断します。たとえばまぶたの皮膚が分厚すぎるなどのケースでは、埋没法だと糸が取れてしまう可能性があります。
そういった場合、切開法など別の施術法を提案されることもあるからです。そして希望に沿った形で、お客様にとってもっともキレイに自然に見える二重の幅や、タイプなどを専門医と一緒に相談しながら決めます。

医師に見てもらわなければ、自分に合う施術法を見つけられない可能性もあります。そのため、医師とも話ができるかどうかをチェックするのがおすすめです!

また、カウンセリングを担当してくれる医師が、実際に施術を担当してくれる医師であることが大切です◎施術の担当医師にきちんと要望が共有されていなければ、思い描いていた二重になれないかもしれません。

つまり、カウンセラーと医師の両方に相談できること、カウンセリングから施術まで担当医師が一貫していることが病院選びの際に重要になってきます。

病院選びに焦っていない?いくつかクリニックをまわろう

カウンセリングは、複数のクリニックで受けるのがおすすめです!

湘南美容クリニックでは、複数のクリニックでカウンセリングを受けることに関して

専門医によっては自分の理想とする二重の希望にそぐわないデザインや、希望する施術方法を提案してくることもあるでしょう。
たとえば埋没法でも大丈夫なケースであっても、別のクリニックでは切開法を勧められる場合などが当てはまります。
もちろん、まぶたの状態から言って本当に切開法の方がよい場合もありますが、1ヶ所だけのカウンセリングでは不安になってしまうものです。
また埋没法といっても糸のかけ方や止め方などで種類があります。色々なクリニックの埋没法を知ることで自分に適した方法を選びましょう。

と、述べています。クリニックによって、提案する施術法が異なる可能性があるんですね!また同じ施術法でも、糸のかけ方などに違いがある場合があるのです。

また、TCB東京中央美容外科では

美容クリニックの中には、ご希望の施術以外に、全く関連のない治療を勧めてくる場合があります。もちろん医師によっては、患者様の理想を聞いて、より近づけるためにおすすめしてくる場合もありますが、中には全く必要ないとわかっていて勧めてくる場合もありますので、その場合は要注意です。必要のない施術は、整形依存につながる恐れもあります。

こうした可能性にも注意を促しています。複数のクリニックでカウンセリングを受け、自分に合う施術法を見極めることが大事なんですね◎

そしてクリニックによっては、モニター価格で施術を提供している場合があります。経済的な負担の少なさを魅力的に感じてしまうかもしれませんが、施術にはリスクが伴いますよ。

どうしても、料金などで専門クリニックを選びがちになるかもしれません。しかし専門医の技術力や設備、施術前後の対応の誠実さなどがとても大事なので、選ぶ際の参考にしてみましょう。

料金だけに注目せず、整形のリスクをしっかり考慮した上で、焦らずに病院を選ぶのがおすすめです。

二重整形ができるおすすめクリニック・13選

ここでは、二重整形ができるおすすめのクリニックを紹介します。

クリニックごとに施術法の種類が異なるので、自分に合う施術がどれなのかじっくり比較してみましょう♪気になる施術法があれば、カウンセリングで医師に話を聞いてみることが大切です◎

クリニックごとの二重整形の特徴や料金についても紹介するので、病院選びの参考にしてみてくださいね!

湘南美容クリニック

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
完全埋没法 1点留め〜3点留め 16,330円〜44,880円
週末二重術 2点留め〜3点留め 59,000円〜88,000円
腫れづらいスクエア二重術 98,000円
フォーエバー二重術 195,100円
クイックコスメティークNeo 195,100円
クイックコスメティーク・ダブルNeo 299,560円
全切開法二重術 195,100円
タルミ取り併用全切開法二重術 275,950円
眼瞼下垂+ 二重 435,680円
※全て税込
※全て両目での料金です

湘南美容クリニックは、二重整形に関する施術法の種類が豊富です。たくさんの施術法の中から選べるので、自分のまぶたや理想に合う施術法が見つけられるかもしれませんね。

その中のひとつである「クイックコスメティーク法」とは、

クイックコスメティーク法は、二重まぶたの仕組みを、図のように上眼瞼挙筋に糸を通すことで二重を形成します。瞼の表面に針を通すことがないので、表面に傷が出来ず、術直後からメイクが可能な、高品質な二重術です。

という特徴があります。まぶたの上に結び目がこないので、ほかの埋没法に比べて目立ちにくいんですね♪

さらにクイックコスメティーク法には、糸を2本使う「クイックコスメティーク・ダブル」という施術があります。

クイックコスメティーク法は使用する本数に応じて、シングルとダブルに分かれます。ダブルは使用する糸の本数を、片目2本ずつにした施術となります。シングルよりも二重の持続力が長いことが特徴です。最も腫れづらく、バレづらく、さらに取れづらい埋没法をご希望の方は、クイックコスメティーク・ダブル法をおすすめします。

糸の本数が増えることで、1本で二重整形をする場合よりも二重が長持ちしやすいんですね。それぞれの施術法の特徴を踏まえ、自分に合う施術を見つけることが大切です。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/石川/新潟/長野/岐阜/静岡/愛知/大阪/奈良/京都/兵庫/香川/愛媛/岡山/広島/福岡/熊本/宮崎/鹿児島

TCB東京中央美容外科

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
埋没法・TCB二重術 2点留め 29,800円
埋没法・1dayクイックアイナチュラル 2点留め 140,800円
埋没法・1dayクイックアイエタニティ 2点留め 298,000円
埋没法・1dayクイックアイプレミアムエタニティ 線留め1本 398,000円
切開法 スタンダード 83,600円
スーパーナチュラル 173,800円
ロイヤル 437,800円
ロイヤル+クイックデカ目術 657,800円
※全て税込
※全て両目での料金です

TCB東京中央美容外科の二重整形は、大きく分けて4種類あります。

それらの施術法の中でも特に経済的な負担が少ない「TCB二重術」は、

TCB二重術とは、TCBで行っている全二重整形(埋没法)の中で、最も値段が安く気軽に理想の二重になれるプチ整形のことです。
最も安価なため、学生の方(特に高校生・大学生・専門学生)を中心に大変評判が高く、全二重整形の中においても、トップクラスに人気の高い二重整形です。

という特徴があります。一方、同じ埋没法でも「TCB式1dayクイックアイ」は

TCB式1dayクイックアイ®は、TCB二重術からさらに一歩進んだ、TCBこだわりの二重整形です。瞼板という硬い組織を糸で固定する瞼板法や、切開法のようにキレイな二重ラインになる線留め1本など、患者様のなりたい二重にあわせたグレードをご用意しています。ダウンタイムが少なく、安定した二重まぶたにできるのが特徴です。

と、なりたい二重に合わせてさまざまな施術法が用意されていることがわかりますね。

さらに埋没法には、

まぶたの皮膚表面に全く傷をつけないシークレットにより、目を閉じたときに、糸の結び目などが全く目立たず、ナチュラルな二重を実現できます。
また腫れが極めて少なく、傷跡がないため術直後からメイクが可能なので、周囲に絶対気づかれたくないという方におすすめのオプション施術です。

というシークレットオプションが用意されています。

公式ホームページでは、それぞれの施術の違いについて図解で丁寧に説明されていますよ。まぶたのどの部分に糸を留めるのか、ほかにどのような特徴があるのかなど、じっくりと知ることができるクリニックです◎

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/福島/東京/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/福岡/熊本/鹿児島

品川美容外科・品川スキンクリニック



【二重整形の料金一覧】

施術名 留め数 料金
二重術クイック法(埋没法) 1点留め〜3点留め 9,790円〜32,590円
二重術スーパークイック法 2点留め〜3点留め 39,800円〜59,800円
二重術ナチュラル法 2点留め〜4点留め 125,720円〜206,100円
二重術1dayナチュラルプレミアム法 2点留め〜4点留め 289,440円〜459,770円
二重術切開法 45,500円
スーパーナチュラル二重術切開法 166,600円
※全て税込
※全て両目での料金です

品川美容外科品川スキンクリニック 美容皮フ科は、4種類の埋没法を用意しています。

そのうちの「二重術ナチュラル法」は

二重術ナチュラル法(埋没法)は、切らずに二重を整形する「二重術埋没法」です。
糸や麻酔針を極力細くし、また結び方を工夫することでハレを最小限にとどめ、従来より早く自然な二重にすることができます。痛みにも従来以上に配慮をしています。

引用元:品川美容外科

という特徴があります。ほかの埋没法の施術との違いについては

二重術ナチュラル法(埋没法)と二重術スーパークイック法(埋没法)は、どちらも二重術埋没法ですが、針や糸の太さ、また留め方に違いがあります。二重術ナチュラル法(埋没法)の場合、細い針と糸を使用しておりますので腫れが少なく、より自然で戻りにくい二重になります。

引用元:品川美容外科

と、述べられています。4種類の埋没法のうち、どれが自分にまぶたに適しているのか、カウンセリングでじっくり相談することが必要ですね◎

公式ホームページでは、症例写真ごとにどの医師が担当したのか、どのような施術を行ったのかが詳しく記載されています。病院選びの参考になるので、チェックしてみましょう!

ちなみに品川美容外科では埋没法だけでなく切開法も用意されています。しかし品川スキンクリニックで受けられるのは埋没法のみとなるので注意しましょう。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/東京/埼玉/神奈川/千葉/愛知/静岡/大阪/岡山/福岡

城本クリニック

【二重整形の料金例】

施術法 料金例
埋没法 55,000円〜
切開法 275,000円〜
マイクロ切開法 220,000円〜
※全て税込
※全て両目での料金です
※クリニックによって料金が異なります

城本クリニックは、医師がSNSで症例写真を公開しています。病院選びも大事ですが、施術を担当する医師選びも大事。医師の二重デザインセンスなども症例写真から知れるので、参考にすることができますね。医師の指名も可能ですよ◎

また、城本クリニックの二重整形は保証が選べるという特徴があります。

二重まぶたの施術は、「1年保証」と「永久保証」の2種類から選べます。

引用元:城本クリニック

さらに、

極細の針を使うことで、同じ術法でも腫れや痛みが圧倒的に緩和されます。

引用元:城本クリニック

という特徴も。針と糸については

城本クリニックで使用している注射針は、極細のため、痛みも少なく、腫れ、内出血がほとんどありません。
...(中略)...
城本クリニックで使用している糸は、髪の毛よりも細い医療用の極細糸(0.030mm)です。
そのため、痛みもほとんどなく、腫れも小さく抑えることができます。

引用元:城本クリニック

と、紹介されていました。城本クリニックでは、腫れや痛みに配慮した二重整形を行ってくれるとわかりますね。

そしてカウンセリングの際は、

皮膚のたるみや脂肪のつき方、筋肉の状態には個性があります。
現在の目の形、まぶたの状態を医師が直接診察します。

引用元:城本クリニック

このように、医師がじっくりまぶたを診察し、適切な施術法を提案してくれますよ。理想の二重まぶたを叶える施術法が見つかるかもしれませんね!

【クリニック情報】

クリニックのある地域 福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/群馬/石川/富山/長野/岐阜/山梨/静岡/愛知/三重/大阪/兵庫/岡山/愛媛/長崎/福岡

聖心美容クリニック

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
二重術(埋没法)マイクロメソッド+α 2点留め〜4点留め 181,500円〜225,500円
二重術(埋没法)2点ダブルノット法(PVDF) 203,500円
二重術(埋没法)2点ダブルノット法(ナイロン糸) 181,500円
二重術(埋没法) 1点留め〜4点留め 71,500円〜170,500円
二重術(切開法)部分切開/全切開 330,000円
※全て税込
※全て両目での料金です※切開法は施術に対応していない院あり

「なんとなくの理想の二重イメージはあるけど、どうしたら、こうなれるのかがわからない。」 「とにかくキレイな目元にしたい。でも、何が足りないのか、どの施術をしたらいいのかわからない。」
このような方のために、当院では、患者様に合わせて、オーダーメイドでデザイン。施術の組み合わせを医師からご提案させていただきます。

と、オーダーメイドで二重のデザインが作れるのが特徴です。このサービスを活用することで、自分にピッタリのデザインが見つかるかもしれません。

また埋没法の施術にも以下のような特徴があります。

当院では、腫れを極限まで抑えた、聖心だけで受けられる手法マイクロメソッド+αを採用。
患者様一人一人の要望に合わせた、経験と実績に裏付けされた安心の手法です。
忙しく休みが取れないことで、二重術を諦めていた方や周囲にばれたくない方でも安心して受けていただけます。

このマイクロメソッド+αによって、施術後のダウンタイムがこれまでよりも抑えられるかもしれないんですね。

そして切開法については、

切開法は余分な皮膚の除去など症状に応じた対処法が広いため、一重まぶたの原因をすべて解決することができます。結果、重たい目元がすっきりとした二重まぶたになり、目も大きく見えるようになります。

と、解説されています。まぶたの状態によっては切開法をすすめられるかもしれませんね。実際にカウンセリングでは、

切開法でできる二重と埋没法でできる二重をシミュレーションして、ご希望の仕上がりを選択。

と、施術法ごとの二重シミュレーションを行ってもらえます。公式ホームページでも施術の特徴やリスクを含めて詳しく紹介しているので、病院選びの際の参考にしやすいです。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/東京/神奈川/埼玉/静岡/愛知/大阪/広島/福岡

東京美容外科

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
埋没二重 1点留め〜4点留め 77,000円〜275,000円
ダブルループ埋没法 300,000円
切開二重(マイクロカット) 275,000円
切開二重(全切開) 385,000円
※全て税込
※全て両目での料金です

東京美容外科の二重整形の施術法「オリジナル埋没二重術」は、一般的な埋没法と違う点があります。それは、

東京美容外科の「オリジナル埋没二重術」は、通常の埋没法のように点で固定せず、二重のラインに沿って上まぶたの表面と内側を特殊ナイロン製の極細糸をループ状に通し、長い1本の糸で数カ所を線で固定する独自技法を開発しました。これにより、糸が取れにくく自然で美しい仕上がりと高い持続性を可能にしました。

引用元:東京美容外科

と、点で糸を留めず、線で固定するという特徴があるのです。さらに、

また、通常の埋没法の場合、人によっては複数本の糸を使って二重のラインに点止めする必要があるため、腫れや内出血が起こりやすくなるのが特徴です。

糸の本数は少ないほど、腫れや内出血のリスクを軽減できるので、極力糸の本数を減らした施術が望ましいのです。

引用元:東京美容外科

と、使用する糸が少ないからこその特徴もあります。

また、東京美容外科は公式ホームページにて「埋没法に向かないケース」や「切開法の詳しい施術の流れ」を紹介しています。たとえば、埋没法に向かないケースとして

眼窩脂肪(がんかしぼう)が多くまぶた全体が厚い方は、まぶたの動きによって脂肪がずれた時に糸に緩みが生じたり、二重ラインがきれいにつきづらく負担がかかるため、糸が取れやすくなります。

引用元:東京美容外科

このように詳しく解説してくれていますよ。

自分のまぶたに埋没法が適しているのか、さらに実際にどのような施術が行われるのかまで、公式ホームページで確認することができるんです◎病院選びの際の参考になりますね!

【クリニック情報】

クリニックのある地域 青森/秋田/宮城/東京/神奈川/長野/愛知/大阪/広島/山口/長崎/佐賀/福岡/沖縄

中央クリニックグループ

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
ナチュラルクイック法 1点留め〜3点留め 22,000円〜55,000円〜
シークレット法 5点留め 132,000円〜
全切開法 91,300円〜
スーパーWマイクロカット法 99,000円〜
※全て税込
※全て両目での料金です
※料金は各クリニックによって異なる

中央クリニックグループには、4種類の埋没法と2種類の切開法があります。さらに切開法は、全切開と部分切開を組み合わせた「スーパーWマイクロカット法」も福岡院で用意しています。

4種類ある埋没法のうち、「シークレット法」は

全ての施術プロセスをまぶたの裏側から行い、まぶたの皮膚表面に針の跡が残らないタイプの埋没法です。術後すぐにメイクができるので、お仕事を休めないという働く女性の方でも治療を受けやすく、学生の患者様にも人気があります。

という特徴があります。同じ埋没法の「ナチュラルクイック法」と違い、まぶたの表面に針跡が残らないんですね。

また「全切開法」では、

全切開法と組み合わせて余分な脂肪の除去やたるみによって余った皮膚を切除することも可能です。まぶたの脂肪が多い方やたるみが気になる方、よりはっきりとした二重ラインをご希望の方にも適しています。何度が埋没法を試しても、その都度二重が元に戻ってしまうという方もご相談ください。

と、まぶたをスッキリさせることも可能なようです。

まぶたのタイプに合わせて、全6種類から施術法を選べることができる中央クリニックグループ。公式ホームページでは、それぞれの施術法の特徴をさらに詳しく解説しています。違いがわかりやすいと、カウンセリング前の参考になって助かりますね♪

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/茨城/埼玉/東京/神奈川/石川/愛知/静岡/大阪/兵庫/岡山/広島/福岡/鹿児島

共立美容外科

【二重整形の料金】

施術法 料金
埋没法「共立式二重P-PL挙筋法」「共立式二重P-PL瞼板法」 66,000円〜
埋没法「共立式メイクライン挙筋法」 157,300円〜
ミニ切開・部分切開 275,000円
全切開法 330,000~550,000円
※全て税込
※全て両目での料金です

共立美容外科では、ブログやSNSで医師が症例写真を紹介しています◎医師によってそれぞれどのような二重をデザインしてもらえるかがわかりますよ。カウンセリング時の参考にもしやすいですよね。

用意されている施術法のうち、埋没法の「切らない二重整形 共立式二重埋没P-PL挙筋法」は、

手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂(まぶたが重くなる・目が開けづらくなる)の心配はありません。所要時間は20分程度。共立美容外科は痛みが少ないように手術を行うことを、医師一人一人が意識していますので、「痛みが少ないようにする治療」に配慮して麻酔も行っています。

引用元:共立美容外科

という特徴があります。痛みに配慮した施術を行ってもらえるんですね。

また、オプションで針の細さを選択することができ

通常は30G(ゲージ)という外径が0.3mmの針が一般的です。
オプションメニューでは、34G、外径が0.2mmという超極細の針を使用します。痛みが少ないのが特徴ですが、麻酔液の注入量が結果的に少なくて済みますので腫れづらい二重整形になります。
また針が細い事により内出血の可能性も非常に低くなりました。現在、市販されているもので34Gが最小です。

引用元:共立美容外科

という特徴もありますよ。

そして切開法に関しても、痛みに配慮した施術が行われているようです。

当院では、二重の切開手術を行う際、麻酔にこだわり、痛くないように配慮しています。
また、術式にもこだわり、腫れないように配慮して手術を行っています。
患者様ファーストで取り組んでいます。

引用元:共立美容外科

つまり、共立美容外科は痛みが気になる人に寄り添ってくれるクリニックなんですね。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/東京/神奈川/埼玉/群馬/栃木/千葉/静岡/愛知/大阪/京都/兵庫/広島/岡山/香川/福岡/大分/熊本/福岡

東京青山クリニック

【二重整形の料金一覧】

施術法 料金
埋没法 55,000円〜165,000円
ナチュラルデザイン法 176,000円
二重切開法 385,000円~660,000円
リフトアップ二重術 220,000~330,000円
※全て税込
※全て両目での料金です

東京青山クリニックは埋没法について、

当院の二重術のナチュラルデザイン法は従来の埋没法に比べて、独自のデザインニングや糸の掛け方により、腫れが少なく、二重が長持ちする施術です。腫れぼったいまぶたの方でも、ほとんどの場合は切開する必要はありません。カウンセリングは責任を持ってすべて医師が担当しますので、デザインに関しましても、すべて希望にお答え出来ます。

と、紹介しています。

カウンセリングから施術まで、同じ医師が一貫して担当してくれるのはうれしいポイントですね!また、二重整形と同時にまぶたの脂肪取りをすることもできます。

腫れぼったいまぶたに小さな穴をあけ、そこから脂肪をとりだしてスッキリとしたまぶたにします。切開はしませんので、傷は残りません。二重手術と同時に行うことも可能です。

このように、まぶたの腫れぼったさが気になるとき、脂肪取りをしてもらうことでスッキリとした目元になれるかもしれないんですね。

また、目の開きが悪く見える眼瞼下垂の症状にも対応しています。

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)の力が弱まり、十分に目が開かなくなる状態のことです。皮膚が目尻にかぶさり、目つきが悪くぼんやりとした印象に見られがちです。また、無意識に額や眉を上げて目を開こうとするので、額や眉間のシワの原因となります。 眼瞼下垂の程度が軽~中程度であれば、皮膚を切開することなく、改善できます。カウンセリングは無料ですので、症状が進んでしまう前に、早めに手術する事が重要です。

東京青山クリニックでは施術の種類が豊富なので、目元のさまざまな悩みに対応してもらうことができるんですね。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 青森/秋田/新潟/富山/東京/群馬/静岡/山梨/長野/愛媛

大塚美容形成外科・歯科

【二重整形の料金一覧】

施術法 留め数 料金
イージースクエア埋没法 1点留め 38,500円
ナチュラル埋没法 2点留め〜3点留め 92,400円〜138,600円
フォーエバーブリリアント埋没法 3点留め〜4点留め 165,000円〜275,000円
マイクロ切開法 198,000円〜440,000円
切開法 341,000円
切開法(挙筋固定) 451,000円
※全て税込
※全て両目での料金です

大塚美容形成外科・歯科の公式ホームページでは、目元の悩み別に施術を探すことができます。たとえば「目が腫れぼったい」「奥二重を解消したい」など、さまざまな悩みに対応していますよ。自分にどんな施術が向いているのか調べたいときにわかりやすくて助かりますね♪

大塚美容形成外科・歯科では、3種類の埋没法を用意しています。そのうち、「ナチュラル埋没法」とは

まぶたの裏を糸で2点留めて二重を作ります。平行型、末広型いずれの二重を希望の方にも適しており、2点で均等に固定する「2点留め」なので、イージースクエア埋没法より自然な仕上がりの二重まぶたになります。

という施術法です。使用する針にこだわっているのも特徴で、

当院のナチュラル埋没法では、H・I針という特許を取得した針を使用しているため、傷口が通常よりも目立ちにくくなるという利点があります。
針の先端は丸みを帯びており皮膚組織を痛めません。また針の根本は平らになっており糸をスムーズに通すことができます。

と紹介されています。埋没法の傷口があまり目立たないので、周囲にバレにくいんですね。

公式ホームページでは、さらに画像付きで施術の流れを紹介しています。どのように二重整形が進むのかがわかるので、実際の施術のイメージがしやすいですよ。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/東京/神奈川/石川/京都

水の森美容外科

【二重整形の料金】

施術法 留め数 料金
埋没法 2点留め 65,890円〜
二重切開法 273,900円
※全て税込
※全て両目での料金です

水の森美容外科では、医師ごとの症例写真を公式ホームページで見ることができます。中にはSNSで症例写真を掲載している医師もいますよ。施術内容やリスクについても詳しく掲載されているので、病院選びの際の参考にしやすいですね。

二重整形の施術法は、埋没法と切開法それぞれ一種類ずつとシンプル。

埋没法に関しては、

当院の埋没法(手術法)は従来の埋没法に改良を重ね徹底的に腫れをおさえることに成功しました。
何千例もの症例数より研究を重ね麻酔法、デザインの方法、縫合の仕方などなど細かい配慮を徹底的にすることで従来の埋没法の約半分の腫れにおさえます。当院のNLQ法ならほとんど腫れませんので翌日からの仕事にも支障を与えません。

引用元:水の森美容外科

という特徴があります。そして切開法の特徴は、

切開法の手術といえでも当院では腫れを最小限に抑えます。
腫れを抑える為の麻酔も最小限にします。
少しずつ段階的に麻酔を追加注入していく事で痛みをブロックしながらも最小限の麻酔量にしております。
又、手術中の出血も最小限にするために電気メスを使用して内部処理を行っていきます。
こうすることで手術中の出血を最小限に抑え、極力腫れを抑えております。

引用元:水の森美容外科

と紹介されていましたよ。

つまり水の森美容外科では、腫れを抑える施術にこだわっているんです♪腫れ方やダウンタイムには個人差がありますが、気になる人にはうれしい配慮ですよね。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 東京/大阪/愛知

クリニークグループ

【二重整形の料金】

施術法 留め数 料金
クリニークベーシック埋没法 2点留め〜5点留め 54,780円〜158,180円
ナチュラルファイン二重埋没法 2点留め〜6点留め 30,800円〜145,200円
マイクロカット式二重埋没法 3点留め〜5点留め 82,500円〜191,180円
二重部分切開(ハーフ切開) 3点留め〜4点留め 101,200円〜165,000円
挙筋短縮式(眼瞼下垂)二重埋没法 2点留め〜3点留め 145,200円〜211,200円
モデルeye(まぶた脂肪取り二重埋没法) 3点留め〜4点留め 109,780円〜183,700円
セレブeye・マダムeye(二重まぶた切開法) 3点留め〜4点留め 101,200円〜165,000円
ビッグeye(挙筋短縮式埋没法 + ミニグラマラス) 1点留め〜3点留め 109,780円〜178,200円
※全て税込
※全て両目での料金です

クリニークグループでは、8種類の二重整形の施術法を用意しています。

そのうち埋没法の「クリニークベーシック埋没法」は、

従来の二重埋没法と比べ痛み・腫れ・内出血のダウンタイムを最小限に抑えた新しい進化したプチ整形の二重埋没法です。
学校や会社の都合で長期の休みがとれない、でも目元が腫れた状態を人に見られるのは極力避けたい…そんな方でも二重埋没法の施術を受けていただくことが可能なのが、このクリニーク大阪心斎橋・クリニーク神戸三宮・クリニーク名古屋院・梅田院のクリニークベーシック埋没法です。

という特徴があります。また同じく埋没法の「モデルeye」には、

モデルeyeでは埋没法を行う前に2~3mmの穴をあけて上まぶたの脱脂を行うことで糸を外れにくくし、また重たい印象を改善することですっきりとしたインパクトのある目元を作ることができます。

という特徴があります。同じ埋没法でも、施術の進め方や特徴が異なるんです。

公式ホームページでは、わかりやすいイラストを用いてそれぞれの施術法について詳しく紹介しています!施術法が多いと「何が違うの?」と戸惑いがちですが、解説があると比較しやすいですね。

施術法の種類が多いので、自分の悩みに合う二重整形がきっと見つかるでしょう。

【クリニック情報】

クリニックのある地域 大阪/兵庫/京都/福岡/愛知/沖縄

ガーデンクリニック

【二重整形の料金】

施術法 留め数 料金
ベーシック二重術 両目2点留め(保証なし) 29,700円
スタンダード二重術 両目2点留め(保証3年) 59,400円
ナチュラルアイスレッド 両目2点留め(極細糸使用)(保証なし) 99,000円
プレミアムアイスレッド 両目2点留め(極細糸使用)(保証一生涯) 149,600円
全切開法 440,000円
※全て税込
※全て両目での料金です

ガーデンクリニックの二重整形には、埋没法と全切開法の2つがあり、そのうち埋没法には4種類の施術法が用意されています。

なかでも「プレミアムアイスレッド」は、保証期間に縛りがありません。そのため、糸が外れてしまってもかけ直してもらえます。

当院の二重埋没法の中で、1番人気の施術です。耐久性の高い医療用極細糸を使用し、まぶた2箇所を留めて、二重を形成します。より美しく、自然な二重ラインを作ることが可能なうえ、取れにくいのも大きなメリットです。万が一、糸が取れてしまった場合でも保証が付いているので再施術は無料になります。

特徴を見るとわかるように、二重のラインも自然な仕上がりになるかもしれないんですね。

そして全切開法では、「皮膚のたるみ除去」「挙筋短縮」「まぶたの脂肪とり」などほかの施術を組み合わせることが可能です。自分のまぶたに合った施術法はどれなのか、まずはカウンセリングでじっくり相談することが大切ですね♪

【クリニック情報】

クリニックのある地域 東京/神奈川/千葉/愛知/大阪/福岡

【話題のプチ整形】おすすめの二重整形の種類は?

二重整形にはさまざまな種類があります。そして、一人ひとりのまぶたに合う施術は異なります。

たとえば一般的に「プチ整形」と呼ばれている埋没法ですが、人によっては埋没法が適さない場合もあるのです。病院選びの際には、いろいろな二重整形の種類を知っておくことも大切ですよ◎

ここでは、二重整形のおすすめの種類について紹介します。

主流は埋没法と切開法!

二重整形の施術には、大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2種類があります。これらの違いは、まぶたにメスを入れるか入れないかです。

まず埋没法とは、

埋没法はまぶたを切らない二重整形で、医療用の糸をまぶたに埋め込んで自然な二重のラインをつくります。

という施術です。湘南美容クリニックでは埋没法がおすすめな人として

・なるべく安く二重整形を受けたい方
・仕事などスケジュールの都合で、休みが取りにくい方
・二重整形がはじめてで、なるべく負担のない施術を受けたい方

と、上記の3点を挙げています。

一方で切開法とは、

まぶたを切開して強い印象の二重のラインをつくります。同じ二重整形でも、埋没法と切開法では施術の内容や仕上がりの印象が異なってくるでしょう。

という施術です。湘南美容クリニックでは、切開法と埋没法の違いについて

埋没法はまぶたに負担が少ない二重整形ですが、糸が緩んでしまう可能性があります。取れにくい二重のラインを希望するのであれば、切開法で二重整形を受けるのがおすすめです。
また、まぶたの厚みがかなりある方は埋没法よりも切開法が向いています。切開法ではメスでまぶたを切開し、たるみの原因になっている余分な脂肪や皮膚を切除します。

と、述べています。しかし切開法には

切開法ではまぶたを切開する必要があるので、埋没法よりは腫れが目立ちます。
腫れのピークが終わるまで2週間近くかかることもあるので、余裕を持ったスケジュールを組む必要があります。

というリスクがあります。

埋没法と切開法、それぞれ合うまぶたが異なり、リスクも異なります。自分におすすめの施術法がどれなのかは、クリニックで医師とじっくり相談することが大切です。

埋没法には挙筋法と瞼板法がある

埋没法は、糸を留める位置によって「挙筋法(きょきんほう)」と「瞼板法(けんばんほう)」の2つに分けられます。それぞれ特徴とリスクが異なるので、覚えておきましょう。

まず挙筋法についてです。TCB東京中央美容外科では、

目を開いた時に二重まぶたになるように、まぶたの筋肉を糸で締め付けて留めるので、本来の二重まぶたと同じ構造で、ごく自然な二重まぶたになります。また、糸がまぶたの中に埋め込まれているので、眼球を傷つけるリスクが少ないという特徴があります。

という特徴を挙げています。ただし、

柔らかい挙筋(筋肉)に固定するため、糸が緩んでしまったり、術後の二重幅が予定とは異なった仕上がりになる場合があります。また、腫れなどのダウンタイムが長引きやすく、まれに眼瞼下垂の症状が現れ、まぶたが開けづらくなる可能性があります。

このようなリスクがありますよ。一方の瞼板法については、

瞼板法は、挙筋法と比べると術後の腫れが少なく、眼瞼下垂を引き起こす可能性も低いです。瞼板という硬い箇所に糸を留めて二重を形成しているので、安定していてデザインの違いが出にくい二重になります。また、埋没した糸を取りたいとなった場合に、挙筋法の癒着よりも取りやすいという特徴があります。

と、紹介しています。さらに、

糸が眼球側に近いため、一時的にゴロゴロした感じが出る場合があります。持続的に糸へテンションがかかっていて遊びがない状態なので、糸が取れて二重のラインがなくなるリスクがあります。また、眼球側に糸が出てしまった場合、角膜を傷つける可能性があります。

と、瞼板法のリスクについて説明しています。

挙筋法と瞼板法、それぞれに特徴とリスクがあるので、施術法を選ぶ際はメリットとデメリットの両方について調べておきたいですね。

ほかにもある目元の整形!おすすめの施術をチェック

目元の整形は、二重にする「埋没法」と「切開法」だけではありません。ほかにもさまざまな施術法がありますよ。

たとえば「眼瞼下垂(がんけんかすい)」治療。眼瞼下垂とは、

眼瞼下垂は、眼瞼挙筋という筋肉の働きが弱いために上まぶた(上眼瞼)が下がっている状態です。症状としては、上眼瞼が何らかの原因でひとみ(瞳孔)に上眼瞼がかかってくると視野障害が生じます。

視野障害の他にも年齢層の若い方にとっては美容的な問題も生じてきます。この症状は先天性の方と、ハードコンタクトレンズの長期間使用などによる後天性の方がいます。

という症状です。湘南美容クリニックでは、この眼瞼下垂の施術について

眼瞼下垂の手術は、一言で言うと目の開きを良くする手術です。目を開ける筋力が弱いと、目を開けたときに黒目の上部がまぶたにかぶってしまい眠そうにみえてしまいます。眼瞼下垂手術で目を開ける力をアップさせ、ぱっちりとした目元にすることができます。もちろんその際に半永久的な二重も作ることもできますよ。目の開きが弱い状態で二重幅だけを広くしても逆に眠そうにみえてしまいます。目を大きくみせるには目の開きが重要です。

と、紹介しています。眼瞼下垂の施術をしなければ、二重整形をしても眠そうな印象になってしまう場合があるんですね。

ほかには「脱脂法」という施術があります。脱脂法について、品川美容外科では

マッサージなどでは取ることのできないまぶたの脂肪を除去して重いまぶたの脂肪を除去します。目つきが悪い、不機嫌そう、眠そうな目をかわいらしく華やかな目もとへ。わずか数ミリの切開で上まぶたの余分な脂肪を取り除きます。二重術と組み合わせることでさらに自然な二重に。

引用元:品川美容外科

と、紹介しています。二重整形の施術法と併用することで、仕上がりの自然さが変わるかもしれないんですね。

またもうひとつ知っておきたいのが、「デカ目術」です。湘南美容クリニックでは、

SBCデカ目術は切らない眼瞼下垂手術などとも呼ばれ、糸のみでまぶたの開きを改善させる手術です。
後戻りの問題はあるものの、切開で行う眼瞼下垂手術と比べるといわゆるダウンタイムも非常に短くお手軽な方法となります。

と、紹介しています。またTCB東京中央美容外科では、

クイックデカ目術は、まぶたの裏にある眼瞼挙筋と瞼板をしっかりと糸で固定することで、目の開きを改善します。糸で固定された眼瞼挙筋と瞼板が目を開けると同時に引っ張られ、皮膚が折り畳まれることで二重ができます。そのため、一重の方はまぶた線が生まれ二重になり、元々二重の方は、まぶた線がより深く引き込まれて、ハッキリとした二重になります。

と、紹介しています。目の開きの改善が期待できる施術なんですね。

このように、目の状態によっては、埋没法や切開法ではない施術法をおすすめされる場合があります。さまざまな施術法を把握しておくことも大事ですね。

【二重整形のダウンタイム】二重整形って腫れる?期間を検証

二重整形の施術後には、ダウンタイムがあります。湘南美容クリニックではダウンタイムについて、

二重整形の麻酔や施術を受けると、腫れやむくみ、内出血などの症状が起こる可能性があります。これらの症状が治まるまでには埋没法で約1週間、切開法で約2週間から1ヶ月程度必要です。
施術から回復までのこの期間を「ダウンタイム」と呼びます。

と、紹介しています。二重整形の施術後、すぐに回復するわけではないんですね。

ダウンタイムには個人差があります。一般的には、埋没法に比べて切開法のほうがダウンタイムが長引きやすいといわれていますよ。

ここでは埋没法と切開法それぞれで、どのような特徴があるのかを紹介します。

埋没法のダウンタイム|目安は3日〜1カ月

ダウンタイムに関する言及は、クリニックによって異なります。

湘南美容クリニックでは埋没法後のダウンタイムについて、

施術当日~3日後
施術当日はもちろんのこと、3日後くらいまでは強く腫れている可能性があるため、学校や会社を休み、家で安静にしていましょう。
メイクもしない方が良いです。
施術後4日目~1週間
施術直後と比べると、大きな腫れはなくなっているでしょう。
外出する際には軽くメイクをすれば、周囲から二重整形の施術をしたことに気付かれる心配もありません。
パソコンやスマートフォンを長時間見ることは避け、十分な睡眠をとることが大切です。
施術後10日目
施術後10日目くらいになると、場合によっては、二重の幅が広すぎると感じる方がいるかもしれません。
腫れが完全に引くまでの辛抱でしょう。
施術1か月後
理想の二重ラインがほぼ完成するのはこの時期です。

と、紹介しています。腫れの程度に関しては

埋没法であれば大きな腫れは3日程度で引くといわれており、1週間もすれば大体の腫れや内出血は収まるといえるでしょう。

このように解説していました。

またTCB東京中央美容外科では、

術後から腫れがありますが、数日~1週間でほぼ落ち着きます。馴染んで自然な感じになるまでには、1ヶ月ほどかかります。

と紹介しており、

稀に内出血が生じ、まぶたが赤紫色になる場合があります。大抵の場合はメイクで隠せる程度で済み、時間経過で必ず消失しますのでご安心ください。

と、内出血の程度についても解説していました。

これらをまとめると、埋没法のダウンタイムはおよそ3日~1カ月程度ということになります。腫れ方や期間には個人差がありますが、埋没法の施術をした後の数日間は大事な予定を入れないようにしたいですね。

切開法のダウンタイム|目安は1〜3カ月

つづいて切開法のダウンタイムについてです。一般的に、切開法は埋没法よりもダウンタイムが長引きやすい二重整形です。

TCB東京中央美容外科では、切開法のダウンタイムに関して

切開法は目標の二重ライン上を切開し、傷を糸で縫合します(基本的には外縫いですので糸の結び目は外に出ます)。腫れはかなり目立ち、特に当日から翌日が最も顕著です。5日~1週間後、抜糸のため来院いただきます。1本の薄い線状の傷ですが術後2週間程度は赤みが目立ちます。もちろんお化粧でカバーできますし、目を開けている時には目立ちません。1か月で腫れはだいぶ改善し、傷も白い線になります。その後、3~6ヶ月で目立たなくなります。

と、紹介しています。個人差があるとはいえ施術後の腫れが強く、目立ちやすいことがわかりますね。また東京美容外科では、

一般的な二重の幅であれば、大きな腫れは1週間~10日程度で引きます。会社や学校のお休みは、1週間程度でいいでしょう。その後、完全に腫れが引くまでに半年程度かかりますが、お化粧をしていただけば普段の生活には差し支えありません。

引用元:東京美容外科

と、紹介していました。

切開法のダウンタイムにも個人差はありますが、目安として1~3カ月は腫れると考えておきたいですね。施術後には予定を入れず、十分な休息をとれるようにしておくのが良いかもしれません。

【二重整形その後】埋没法って糸が取れたら対応してくれる?

まぶたを糸で留める埋没法には、糸が取れるリスクがあります。

二重整形の埋没法は数ある二重整形の施術の中でも、手軽に受けられる施術です。まぶたを切らずに糸で固定して二重のラインをつくりますが、何年か経つと人によっては糸が取れることがあります。

また、湘南美容クリニックでは糸が飛び出す可能性も指摘しています。

施術時の糸の結び方が少しでも甘い場合には、まぶたから糸が出てくることもあり、全くゼロというわけでもありません。
もしも糸が出てしまった場合には、まぶたから出ている糸から感染することにもつながりますので、抜糸をする必要があります

糸が取れたり飛び出たりした場合は、埋没法の保証を利用しましょう。二重整形には、たいていの場合は保証がついてきますよ。ただし、注意点もあります。

ここでは埋没法の糸が取れた場合の対応について紹介します。

期間内ならやり直せる保証がある場合も

前述の通り、二重整形にはたいていの場合は保証がついてきます。湘南美容クリニックでは二重整形の保証について、

クリニックによって差はありますが、糸が出てしまっているというケースにおけるサービスの利用保証が確保されていることもあるからです。
上記のようなケースにおいては、抜糸及び再施術が保証されていることも多いため、埋没法を行ったクリニックに相談してみると良いでしょう。

と述べられています。実際に湘南美容クリニックでは「湘南二重術」の場合、糸のかけ直しを3年間保証しています。「腫れづらいスクエア二重術」なら、二重の線が薄くなった場合も糸のかけ直しを5年間保証していますよ。

ただし、

安心保証制度は、当院が定めた保証期間内に申告がなかった場合には適用されず、保証期間経過後に申告いただいた症状や仕上がりについて治療・処置をする場合には、通常料金をお支払いいただきます。

とあるように、保証期間が終わればやり直しをすることはできません。

またクリニックによっては

埋没法の種類に関係なく保証がオプションになって、同じ施術内容でも保証期間が長くなるほど施術費用が高くなっている場合もあります。

と、保証がオプションになっている場合もあります。さらに、保証期間であっても再施術の回数が決まっている場合もありますよ。何度もかけ直しができるわけではないことを覚えておきましょう。

病院選びの際は、受けようとしている施術にどのような保証がついているのか、内容を確認しておくことをおすすめします。

【二重整形の料金】値段ってどれくらいが相場?

二重整形をする上で気になるのが、施術の料金。病院選びの前に、大体の相場を知っておくのがおすすめです!

クリニックによってさまざまな施術法が用意されているので、経済的な負担が少ない施術法もあれば、50万円近い施術法もあります。また埋没法と切開法でも、料金相場が異なりますよ。

ここでは、二重整形の料金について詳しく紹介します。

埋没法は約1〜50万円|切開法は約10〜50万円

二重整形の料金相場は、埋没法と切開法で大きく異なります。まず埋没法の料金相場は、1~50万円程です。実際に主要クリニックの料金を比較しました。

【主要クリニックの埋没法|料金一覧】

施術法 最低料金 最高料金
品川美容外科品川スキンクリニック 美容皮フ科 埋没法(4種類)1点留め〜4点留め 9,790円 459,770円
湘南美容クリニック 埋没法(5種類)1点留め〜3点留め 16,330円 299,560円
聖心美容クリニック 埋没法(2種類)1点留め〜4点留め 71,500円 225,500円
東京美容外科 埋没法(2種類)1点留め〜4点留め 77,000円 300.000円
TCB東京中央美容外科 埋没法(4種類)2点留め 29,800円 398,000円
※全て両目での料金・税込

同じ埋没法といっても、料金に数十万円の差が生じることがわかります。料金は一般的に、「腫れにくさ」や「ダウンタイムの短さ」「取れにくさ」を追求した施術ほど高くなる傾向にあります。

一方で切開法の料金相場は、およそ10~50万円です。ちなみに、主要クリニックの切開法の料金は以下の通りです。

【主要クリニックの切開法|料金一覧】

施術法 最低料金 最高料金
品川美容外科 切開法(3種類) 98,000円 397,980円
湘南美容クリニック 切開法(2種類) 195,100円 275,950円
聖心美容クリニック 切開法 330,000円
東京美容外科 切開法 385,000円
TCB東京中央美容外科 切開法(3種類) 83,600円 437,800円
※全て両目での料金・税込

料金に幅がある理由として、部分切開と全切開の違いなどがあります。埋没法と比べると、最低料金でも約10倍高くなることがわかりますね。湘南美容クリニックでは埋没法と切開法の違いについて

一般的には、「二重の持ち」や「効果の高さ」などが埋没法と切開法の大きな違いだと考えられています。

と紹介しています。

たしかに埋没法は、糸が取れて二重のラインがなくなる可能性がありますね。その一方で切開法はまぶたにメスを入れるので、埋没法に比べると二重のもちが良いです。こうした点が、埋没法と切開法の料金の差を生んでいます。

料金表の値段だけじゃ足りない?追加料金にも注意

二重整形の際にかかる料金が、記載されている金額だけではない可能性があります!

たとえばカウンセリング料金や、初診料。さらに施術の際に使う麻酔代や、痛みに配慮した針に変えるオプション代など、追加でさまざまな料金がかかる可能性があるのです。

そのため「最初に予定していた金額より高くなってしまった……」という可能性も。

信頼できるクリニックの特徴の一つに、明瞭会計であることが挙げられます。
いざ施術を受けてみたらオプション料金などの名目で予想外な額を請求された、というケースもあります。

施術料金のほかにどんな料金がかかるのか、病院選びの際にしっかり確認しておきましょう。カウンセリングに訪れたときに、カウンセラーに料金について詳しく確認するのもおすすめです。

【目のお悩みと施術法】こんな悩みにおすすめの解決法は?

二重整形をする上で「こんな施術はできるのかな?」と、不安に感じることも多いはず。ここでは、目の悩み別にどのような解決法があるのかを紹介します。

たとえば片目だけの二重整形が可能なのかなど、よくある代表的な3つの疑問に迫ります!不安を解消して、カウンセリングを受ける際の参考にしてみてくださいね。

片目だけ二重整形することはできる?

湘南美容クリニックでは、片目だけの二重整形について

二重整形では、片方のまぶただけ施術をすることができます。生まれつき片方のまぶただけが一重の方などは、片方だけを二重整形することがあります。
左右のまぶたのバランスが悪い悩みは、片方だけ二重整形をするという方法で解決できるのです。もう片方のまぶたを後から二重整形することも可能なので、両方のまぶたを二重整形したいと思い直した場合も心配はありません。

と、回答しています。片目だけの二重整形は可能なんですね。

後天的な原因で、片目だけ一重になってしまう人もいます。たとえば

・花粉症などのアレルギー症状で、目をこするクセがある
・加齢によってまぶたがたるみ、片方だけが一重まぶたになる
・体重の変化でまぶたの肉づきが変わり、左右のまぶたがアンバランスになる
・二重用のテープや、のりの使い過ぎによる皮膚の炎症

という要因です。こうした理由で片目が一重になったときも、クリニックで二重整形を受けることができますよ。施術によって悩みが解消できるかもしれませんね。

気になる施術法に関してですが、

二重整形では片方のまぶただけ施術することができますが、左右のまぶたのバランスを考慮して施術を選ぶ必要が出てきます。埋没法や切開法は、いずれも二重まぶたをつくるのに効果的な施術です。

とあるように、左右のまぶたのバランスを見てもらった上で決めることが大切です。まずはカウンセリングで医師に左右のまぶたの状態を確認してもらうようにしましょう。

二重幅を変えることはできる?

もともと二重の人が、二重幅を変えたいと思って整形を考えるケースもあるでしょう。これには「幅広二重にしたい」「もっと目を大きく見せたい」という理由が挙げられますね。

湘南美容クリニックでは、

実は二重まぶたの手術では、一重や奥二重の人だけでなく二重の人が二重の幅を広げる手術を受けるケースも珍しくありません。
整形によって一重を二重にしたり二重の幅を広げたりすると、目の上のラインの幅が広がって目が大きく見えると言われています。
二重整形には切開法と埋没法がありますが、どちらも希望の二重の幅で調整することが可能です。

と、回答しています。つまり、二重の幅は整形で変えることができるんですね。ただし注意も必要です。

実は二重幅を広げすぎてしまうと、今度は目元が眠たそうなぼんやりとした印象になってしまうことがあります。
アイメイクが映えるように幅を広げたいと考える人もいますが、行き過ぎてしまうと目元が暗い雰囲気になってしまうこともあるのです。

このように、二重の幅を広げれば良いというわけではないようです。

目を大きくパッチリと見せたいのであれば、二重整形のほかにも方法があります。

例えば、目頭切開は目頭の蒙古ひだを減らして、目を大きく見せる手術です。
蒙古ひだが多いと、目の幅が狭く、目が小さい離れ目に見えることがあり、そのようなケースでは目頭切開が効果的とされています。
さらに目尻を切開して目を大きく見せる手術もあります。
目尻側の目が大きく開くようになるため、目が大きく見える効果が期待できるでしょう。
たれ目を作りたいという人にも目尻切開は相性が良い手術と言われています。

二重の幅を変えなくても、さまざまな施術法でパッチリした目元を目指すことができるんですね。「幅広二重にしたい」という理由だけで二重整形を選択せず、医師に相談しながら自分に合う施術法を見つけることが大切です。

奥二重から平行二重にできる?

品川美容外科では、平行二重にできるかに関して

蒙古ひだが張っている場合、埋没法や切開法で二重を作ると末広型の二重になりますが、蒙古ひだが発達していない場合は埋没法だけでも平行型二重になります。

引用元:品川美容外科

と、紹介しています。目の状態によっては、埋没法だけで平行二重が目指せるかもしれないんですね。だからといって、蒙古ひだが張っている人が必ずしも平行二重にできないわけではないようです。

蒙古ひだが張っている場合には目頭切開で蒙古ひだの張りを軽減させる、もしくは埋没法や切開法で蒙古ひだを乗り越えて幅の広い二重を作作成すると、平行型の二重になります。

引用元:品川美容外科

つまり、目頭切開を組み合わせるなどの方法で平行二重が作れるかもしれません。

ちなみに蒙古ひだとは、

皮膚が目頭にかぶさり、目を小さくさせているヒダのこと

引用元:品川美容外科

と、目頭にある皮膚のことです。

医師にまぶたをしっかり見てもらい、蒙古ひだが張っているかどうか、目頭切開するべきかなど具体的な相談をするのがおすすめです。

まとめ

二重整形の病院選びでは、譲れないポイントを整理しておくこと、そして医師とのカウンセリングがあるかどうかが大切です。また複数のクリニックでカウンセリングを受け、どの施術が自分に合うのかを見極める必要もあります。

埋没法と切開法はそれぞれ特徴が異なり、リスクもあります。しっかりと理解した上で、納得した施術が受けられる病院選びがしたいですね。そのためにも、焦って二重整形を決めることなく、じっくりと病院選びをするように心がけましょう。

気になるクリニックがあれば、まずはカウンセリングで話を聞くのがおすすめ!いくつかのクリニックを比較しながら、自分に合う医師や施術法を見つけてみてくださいね♪

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

【2021年】秋葉原で二重整形ができるおすすめクリニック5選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

【2021年】秋葉原で二重整形ができるおすすめクリニック5選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

二重整形がしたい!と思った時、クリニック選びは重要ですよね。 気になるけれど料金は...

【2021年】金沢で二重整形ができるおすすめクリニック11選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

【2021年】金沢で二重整形ができるおすすめクリニック11選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

二重整形がしたい!と思った時、クリニック選びは重要ですよね。 気になるけれど料金は...

【2021年】埼玉で二重整形ができるおすすめクリニック14選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

【2021年】埼玉で二重整形ができるおすすめクリニック14選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

二重整形がしたい!と思った時、クリニック選びは重要ですよね。 気になるけれど料金は...

【2021年】新宿で二重整形ができるおすすめクリニック17選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

【2021年】新宿で二重整形ができるおすすめクリニック17選|病院ごとの料金が一目でわかる一覧表付き

二重整形がしたい!と思った時、クリニック選びは重要ですよね。 気になるけれど料金は...