C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 三重まぶたは二重整形で治せる?施術法や料金をまとめてチェック!

=三重まぶたは二重整形で治せる?施術法や料金をまとめてチェック!

美容医療 更新:2021/11/01

三重まぶたは二重整形で治せる?施術法や料金をまとめてチェック!

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

三重まぶたを整形で治すために|原因を突き止めよう!

二重はパッチリとした目の印象が得られますが、三重まぶたは重たく老けた印象を与えます。そのため「整形で三重まぶたを改善したい」という人も少なくないでしょう。

三重まぶたの場合に行われる整形は、「眉下切開法」や「ヒアルロン酸注入」、また「眼瞼下垂の治療」が挙げられます。ここでは、それぞれどのような施術法なのかを紹介します。

皮膚のたるみが原因の三重まぶたは眉下切開法

三重まぶたになる原因のひとつとして、年齢を重ねたことによる皮膚のたるみが挙げられます。湘南美容クリニックでは、たるみに適した整形施術として「眉下切開法」を紹介しています。

たとえば加齢による皮膚のたるみが原因であれば、そのたるみを除去する「眉下切開法」と呼ばれる目元形成術を受けることで症状を改善することが期待できるでしょう。

と、眉下切開法によって症状の改善が期待できると述べていますね。

眉下切開法とは、

眉下の余剰皮膚を除去することで、 目元の自然な印象は変えずに上眼瞼のたるみが改善します。
眉の下のラインぎりぎりを切開するので腫れや傷が目立ちません。

と紹介されているように、眉の下を切開してたるみを除去する整形施術です。ブローリフトと呼ばれることも。

施術のリスクについて、湘南美容クリニックでは次のように紹介しています。

だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛、顔の雰囲気の変化、二重の幅が手術前と変わらない、もしくは狭く見えることがあります、施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ、しびれ、傷痕のもり上がり・凹み ・色素沈着、タルミが残る、仕上がりに左右差などを生じることがあります。

まずは自分の三重まぶたの原因をはっきりさせ、リスクを理解した上で、眉下切開法について医師に相談するようにしましょう。

目の上のくぼみが原因の三重まぶたはヒアルロン酸

湘南美容クリニックでは、三重まぶたの原因として「目の上のくぼみ」も挙げています。その場合は、

眼窩脂肪の後退によるくぼみが原因であれば、上まぶたへのヒアルロン酸または脂肪の注入などが提案されることもあるでしょう。
この施術により目の上のくぼみが改善し、三重を治すことが可能と言われています。

と、ヒアルロン酸などの注入を改善法として紹介しています。ちなみに眼窩脂肪(がんかしぼう)とは、眼球を守るようについている脂肪のことです。この脂肪が少なくなると、くぼみが生まれてしまうんですね。

城本クリニックではヒアルロン酸注入について、

『ヒアルロン酸』をごく細い針の注射でくぼんだ部分に注入し、ふっくらとしたハリを出す方法があります。
ヒアルロン酸とは、人体の皮膚や眼球、関節部分などに元々含まれている成分で、異物ではないためアレルギーや副作用などが起こらず、かつ皮膚によくなじみます。

引用元:城本クリニック

と、紹介しています。また整形のリスクについては

むくみ、腫れ、内出血がありますが、時間とともに治ります。

引用元:城本クリニック

このように解説しています。さらに、

デメリットに、一度の効果の持続期間が半年~1年と、永久的なものではないという点が挙げられますが、メリットとして、10分程度の短時間ですぐに受けられる事、副作用が無い事、自然な仕上がりになる事などがあり、手軽でダウンタイムが少ない治療として大変人気が高い方法です。

引用元:城本クリニック

とあるように、効果がずっと続くわけではないことを挙げていますよ。

眼瞼下垂が原因の三重まぶたは眼瞼下垂治療

三重まぶたの原因にはまぶたのたるみやくぼみ以外に「眼瞼下垂」も挙げられます。湘南美容クリニックでは、三重まぶたを解消する方法のひとつに眼瞼下垂の治療を挙げており、

眼瞼下垂が原因の方は、眼瞼下垂の施術を受けることが推奨されており、この場合はまぶたを開く力が強くなり、若々しい印象になることが特徴です。

と、説明しています。

ちなみに眼瞼下垂とは、まぶたの開きが弱いか、もしくは悪い状態のこと。まぶたが重い印象に見えるだけではなく、視野も狭くなります。

眼瞼下垂の整形施術については、

まぶたを切開し、瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、引き上げる力をより強くする方法です。

このように解説されています。目をパッチリ開けられるように、アプローチするんですね。

人によって三重まぶたの原因は異なるので、適している施術法も異なります。自分にどの施術が合うのかは、クリニックでしっかり相談することが大切です。

三重まぶたを治したい!目元整形ができるクリニック・5選

ここからは、三重まぶたの施術を用意しているクリニックを紹介します。それぞれの施術の内容や料金を紹介するので、クリニック選びの参考にしてみてくださいね。

またクリニックでは事前にカウンセリングを受けることができます。「安いから」「近いから」という理由だけでクリニックを選ばず、まずはカウンセリングで自分に合う施術ができるか確認するようにしましょう。

さっそく、目元整形ができるクリニックを紹介します。

品川美容外科

品川美容外科には、「眉下リフト」と「レスチレンリド(ヒアルロン酸注入)」という施術が用意されています。

まず眉下リフトについては、

眉下リフトは、眉毛の下ギリギリのラインを切開する、目もとの若返り治療です。目のまわりや眉毛の下はたるみの出やすい箇所ですが、たるみを取り除くことで若々しい印象を取り戻します。
また眉下リフトの場合、まぶた部分には手を加えないので、目もとの印象は変わらず仕上がりも自然です。

引用元:品川美容外科

と、紹介しています。

料金は、片目238,000円(税込)、両目297,990円(税込)です。スーパーナチュラル眉下リフトなら片目314,200円(税込)、両目397,980円(税込)です。

施術後は5~7日後に抜糸が行われます。保証も付いており、客観的に効果が見られない場合などは1年以内なら再施術が受けられますよ。

そしてレスチレンリド(ヒアルロン酸注入)については、

経験豊富なドクターが丁寧にカウンセリングし、お1人おひとりに合った最適な治療を行います。
部分的なシワや小さな凹みなど、細かい箇所にも対応できるのがレスチレン®リドヒアルロン酸の特徴です。

メイクでは隠せないシワやくぼみ。1度の治療でも、もちろん効果は実感できますが、繰り返し行うことで、若々しく弾力のある素肌を保つことができます。

引用元:品川美容外科

と、紹介されています。目のくぼみなど、気になる箇所にピンポイントで施術してもらえるんですね。

目元の料金は、片目・両目ともに44,990円(税込)です。

公式ホームページには、各施術の症例写真も掲載されています。実際の施術をイメージしやすいので、三重まぶたが気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは「眉下リフト(眉下切開)」と「ヒアルロン酸注入」が用意されています。

まず眉下リフト(眉下切開)についてですが、

湘南美容クリニックの眉下リフト(眉下切開)は、
眉下のギリギリのラインを切開するので
傷が目立ちません。

と説明されており、人に傷跡がバレにくいようですね。またダウンタイムが気になる人向けに「MD式オプション」が用意されています。オプションを使うと、

MD切開法では RF(電波)メス を使用し、徹底的に止血します。
出血が少ないと内出血や腫れを抑えられるので仕上がりもキレイになります。

というメリットがあるとのこと。眉下リフト(眉下切開)の料金は234,300円(税込)、MD式オプションは+100,000円(税込)です。

そしてヒアルロン酸注入についてですが、湘南美容クリニックは部位に合わせて多くのヒアルロン酸を用意しています。まぶたのくぼみにはどのヒアルロン酸が合うのか、カウンセリングで医師と相談することが大切です。

目元に使用するヒアルロン酸は「RHA1」と「ジュビダームビスタ ボルベラXC(バイクロスシリーズ)」の2種類です。

RHA1なら0.3ccで18,330円(税込)、1.0ccで39,180円(税込)です。ジュビダームビスタ ボルベラXCは69,800円(税込)です。

また、湘南美容クリニックではオンライン相談システムを用意しています。遠方でも三重まぶたの悩みについて相談できるので、忙しい人も助かりますね。

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科では「眉下リフト」を用意しています。

眉下リフトに関して、TCB東京中央美容外科は、

患者様一人ひとり、症状や施術範囲が異なりますので、カウンセリングにて最適な治療法をご提案します。症状によっては、眉下切開で眼輪筋を切除し吊り上げたり、roofと呼ばれる脂肪を切除したりすることで、若々しい目元にデザインしていきます。

と、デザインへのこだわりを紹介しています。また、

眉下切開のような手術の縫合の時に、縫合のはじっこ部分にドッグイヤーと呼ばれる、皮膚の一部が余って、ふくらみができることがあります。TCBでは、眉下切開の名医たちによる卓越した技術で、ドッグイヤーを作らないよう調整しながら縫合を行います。

このように、見た目のキレイさにもこだわっているとのこと。

料金はスタンダードで83,600円(税込)、スーパーナチュラルは173,800円(税込)。スーパーナチュラルロングは297,000円(税込)、パーフェクトで448,000円(税込)です。

TCB東京中央美容外科はLINEでの相談や予約が可能です。ちょっと気になる疑問ができたとき、LINEだと相談しやすくて便利ですよね。

東京美容外科

東京美容外科では「ブローリフト」という施術が用意されています。

ブローリフトについて東京美容外科では、

ブローリフトは眉毛の生え際の皮膚を処置し、まぶたを引き上げ、たるみを改善します。眉毛が下がった重たげな目もとは、老け込んだ印象を与えます。まぶたを持ち上げようとして額にしわをよせることにより、額の横じわが深くなっていきます。

引用元:東京美容外科

と、紹介しています。またブローリフトが眉下を処置するのに対し、眉上リフト「オリジナルブローリフト」という施術も用意されています。

それぞれの料金はブローリフトで片目231,000円(税込)、両目385,000円(税込)。オリジナルブローリフトは片目346,500円(税込)、両目495,000円(税込)です。

東京美容外科は「術後安心保証」を用意しています。施術後のアフターケアが充実していると、万が一のときも相談しやすいですね。

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは「眉下リフト(眉下切開法)」と「ヒアルロン酸注入」を用意しています。

眉下リフトについて、聖心美容クリニックでは次のように説明しています。

一般的な眉毛に沿って切開する方法では、眉毛の毛根にダメージを与えて、毛が生えてこなくなってしまう場合があります。当院では、切開方法を工夫することで、眉毛を残すテクニックを用います。眉毛が残ることで、術後の傷跡もより目立たなくなります。

施術によって眉毛がなくなってしまわないよう、工夫してくれるんですね。そして、

皮膚が寄れる「ドッグイヤー*」対策には、縦と横の比率と、デザイン、縫合の仕方が重要です。通常は上側の切開線よりも下側の切開線が長くなるのでどうしてもしわ寄せが出ます。そのため、当院では、熟練の医師が、シワの寄りにくいデザインと、ヨレを細かく修正する縫合技術を用いて施術を行います。
*皮膚の縫い縮める処理が不十分な場合に起こる皮膚の盛り上がり。

とあり、ドッグイヤー対策のためにデザインを工夫したり、細かな技術を用いたりしてくれるとわかります。料金は330,000円(税込)です。

そしてヒアルロン酸注入については、

シワやくぼみの治療では、ヒアルロン酸をどの位置にどれくらいの量を注入するのかが最も重要です。聖心式マイクロテクニックでは、ミリよりも細かい単位で注入位置の調整を行います。一般的な治療だからこそ、最も工夫をしています。

と、人それぞれ違う目元の悩みに対して細かく答えています。さらに、

当院では仰向け状態ではなく、座った状態で施術を行っています。座った状態で注入することで、注入後の違和感を軽減することができます。注入中にお鏡でご確認いただくことも可能です。(※患者様の状態を診察させていただいた上で、医師の判断により寝た状態で施術を行うこともあります。)

と、説明されていました。どのような仕上がりになるのか、実際に注入しながら確認できるのはうれしいですね!

料金は、使用するヒアルロン酸によって異なります。そのうちジュビダームビスタ ボルベラXCは1部位1回(1ml)で107,800円(税込)。ジュビダームビスタ ウルトラXC/ウルトラ プラスXCは1部位1回(1ml)で71,500円(税込)です。

目のくぼみにどのヒアルロン酸が適しているのかは、カウンセリングで医師とじっくり相談するようにしましょう。

聖心美容クリニックでは、カウンセリングの際にPCによる「イメージシミュレーション」を行っています。施術した場合、実際にどのようになるのかを医師と一緒にイメージすることができますよ。

三重まぶたは皮膚のたるみで起きる?習慣を見直そう

先ほども紹介したように、三重まぶたの原因は皮膚のたるみや上まぶたのくぼみ、眼瞼下垂などさまざま。これらの原因のうち、主な原因だと考えられているのが皮膚のたるみです。

まぶたがたるんで重たくなってしまうことで、皮膚が重なり、三重まぶたになってしまうんですね。

ここでは、皮膚のたるみを引き起こす原因について紹介します。

加齢や摩擦による皮膚のたるみ

皮膚のたるみを引き起こす原因のひとつが、加齢です。湘南美容クリニックでは、

年齢とともに肌のコラーゲン量が減少していき、皮膚のハリが失われていくことでたるみが生じます。
また目元の筋肉を支えている眼輪筋の力も弱くなっていくこともまぶたがたるむ要因とされているのです。

花粉症などで目のかゆみがあり、頻繁にこする癖がある……という人は気を付ける必要がありますね。またメイクを落とす際も、強くこするのは避けるよう注意しましょう。

血行不良や眼精疲労によるたるみ

加齢と摩擦以外にも、まぶたがたるむ原因はあります。たとえば、血行不良。

まぶたはほかの部位よりも毛細血管が多いといわれています。
毛細血管は非常に細い血管で血行不良になりやすい性質を持っています。
血行が悪くなると体の各器官が必要としている血液や栄養素、酸素などが隅々まで送り届けられなくなってしまうでしょう。
その結果まぶたの老化が起きやすく、皮膚のたるみにつながるのです。

体全体の血行が悪くなってしまうと、まぶたの毛細血管も血行不良になってしまい、たるみにつながる可能性があるんですね。

そして、眼精疲労もたるみの原因です。

仕事で1日中パソコンを使用する人やスマートフォンを長時間見る人が増えています。
これら電子機器を使用しているとまばたきの回数が減り、眼輪筋や目元の筋肉が弱まっていくと考えられるのです。
また一点を集中して見ることで血行不良にもなりやすく、むくみによるまぶたのたるみが起きる可能性があります。

デスクワークが多い人や、スマートフォンを見る時間が長い人は注意が必要です。知らず知らずのうちに眼精疲労がたまり、目の筋肉が衰えまぶたがたるんでしまうかもしれないんですね。

なるべくたるみの原因を作らないよう、日ごろから目をいたわってあげることが大切です。

その三重まぶた、一過性かも?

三重まぶたになったからといって必ずしも整形しなければ直らないかといえば、そうともいえません。血行不良や眼精疲労が原因で三重まぶたになっている場合は、血行促進や疲労をとることで改善する可能性があるからです。

たとえば目のストレッチ。目をギュッと閉じてパッと開いてみたり、目をぐるぐると動かしてみたり、目のトレーニングで改善できるかもしれません。また、温かいタオルを目の上にのせて疲れをとるのも良いでしょう。

加齢などが原因ではないのなら、整形を考える前に目のトレーニングを始めてみるのがおすすめです。

まとめ

三重まぶたは外見が老けて見えてしまうことがあるため、「早く改善したい」という人も多いですよね。三重まぶたの改善には眉下切開やヒアルロン酸注入、眼瞼下垂の治療などさまざまな方法があるので、まずはカウンセリングで相談するようにしましょう。

また血行不良や眼精疲労などの原因によっては、自力で行うトレーニングなどで改善が期待できる場合もあります。目がたるんだ原因を考え、本当に整形が必要なのかを見極めるのが大切ですね。

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

【二重整形埋没法・経過10年】二重は取れるの?まぶたへの影響は?

【二重整形埋没法・経過10年】二重は取れるの?まぶたへの影響は?

ポピュラーになってきた二重整形の埋没法。「埋没法は気になるけど、施術を受けて10年...

埋没から切開ってできる?二重整形・再施術のポイントは「3」にあった!

埋没から切開ってできる?二重整形・再施術のポイントは「3」にあった!

埋没法で二重整形をしたものの、もとに戻ってしまったり、仕上がりが納得いかないなどの...

B-LINE CLINICの二重整形|施術法や基本情報までまとめて解説!

B-LINE CLINICの二重整形|施術法や基本情報までまとめて解説!

「B-LINE CLINICで二重整形をしたいけれど、施術法や費用が気になる……」...

おすすめの施術は?湘南美容クリニックの二重整形

おすすめの施術は?湘南美容クリニックの二重整形

湘南美容クリニックの二重整形を検討するにあたって「どの施術が私に合うのかな」と悩ん...