C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  大人の恋愛はじめませんか?「子どもっぽい恋愛」との違い

恋愛

大人の恋愛はじめませんか?「子どもっぽい恋愛」との違い

まとめ編集部 ayaka

「子どもっぽい恋愛」とは?

どうしても自分のことでいっぱいいっぱいになってしまいがちな「子どもっぽい恋愛」。
情熱的な恋愛でも、お互いをリスペクトしてずっと続いていく「大人の恋愛」をしたいですよね。まず「子どもっぽい恋愛」の特徴を見ていきましょう。

1. 2人の世界をつくってとじこもる

「子どもっぽい恋愛」はいつも自分、自分と相手2人だけのことばかりを考えてしまいがち。
恋愛以外のことに割く時間が減ったと感じることはありますか?
自分自身ではなかなか気付くのは難しいとは思いますが、今のカレと付き合い始めてから友達と会う時間が明らかに減ったと感じたら要チェックですよ△

2. 変えられない過去に目を向ける

カレの過去は気になってしまうもの。
「昔こんな人と付き合ってたなんて……。」って思ってしまうこともありますよね。
でも今から何をしても変えられない過去にこだわりすぎるのは良くないポイント。

3. 激しい独占欲

カレのことが大好きだから感じる嫉妬って辛いですよね。
その辛さがエスカレートすると激しい独占欲や束縛につながってしまいがちです。一緒にいない時もいつも何しているかが気になって不安になってしまうというのはとても心配な状態。
「私、もしかして束縛し過ぎ?」って思ったらあてはまっているかもしれません。

4. 言葉で確認して安心する

言葉で愛を確認しようとしていませんか?
甘い愛の言葉も大切なコミュニケーションですが、それを相手に言わせようとしたり言われて自分の不安を鎮めたりしているのはよくないサイン……。

5. 外から見えるもので好きになる

「子どもっぽい恋愛」は何かと急ぎ足。
パッと見てわかる見た目のかっこよさ、スペックの高さなどで判断してしまうことよくありますよね。彼のことを好きな理由を聞かれた時に外見やスペックばかり言っていませんか?その後お互い知っていく上で中身まで本当に好きになれたら「大人の恋愛」への第一歩です。

「大人の恋愛」の特徴

「子どもっぽい恋愛」の特徴がわかったところで「大人の恋愛」とはなんなのでしょう?特徴を理解して、大人の恋愛への一歩を踏み出しましょう♪
うまく出来ているかは難しいけれど、意識するだけでも◎

1.依存じゃなくて共存

「子どもっぽい恋愛」が自分中心なら、「大人の恋愛」は自立、尊重。
「子供っぽい恋愛」を経験して、自分自身をより深く知っていくことで「大人の恋愛」ができるようになっていきます。

そのほかの所で自立できている人でも恋愛面の自立って難しいですよね。でも自立することによって相手を尊重できる関係を築くことに繋がるんです。

2. ふたりで見ているのは未来

「子どもっぽい恋愛」の2人がお互いだけを見合っているなら、「大人の恋愛」は2人で同じ方向を見ている状態。
変えられない過去にこだわるのではなく、2人で過ごす今とこれからを一緒に同じ方向をむいていられる関係が理想ですよね♡
過去を深掘りしないことはもちろん、思いがけないきっかけで知ってしまったとしてもあまり思い詰める必要はありませんよ。

3. 程よい距離感で恋愛を楽しむ

「子どもっぽい恋愛」では必要不可欠だったかもしれない独占欲も、「大人の恋愛」では距離感こそが大切。
束縛や独占欲の原動力はポジティブな感情ではなく「不安」です。

「ヤマアラシのジレンマ」のエピソードをご存知ですか?トゲをもつ2匹ヤマアラシが身を寄せてお互いを温めるために近づくとトゲで傷つけてしまいます。そのため、相手を傷つけないちょうどいい距離感を探しつづけることで一緒にいたという話です。

この話はカップルが距離感を探る時に役立つ話でずっと近づき続けることが出来ないように、ずっとくっついていることはできません。
それぞれのカップルにあった程よい距離感を2人がお互い探り合って、恋愛を不安ではなく楽しんでみてくださいね♡

4. 何をするもそれは自分で決めたこと

「子どもっぽい恋愛」では相手に約束してもらうことを求めますが、「大人の恋愛」ではすべて自己責任。
大人になると何をしても自由で、同時に何をするのも自分で決めたことなので責任が問われることが増えてきます。恋愛をしないという選択も、許されない恋愛をする選択も全て自由です。

そんな大人の恋愛で、気持ちを確認するような言葉の「言った」「言わない」のやり取りはナンセンス。2人の状態が幸せか不幸かを決めるのも2人です。

5.中身で人を好きになる

「子どもっぽい恋愛」がせっかちでパッケージに惹かれがちだとしたら、「大人の恋愛」は中身を知って育んでいく恋愛。
確かにタイプの見た目もあるし、「身長がコンプレックスだから背が高い人がいい」などのこだわりも1つや2つはあるはず。

肩書や見た目だけでなく、性格や価値観が自分と合うかという事を最も大切にして相手を好きになったら大人の恋愛へ一歩踏み出せたサイン♡その感覚を大切にしていってくださいね。

「大人の恋愛」を楽しむコツ

過干渉ではない「大人の恋愛」は最初は物足りなく感じるかもしれません。それでも長続きさせるためには、大人の恋愛を楽しむことがポイント◎大人の恋愛がちょっと楽しめるようになるコツをご紹介します。

1.考えすぎない

「朝起きてから寝るまで、仕事中もカレので頭がいっぱい!」とずっと考えていることは、好きの指標にはなりません△

それに、いくら自分1人で考えても変わらないこともあります。考えすぎず、普段通りの生活をしてそれをいろどる存在としてのカレというのが理想ですよね♪

2.素直になる

「押して引く」などの駆け引きもガンガン押し続ける子どもっぽい恋愛だからこそあったもの。大人の恋愛では駆け引きはナシがルール◎
学生の頃のような頻度で過ごせるわけではないので、過ごせる時間を大切にして素直でいることを心がけましょう♪

3.失敗を恐れない

大人になればなるほど失敗をすることが怖くなりますよね。自分らしく振る舞えなかったり、これからの展開を早く知ろうと焦ってしまったりするように、失敗を恐れすぎてしまうのも考えものです。

失敗を恐れるのではなく、成功したときのイメージをもったり、楽しむことを意識してみたりするといいですよ◎

4.相手は自分を好きだと自信をもって

自信が無いことって上手く行きづらいですよね。今一緒にいるという所に目を向けて、自分に自信をもってみることも大事♡
自信をもっているとより魅力的にもみえるので一石二鳥ですよ♪

*クリップ(動画)もチェック♪

【恋愛】関連記事もチェック♪

まとめ

今回は「子どもっぽい恋愛」と「大人の恋愛」の特徴やちがいをまとめました。また、少し難しそうに見える大人の恋愛の楽しみ方についてご紹介しました。全体を通して共通するのは自立して相手を尊重するというポイントですよね。子どもっぽい恋愛を卒業して、お互い高め合えるような素敵なカップルになれるように参考にしてみてくださいね♪

また、C CHANNELでは女の子がたくさん楽しめるクリップをさまざまご用意しています。無料アプリを使えばメイクやファッションなどのクリップもサクサクとチェックできますよ♡ぜひダウンロードしてくださいね♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事