C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  アイラインの引き方完全ガイド!おすすめのアイライナーもご紹介

メイク

アイラインの引き方完全ガイド!おすすめのアイライナーもご紹介

まとめ編集部 kyoko

この記事の流れ

・アイライナーの種類
・上手なアイラインを引くための秘訣
・基本的なアイラインの引き方
・目のタイプ別!アイラインの引き方
・なりたい目別!アイラインの引き方
・アイラインが上手に引けちゃう神アイテム3選♡

アイライナーの種類

アイライナーにはたくさんの種類があるんです。まずは、それぞれの種類と特徴をチェックしてみましょう!
いくつか試して、自分に合うタイプを見つけてくださいね♡

1.ペンシルアイライナー

アイライナーの中で最もオーソドックスなもののひとつが、ペンシルアイライナーです。
ペンで描いているような感覚になるので、アイライナーに慣れていない方も使いやすいですね♪
ナチュラルメイクにオススメ。

2.リキッドアイライナー

次に、リキッドアイライナーをご紹介!
筆が柔らかくスルスルと描けるので、初心者さんにオススメです♡
また、まぶたがたるみぎみでペンシルでは引きにくい…という方はリキッドアイライナーを使うと綺麗に引けますよ♪

3.ジェルアイライナー

アイライナーに慣れてきて、違う種類も試してみたい!そんな方にオススメなのが、ジェルアイライナー。
柔らかい筆で色の濃さを調節しやすいのが特徴です♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

アイラインを上手に引くのに大切なのはひじと鏡の位置!

どこでメイクをしても仕上がりは同じ……そんな風に思っていませんか?

実は、アイラインを上手に引く秘訣はひじと鏡の位置に隠されていたんです!
まず、アイライナーを持っている手の方の肘は机やドレッサーなどで固定します。こうすることで手がブレにくくなり、失敗しにくくなります。

次は鏡の位置。鏡を顔より少し下にセットし上からのぞきこむように鏡を見ると、目のキワが見えアイラインを引きやすくなります。ぜひ試してみてくださいね♪

基本的なアイラインの引き方

これから、初心者さんでも簡単に描けるテクニックをいくつかご紹介します!
まずはリキッドアイライナーを使った基本的なアイラインの引き方からご紹介します。さっそくチェックしていきましょう♪

リキッドアイライナーの基本的な引き方

1.黒目の端あたりから描きはじめる

黒目の端あたりから描きはじめましょう。目と目の距離を縮めたい、求心的なお顔になりたいという方は目頭から描くのがおすすめです♪

2.まつ毛の生え際にそって目尻まで描く

まつ毛の生え際にそって目尻まで描いていきます。ナチュラルな仕上がりにしたい方はここで終わってもOKです!
一気にラインを引くのは難しいですが、少しずつ伸ばしていけば失敗なくアイラインが描けます♪

3.目尻の形にそって跳ね上げ部分を描く

目尻の形にそって跳ね上げ部分を描いていきます。跳ね上げのカーブを強くすると猫目な仕上がりに、少し下げぎみに描くとタレ目な仕上がりになりますよ♪ ブラックだと印象的な目に、ブラウンはナチュラルな目にみえます。

また、目と目の距離を離したい、遠心的なお顔になりたいという方は長めにラインを引くのがおすすめです♡

*クリップ(動画】もチェックしよう!

ペンシルアイライナーの基本的なひき方

基本のアイラインの引き方をマスターしたら、次はペンシルアイライナー「インライン」の引き方を見ていきましょう。

「インライン」とはまつ毛とまつ毛の間のスキマを埋めていくラインの引き方のことです!インラインはペンシルアイライナーで引くのが一般的で、ナチュラルな印象に仕上げたい時やすっぴん風メイクをするときにおすすめ。メイクレスなのに目ヂカラをUPさせてくれます♪

1.まぶたを引っ張って描く

ペンシルアイライナーで描く時はまぶたを引っ張るのが上手に描くコツ。まぶたを引っ張るとハリがでて左右に動きにくくなるので描きやすくなります♪

2.まつ毛の生え際をなぞる

まつ毛の生え際(目の粘膜あたり)を、まつ毛のスキマを埋めていくイメージでなぞっていきます。目に入らないように注意しながらゆっくりなぞりましょう。

インラインを引くとまつ毛の密度がUPしたように見えて、目元がはっきりするのでとってもおすすめ♡ 最初は難しく感じるかもしれませんが、練習をすれば上手に引けるようになるのでぜひ挑戦してみてくださいね!

*クリップ(動画)もチェックしよう!

アカリン直伝! 目元を優しく見せるアイラインの引き方

お次はふんわりとした優しくて、でもちゃんと目を大きく見せてくれるアイラインの引き方をご紹介します♪
さっそく見ていきましょう。

1.目のカーブにそって細く描く

目のカーブに沿って細く描いていきます。
今回のクリップ(動画)で使用されているのはアカリンおすすめの【フローフシ もてライナーリキッドBr 】です。ペンの形が八角形になっているので手に馴染んでブレにくいところが嬉しいポイント♪

2.まつ毛の隙間を埋めるようにインラインを描く

まつ毛の隙間を埋めるようにインラインを描いていきます。見下ろすように鏡を見て描くと描きやすいですよ♪

薄いブラウンのアイシャドウを重ねる

薄いブラウンのアイシャドウを引いたラインの上から重ねていきます。こうすることでやわらかい目元になり、またラインのヨレ防止にもなります♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

目のタイプ別!アイラインの引き方

アイラインって、一重、奥二重、二重と目のタイプによって引き方が違うんです!目のタイプ別でアイラインの引き方をご紹介するので、自分の目にあったクリップ(動画)を参考にしてくださいね♪

一重さん向け!アイラインの引き方

一重のアイラインって、細く引くと見えないし、太すぎると不自然になっちゃって難しい…とお悩みのあなた。自然な一重のアイラインの引き方、教えちゃいます!さっそく見ていきましょう♪

1.まぶたの水分、油分をオフ!

アイラインを引く前に、綿棒やあぶらとり紙などを使ってまぶたの水分や油分を拭き取ってください。

2.リキッドを使って中央を描く

リキッドアイライナーを使用してまぶたの黒目の上あたりを描いていきます。この時、目の上に引っ張ると目のキワがしっかりと見えて描きやすくなりますよ♪

3.目頭から中央までつなげる

次に、目頭からラインを引き、先ほど描いたラインにつなげていきます。

4.中央から目尻まで少しはね上げて長めに描く

中央から目尻まで少しはね上げて長めにラインを描いていきます。

4.ブラシでぼかしたら完成!

ブラシで柔らかくぼかしたら完成です♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

奥二重さん向け!アイラインの引き方

奥二重って、目のキワとまぶたが重なる部分が当たってしまうのでにじんでパンダ目になりやすい目のタイプですよね。そんなお悩みをお持ちのあなたには、にじみにくい速乾リキッドアイライナーがおすすめ。奥二重におすすめのアイライナーやアイラインの引き方のご紹介していきます♪

速乾リキッドアイライナーがおすすめ!

クリップ(動画)でおすすめされているのが【ラブライナーリキッド】。汗や皮脂にも強く、手でこすっても落ちないという優れモノ♡ 二重がかぶさってまぶたとラインが当たりやすい奥二重さんの強い味方です♪

目の中央あたりはインライン

奥二重は二重の幅がせまいので、目の中央あたりにラインを太く描いてしまうとせっかくの二重がつぶれてしまい、逆に目が小さく見えてしまうことも。インラインだけに引いてナチュラルデカ目を目指しましょう♪

目尻は太めに引く

目の中央あたりは細く引きますが、それに比べて目尻は少し太めに引いて、存在感を出しましょう。

*クリップ(動画)もチェック!

なりたい目別!アイラインの引き方

タレ目の人、つり目の人など、目の形にも色々ありますよね。また目の形がコンプレックスでつり目に見せたい、タレ目に見せたい、と思う方もいると思います。そこで今回はアイラインで目の形をコントロールする方法を教えちゃいます♡ さっそく見ていきましょう!

まん丸おめめがかわいい♡タレ目ラインの引き方

タレ目は優しくて女の子らしい雰囲気に見えるので憧れる方も多いのではないでしょうか?そんなタレ目になりたい方におすすめのアイラインの引き方をご紹介します♪

1.鏡を下にして覗き込むように鏡を見る!

タレ目になれるアイラインの引き方のポイントは「目尻を下げて描くこと」。でも鏡を顔の正面に持ってきて目尻の形にそってアイラインを引いてしまうとどうしても目尻をはね上げて描いてしまいます。なので、鏡を下にして覗き込むように鏡を見ながら目尻までアイラインを引くのが大事!

2.ブラウンのシャドウを下まぶたのキワに塗る

ブラウンのシャドウを下まぶたのキワに塗ります。こうすることで目尻に「く」の字ができてやわらかい印象に仕上がります♡

*クリップ(動画)もチェックしよう!

みんな夢中♡猫目ラインの描き方

いたずらっぽくて魅力的な猫目、憧れますよね♪ 特にもともとの目がタレ目の方は一度はなってみたいはず。ならば、メイクで叶えちゃいましょう♡ どんな目の方でも猫目になれちゃう猫目ラインの引き方をご紹介します!

1.目尻からはね上げて長めにラインを引く

まず、目尻からはね上げて長めにラインを引いていきます。はね上げすぎかな?と思うくらいはね上げてOK!

2.目の中央から先ほど引いたラインの先端までをつなぐ

次に、目の中央から先ほど引いたラインの先端までをつなぎます。この時ラインはまっすぐ引くようにしましょう。

3.1と2の線の間を埋めたら完成♪

1と2で引いた線の間を埋めたら、程よく存在感のある猫目ラインの完成です♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

かきやすくてにじみにくい!おすすめアイライナー4選

メディア ペンシルアイライナーA

芯がかたすぎず、柔らかすぎないかきやすい質感♡ ナチュラルなカラー展開なので上品に目にフィットしてくれます♪ お財布にもやさしいのでメイク初心者にはぴったりのアイテムです!

デジャヴュ ラスティングファイン

クレヨンタイプなのにとても柔らかくてするするかけるのが最大の魅力です♪ また、肌を染める成分が入っておらずくすみのもとを残さないので目元にも優しい♡

ラブライナーリキッド

にじみにくく、発色もきーぷしてくれる優れモノです。ブラック、ブラウンの他にもバーガンディやグリーンブラウンなどカラー展開が豊富で、微妙なニュアンスを出すのにぴったりなアイライナー♡ あなたの好きな色味もきっと見つかりますよ♪

フローフシ モテライナーリキッド

にじまず落ちにくいリキッドアイライナーといえばこれ!と言われる定番の大人気アイテム。目にしっかり馴染むカラー展開で、八角形のボトルが持ちやすくかきやすい!ぜひ手にとってみてくださいね♪

【おまけ】アイラインが上手に引けちゃう神アイテム3選♡

いくら練習してもアイラインが上手に引けない…と心が折れてしまいそうな方はアイテムに頼ってみるのもアリかも? アイラインが綺麗に描けるようになる意外な神アイテムをご紹介します♡

1.スプーン

スプーンの曲線を利用してアイラインを引きます。左右対称なカーブをつくるのが難しい…とお悩みの方や、ラインをはね上げたい方におすすめ♡

2.名刺

名刺を使って、まっすぐなラインを引いてみましょう! 名刺は汚れても使い捨てができるので衛生的ですね♪

3. サージカルテープ

サージカルテープを3cmほどに切ってお好み角度にテープを貼って使ってみてください!両手が使えるのでとっても便利ですよ♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

【アイメイク】他の記事もチェック!

【メディア】ナチュラルに瞳を大きく♡

いかがでしたか?初心者さんでも引きやすいラインの引き方、引き方別講座、インラインの引き方をご紹介しました。誰でも簡単にラインの引き方をマスターできるんです♪
この他にもいろいろな引き方があるので、ぜひ自分に合うものを探してみてください!目もとはメイクの中でも特に重要なパーツです。引き方次第で一気に印象が変わるので、ぜひいろいろな引き方に挑戦してみてくださいね♡

C CHANNELアプリでは、今回紹介したラインの引き方だけでなく、応用編のクリップも盛りだくさん!トレンドのアイメイクもサクサク検索できちゃいます!ぜひダウンロードして、日々のおしゃれにとりいれてみてくださいね。

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

【特集】 ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

【特集】 ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

今年も流行中のナチュラルメイク。その魅力は、大人かわいい印象に仕上がるだけでなく、...

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

アイメイクの中でも肝となるのがアイライン。流行の跳ね上げアイラインや、可愛らしいタ...

【特集】 アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

【特集】 アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

アイラインは引き方次第で印象が変わりますよね。目を大きく見せて目ヂカラをUPしてく...

【特集】 アイライナーの引き方【基礎編】初心者でも簡単落ちないアイライン

【特集】 アイライナーの引き方【基礎編】初心者でも簡単落ちないアイライン

初心者さんにも簡単に分かる、アイライナーの基本的な引き方をご紹介します。 今回ご...