C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  前髪が浮く人必見!前髪が浮く原因とその対処法とは?

ヘアアレンジ

前髪が浮く人必見!前髪が浮く原因とその対処法とは?

まとめ編集部 Ricky

前髪が浮く原因とは?

前髪が浮いてしまって悩んでいるけど、自分の前髪がなぜ浮くのか、その「原因」がわからない人は多いのではないでしょうか?

まずは、前髪が浮く原因となっている4つの原因をみていきましょう♪

原因1.髪質がくせ毛or直毛

前髪が浮く原因の1つめとして、「髪質がくせ毛or直毛」というものがあげられます。

雨の日や風が多く吹いている日に髪がうねりやすいくせ毛の方や、コテで巻いてもすぐにまっすぐに戻ってしまう直毛の方など、それぞれの髪質によって前髪の浮き方は異なってきます。

自分の髪質を理解して前髪のセットをしないと、前髪が浮いてしまうんですよ……!

原因2.自分に合ったカットじゃない

前髪が浮く原因の2つめとして、「自分に合ったカットじゃない」というものがあげられます。

人によって生え癖はそれぞれ。右側が浮きやすいという人もいれば、髪質の問題で前髪が浮いてしまう人など、すべての人に同じカットが適用するとは限りません。

また、オン眉前髪やぱっつん前髪、たくさんすかれた前髪など、前髪に長さや重さが足りないということも、前髪が浮く原因になりかねないんです……!

前髪をカットするときは、自分の髪質や生え癖などを理解した自分にぴったりの前髪カットをしてくださいね♡

原因3.お風呂後にドライヤーをしていない

前髪が浮く原因の3つめとして、「お風呂後にドライヤーをしていない」というものがあげられます。

髪を濡れたままにしておいて自然乾燥させてしまうと、不自然な形で前髪がキープされてしまうことが多いです。また、髪が濡れたまま就寝してしまうと、寝癖がついて浮きやすくなってしまうことも……!

濡れたままにしておくのは髪の傷みにもつながるし、前髪も浮いてしまうし……良いことなしです。

原因4.間違ったドライヤーのかけ方をしている

前髪が浮く原因の4つめとして、「間違ったドライヤーのかけ方をしている」というものがあげられます。

ドライヤーのかけ方って、意外と知らないですよね。もしかしたら毎日しているドライヤーのかけ方が、前髪が浮く原因になっているかもしれません!

まずは正しいドライヤーのかけ方を覚えることが、浮いてしまう前髪を解消するための近道なのかもしれませんよ♪

乾かし方をマスターして、浮く前髪とおさらば♡

前髪の乾かし方次第で、浮かない前髪を作ることができてしまうんです!今回は、雑誌などでも紹介されているとっても簡単な前髪の乾かし方をご紹介します。

普段のドライヤーのかけ方を見直したい方や、朝の前髪セットを改善したい方は必見です♡さっそくみていきましょう。

1.根元に水をかける

前髪の根元に水スプレーをかけます。コームを使って前髪をなじませましょう。クセがつかないように前髪に水をかけたらまっすぐ伸ばしてくださいね!

2.ドライヤーで温風をあてる

ドレイヤーで温風をあてます。はじめはまっすぐになるように乾かして、しばらくしたら左方向、右方向と順番に乾かしましょう。根元をこすりながら乾かすことがポイントです!

そうすることで前髪が浮かずに自然なスタイリングができるんですよ♡

3.冷風をあてたら完成

最後に冷風をあてたら完成です。前髪を乾かすときは根元から!これが1番大事なポイントです。クセがつくのは根元の乾かし方が甘いからです。このテクニックを参考にして浮かない完璧前髪づくりに挑みましょう♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

浮く前髪は、「ドライヤー」で簡単に解消♡

前髪が浮くというお悩みを解消するための、「ドライヤーのかけ方」をご紹介します♪

前髪が浮いてしまう原因のひとつとしてあげられるのがドライヤー不足。夜寝る前に乾かす時に手を抜いてしまったり、毛先ばかり乾かして根元はあまり乾かしていなかったなど……。ドライヤーのかけ方ひとつで、簡単に浮く前髪を解消できちゃいますよ♡

さっそくやり方をチェックしていきましょう♪

1.ドライヤーで温風をあてる

まずはドライヤーは温風からスタートします!前髪をピタッとおでこにくっつけて温風をあてていきます。火傷しないように気をつけましょう。

2.冷風をあてる

温風をあてた後は、冷風に切り替えてください。手順1と同じように前髪を抑えながら冷風をあてます。温風をあててから冷風をあてることで髪のツヤを出すことができるんですよ♡毎日のスタイリングでぜひ試してみてくださいね。

3.ピンで留めて完成

シングルピンを用意してください。前髪に跡がついてしまわないタイプのピンであれば、シングルピンでなくても大丈夫です!前髪を抑えたら根元付近にピンをつけましょう。これで先ほどスタイリングした前髪がバッチリ維持できちゃいます♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

前髪が浮くときは、「ストレートアイロン」でかわいくアレンジ♡

ドライヤーのかけ方をマスターしたら、かわいい前髪のアレンジにも挑戦してみましょう♡

普段浮いてしまう前髪も、コテを使えば簡単にかわいくアレンジできちゃうんです!さっそくみていきましょう。

1. 前髪を巻く部分をわける

はじめに、耳の前に触角にする部分の髪の毛を取り分けます。この時に、髪の毛を取りすぎてしまうと髪が顔にかかりすぎて、暗くて重たい印象になってしまうので注意してくださいね!

顔の両サイドにふわっと垂らすくらいの量にするのがオススメですよ♡ここで触覚部分として取り分けた髪以外は、耳にかけておきましょう。

2.クシで前髪をとかす

寝癖やうねりなどは、あらかじめクシでとかしてできるだけまっすぐにしておきましょう。

3.アイロンで前髪を巻く

次はアイロンを使って前髪を巻いていきます。前髪にアイロンを通してから毛先を中心に巻いていきましょう。巻き終わったら前髪を手で崩します。前髪が温かいうちに崩すことで、思い通りのスタイリングにできますよ♪

3.スタイリング剤をつけて完成♡

最後ににスタイリング剤をつけます。前髪が浮く時は、ツヤ感の出るワックスがおすすめです♡

爪先くらいの量のスタイリング剤を手元にとり、髪をつまむようにして前髪や毛先をセットします。束感を意識してスタイリングすると、ナチュラルな仕上がりが演出できますよ♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【前髪アレンジ】他の記事もチェック!

まとめ

今回は、前髪が浮くときの原因と対処法を紹介しました。紹介したテクニックを使って、浮いてしまう前髪とはおさらばしてくださいね♡どれも短時間で簡単に前髪を直すことができるので、忙しい朝にももってこいですね。

前髪がキマっているだけで、一日中ハッピーな気分でいられること間違いなし。ぜひ試してみてくださいね♪

C CHANNELのスマホアプリなら、他にもいろいろなジャンルのクリップが無料でチェックできちゃいます!ヘアアレンジ・メイク・ファッション・恋愛など。もしよろしければアプリをダウンロードして楽しんでくださいね♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事