特集

【特集】 ゴーヤのアレンジレシピ♪余ったゴーヤも使い切ろう

【特集】 ゴーヤのアレンジレシピ♪余ったゴーヤも使い切ろう

「ゴーヤ」と聞くと、「ゴーヤチャンプルー」のイメージが強いのではないでしょうか?しかし、ゴーヤにもいろいろなレシピがあるんですよ。今回は、そんなゴーヤのレシピを2つご紹介しちゃいます♪独特の苦味があるゴーヤも、このレシピならとってもおいしく食べられます。やみつきになっちゃうかも?早速作り方をみていきましょう。

沖縄県民も太鼓判!ゴーヤの生ハムフライレシピ

「ゴーヤ」は栄養価も高く美容と健康に良い食材です。そんなゴーヤを美味しく食べるレシピをご提案。生ハムの塩加減があれば味付けは一切いりません。パリパリ食べられるので、ゴーヤの苦みも全く気になりませんよ。ビールにもワインにも合うので女子会にもオススメです◎

1. ゴーヤを輪切りにして中綿をとる

ゴーヤ半分を輪切りにし、スプーンなどを使って中綿をとりましょう。

2. チーズをのせたら生ハムを巻く

輪切りにしたゴーヤに、正方形を作るイメージで小さく切ったスライスチーズをのせます。リング状になるように生ハムを2枚ずつ巻いてください。

3.さらに春巻きの皮で円形に包む

春巻きの皮に手順2をのせ、四隅に軽く水をつけ、円形に包んでいきます。

4. 170度の油で4分程度揚げたら完成

170度に熱した油で4分程度ひっくり返しながら揚げたら、完成です♪春巻きの皮のパリっと感と、中からとろけるチーズがたまりません!生ハムの塩気でゴーヤの苦味もあまり感じなくなるので、ゴーヤが苦手な人でも食べやすいですよ。ぜひ作ってみてくださいね。

*クリップ(動画)もチェックしてみよう♪

沖縄県民も太鼓判!ほろ苦ゴーヤと生ハムの塩っ気がたまらない♡ゴーヤの生ハムフライ

夏にぴったり♪ピリ辛ゴーヤ麻婆豆腐レシピ

ピリ辛ゴーヤレシピは夏にピッタリです◎「キムチの素」と「味噌」で作る麻婆豆腐レシピは応用もできて便利ですよ。ゴーヤの旨みがお味噌の風味と程よく調和し、ご飯のおかずにもお酒のお供にもぴったりの美味しさ。早速作り方を確認しましょう。

1. ゴーヤを塩揉み、15分ほど置いて水気を絞る

ゴーヤ90gをスライスして塩揉みし、そのまま15分ほど置いて水気を絞りましょう。

2. フライパンで玉ねぎ→ひき肉→ゴーヤの順に炒める

油を熱したフライパンに、みじん切りにした玉ねぎ1/2個、ひき肉200g、水気を絞ったゴーヤを入れて炒めます。

3. 具材の真ん中に調味料を入れて混ぜ合わせる

ひき肉が茶色くなったら、具材をフライパンの端に寄せます。真ん中に酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖10g、しょうが小さじ1、にんにく小さじ1、味噌大さじ1、キムチの素大さじ2を加えて混ぜ合わせてください。

4. 豆腐を入れ崩しさらに混ぜ合わせる

豆腐300gを加え、フライパン返しで一口大に切ったら混ぜ合わせましょう。

5.糸唐辛子をのせて完成

全体がよく混ざったら、器に盛り付け、仕上げに糸唐辛子をのせれば、完成です♪キムチの素と糸唐辛子でピリ辛な味付けがクセになる◎ゴーヤの旨味がお味噌との相性バツグンです。ぜひ作ってみてくださいね。

*クリップ(動画)もチェックしてみよう♪

夏にピッタリ!ピリ辛レシピでご飯もお酒も進んじゃう♡ゴーヤ麻婆豆腐♪

まとめ

ゴーヤの苦味も、いろいろな具材や調味料と合わせることで少なくすることができるんです。苦味が苦手で今まであまり食べてこなかったという人におすすめです。ぜひ今回ご紹介したレシピを参考にしてみてくださいね。他にも、C CHANNELではオシャレでおいしいレシピをたくさん紹介しています。ぜひチェックしてみてね♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事