C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

メイク

ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

まとめ編集部 mayu

【Q0】そもそもナチュラルメイクにアイラインって、必要?

アイラインを引くとデカ目にはなれるけれど、どうしても濃くなってしまいがち。
そんな印象をお持ちの方は多いと思います。
「ナチュラル顔に仕上げる」ことを重視すれば、アイラインを引かないという選択肢も確かにあり得ますね。

でもアイラインを引いたからと言って、必ずしも濃くなるとは限らないのです。
「ラインの引き方」と「ライナーの選び方」次第で、十分ナチュラルメイクを達成することができるのですよ♡

【Q1】ぶっちゃけ、リキッドとペンシルどちらがいいの?

アイライナーはリキッドタイプやペンシルタイプなどいくつかの種類に分かれていますよね。
どれを選ぶかによって、仕上がりは全く異なる印象になります。

ここではライナーの基本の3タイプの特徴を見ていきましょう。
その上で、あなたの「なりたい顔」に合うライナーの種類を選んでくださいね♡

リキッドアイライナー

リキッドアイライナーは、スルスルと描くことができることが特徴です。
また種類が豊富なので、自分に似合う色やウォータープルーフ、速乾性のあるものなどお気に入りの商品が見つかる可能性が高い!
しかしぼかすことができないのが難点です。

またくっきりした印象になるため、ナチュラルに仕上げたい場合はアイシャドウやリップなどの色を控えめにする、といった引き算メイクを行う必要があります。

ペンシルアイライナー

ペンシルアイライナーは軸が安定して描きやすいのが特徴。そして何より、リキッドライナーよりも優しい印象に仕上がります。
また簡単にぼかしたり、重ね付けをして色の濃さが調節できることも、ペンシルアイライナーの魅力です。

とっても扱いやすいので、もっともオススメなのがこのタイプです♡
メイク初心者さんでも安心して使えます。

ジェルアイライナー

ジェルアイライナーは、色の濃淡を調節できたり、スルスルと描けたりとリキッドアイライナーとペンシルアイライナーの良いとこ取りなアイライナー♪
しかし、テクスチャーが柔らかいため折れやすく、失敗しても修正が出来ないことが難点です。

【Q2】色は何がいい?

アイライナーの色は主にブラック・ブラウンの2色ですよね。
自分の髪色や目の色に合わせて選ぶ、というのが模範解答ですが、ブラウンの方がよりナチュラルな目元を演出できます。

正直「黒髪×ブラウンライナー」という組み合わせでも全く不自然にはならないので、迷ったときはブラウンを選ぶと良いでしょう。

【Q3】ナチュラルなアイラインの引き方って?

アイライナーの選び方が少しずつわかってきたところですが、気になるのは基本の「引き方」。

ということでここからはいよいよ、ナチュラルメイク向けのアイラインの引き方をお伝えしていきます。
リキッドライナー/ペンシルライナーに分けて解説するので、どちらもマスターできちゃうはず。
さっそくチェックしましょう!

♡ナチュラル×リキッドライナー♡

1.目のきわのカーブに沿ってラインを引く

最初は目を閉じた(もしくは半目)状態で、目頭から目尻に向かってラインを引きます。
始めから太く引こうとせず、ペン先を使って目のきわのカーブに沿うように細く引きましょう。

目尻はすっと力を抜いて。跳ね上げラインなどもありますが、ナチュラルメイクにおいてはまっすぐラインの方が好印象です◎

2.インラインを引く

アイラインメイクの中でももっとも重要と言っていいのが、このインライン。
これを引かないと、目を閉じた際に手順1で引いたラインが浮いてしまうんです。

ペン先でちょんちょんとまつげの隙間を少しずつ埋めていってください。

3.ブラウンシャドウでぼかす

最後に濃いブラウンのアイシャドウを使ってぼかしましょう。
先ほどリキッドライナーはぼかせないのが難点と述べましたが、こうすれば簡単に色を調節することができますね♡

適量をアイシャドウチップにとり、ささっと色を重ねてください。

♡ナチュラル×ペンシルライナー♡

1.目のカーブに沿ってラインを引き、目尻を伸ばす

ペンシルライナーの引き方は、リキッドライナーとほぼ一緒。
目尻側のまぶたを引き上げながら、目頭から目尻に向かってラインを引いていきます。
ペンシルは目尻にたまりやすいので、横方向に指で軽くこすってラインを伸ばしましょう。

間違えてしまった場合は、綿棒でこするときれいに修正できますよ♡

2.インラインを引く

ペンシルライナーにおいても、インラインは必須。
上方向にまぶたをグッと引き上げて、まつげの隙間を埋めていきましょう。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【Q4】一重&奥二重なんだけど、アイラインはどう引けばいい?

ここからは一重さん&奥二重さん向けに、アイラインの引き方をレクチャーしていきます。
一重・奥二重の方はアイラインを使うことでより魅力的なお目目に見せることができるので、ぜひメイクに取り入れてみてください!

まぶたが重めな一重・奥二重さんは、アイラインを「太く・跳ね上げて」引くことがポイントです♪
またラインが目の端にたまりやすいため、速乾性のあるリキッドタイプの物をチョイスするようにしましょう。

♡to 一重さん♡

1.まぶたの余分な水分、油を拭き取る

綿棒や油取り紙でまぶたの油分や水分を取り除きます。
このステップをふむことで、アイラインのもちが良くなりますよ♡

2.まぶたの中央からアイラインを引く

まぶたの中央からアイラインを引きます。中央部分(黒目の部分)はアイラインを太めに引いてOK!
細く引いてしまうと、目を開いた時に一重まぶたでアイラインが見えなくなってしまうので注意です。

3.目頭からアイラインを引く

手順2で引いたアイラインに繋げるようにして、目頭からアイラインを引きます。
目頭の部分は目を開いた時に一重まぶたで隠れないため、細めに引くとナチュラルメイクに仕上がりますよ♪

4.目尻にアイラインを引く

目尻は若干跳ね上げでアイラインを引きます。
このアイラインは少し太めに引くと一重さんでも目がパッチリと見えつつ、ナチュラルに仕上がりますよ!

5.ブラシでぼかして完成!

最後に化粧ブラシでぼかすと、アイラインがふんわりとした印象になります。またぼかすことで、ラインが自然に広がり、デカ目効果を得ることができますよ♪

これで、ナチュラルメイクに似合う一重アイラインの完成です。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

♡to 奥二重さん♡

1.目尻にアイラインを引く

目尻8mmに平行にアイラインを引くと、奥二重さんでも滲まずにキレイなアイラインができあがります。
さらに、少し太めにすると目元にメリハリがついてリフトアップ効果が狙えますよ♪

2.目尻から真ん中にかけてアイラインを引く

目尻から黒目の中間部分までは、一度アイラインを引いてください。奥二重幅にアイラインが溜まらないように、なるべくまぶたの際に引くよう心がけましょう。
さらに隙間を埋めるようにアイラインを引くと、目がハッキリと見えますよ!

3.目頭から黒目の上にインラインを引いて完成!

最後に目力をアップするために、目頭から黒目中央あたりにかけてインラインを引きましょう!
インラインにすることで、目を閉じてもナチュラルに仕上がります。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【Q5】オススメのアイライナーはどれ?

ここからはオススメのアイライナーをご紹介していきます。
お好みのアイテムを見つけてみてくださいね♡

INTEGRATE

インテグレートから発売されている、リキッドタイプの「スーパーキープ リキッドライナー」。
見た目もとっても可愛らしいですよね♡

クリップを見てもらうとわかるのですが、とにかく描きやすい!均一で自然な線が楽に描けます。
また、夕方までにじまないとの声も多数。
リキッドライナーデビューにどうぞ。

フローフシ

言わずと知れた、フローフシの「モテライナー」。
「もうこれしか使えない♡」とリピート率が高いことで有名ですよね。

細筆でとっても描きやすいから失敗する危険がほぼなく、長時間にわたり密着してくれることが人気の秘訣。
まだ使ったことがない方は、この機会にぜひ試してみてください!

media

こちらはmediaから発売されている、ペンシルタイプの「アイライナー ペンシルA」。
とってもやわらかい発色で、自然に目元に馴染んでくれます。
芯が固すぎずやわらかすぎず、描きやすいのも嬉しいポイント。

ラブライナー

大人気のラブライナーシリーズからは、ペンシルタイプも登場しています。
ペン先がまぶたにフィットする楕円形状になっているからとっても描きやすい♡
さらに、目元に優しい5種類の美容オイルを使用しているので安心して使えます。

柔らかく、とろける書き心地で使いやすいのでメイク初心者さんにもオススメですよ♪

3CE

大人気韓国コスメブランド「3CE」からもリキッドライナーが登場。
線の太さを調節しやすい上、速乾性に優れているのでとっても扱いやすいんです♡

こすってもなかなか落ちないにも関わらず、オフする時はぬるま湯でOKなところも嬉しい!

まとめ

今回は、ナチュラルメイクに合うアイラインの引き方と選び方ご紹介しました!
アイラインはメイクに取り入れることで、程よいアクセントになります。いつものナチュラルメイクにプラスして、効果的に使いましょう♡

C CHANNELでは、他にも様々なメイク動画をアップしています。公式アプリもあるので、ぜひダウンロードしてください♡

*他の記事もチェックしよう♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

アイメイクの中でも肝となるのがアイライン。流行の跳ね上げアイラインや、可愛らしいタ...

【特集】 就活リップってどうすればいい?選び方とおすすめ商品♡

【特集】 就活リップってどうすればいい?選び方とおすすめ商品♡

今後の人生が左右される就活。面接官に好印象を与えるには第一印象はとっても大事ですよ...

【特集】 アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

【特集】 アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

アイラインは引き方次第で印象が変わりますよね。目を大きく見せて目ヂカラをUPしてく...

【特集】 アイラインは引かない!抜け感が魅力のナチュラルメイクのやり方♡

【特集】 アイラインは引かない!抜け感が魅力のナチュラルメイクのやり方♡

あえてアイラインを引かない「ナチュラルメイク」は、適度な抜け感が魅力的。目元を軽め...