C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

アンケートのお願い

【特集】  メイク直しのコツをおさえよう!美しいメイクは正しいお直しできまる

メイク

メイク直しのコツをおさえよう!美しいメイクは正しいお直しできまる

まとめ編集部 mayu

どうしてメイクは崩れるの?

朝はキレイに仕上がっていても、いつの間にか粉をふいていたり、ヨレてしまっている……なんて経験は、メイクをする方なら誰にでもあると思います。

メイク崩れを招くのは、汗や過剰な皮脂、そして肌の乾燥。夏はとにかく汗をかくため、スポーツをした後でなくても化粧がドロドロ……なんてことはよくありますよね。しかし冬は冬で、乾燥という大敵が!外出先で暖房が効いていたりすると、いつの間にかベースメイクが落ちてしまっている、ということが頻繁に起こります。そしてもともとオイリー肌の方は皮脂の分泌がさかんなため、どうしてもTゾーンがテカってしまったり、ファンデーションがヨレてしまったりするんです。

このようなメイク崩れはお直しをすれば元通りになる、と思っていませんか?ところが、メイク直しには正しいやり方があるんです。それをわきまえていないと、メイクが元通りになるどころかどんどん汚くなってしまいます!

美しいメイクを復活させる!メイク直しテク(ベースメイク編)

では、メイク直しの正しいやり方とはどのようなものなのでしょうか。これからベースメイクとパーツメイクに分けてご紹介していくので、今まで何となくパパッとメイク直しを済ませてしまっていた、という方はぜひチェックしてみてくださいね。

まずはベースメイクから!「全体的にヨレてしまっていて汚肌になってる!これじゃ誰にも会えない!」なんてピンチな時には、この方法を試してみて。

用意するもの

美容液
清潔なパフ
パウダーファンデーション

1.皮脂をティッシュオフする

ベースメイクを直す際は、最初に必ず皮脂をティッシュオフしましょう。こうすることで、テカりがかなり軽減されます。脂取り紙は必要な皮脂まで吸収してしまうおそれがあるので、なるべく避けてください。

メイクが崩れないよう、肌にティッシュをのせてやさしくハンドプレスしてください。

2.美容液をスポンジになじませる

自分の肌状態に合った美容液を手の甲にパール1粒分くらいとります。こちらを清潔なファンデーション用パフにつけ、やさしくなじませましょう。

ベースメイクが崩れてしまった時、いきなり塗り重ねるのは絶対NG!厚塗り感が増す上、さらに崩れる原因になります。まずはスキンケアアイテムで肌を整えて。今回は美容液を使用していますが、化粧水でもOKです♪

「美容液を丸ごと1本持ち歩くなんて大変……」という方は、お手持ちの美容液を旅行用の小さな詰め替え瓶に入れて持ち歩くことをオススメします。100均などに売っているので、気軽にゲットできますよ♪
また、最近はドラッグストアでスキンケアラインナップのお試しセットが売られていますよね。その中から美容液だけ持ち歩くのもテです!お試し用のスキンケアグッズはどれも小さいので、かさばりません。

2.気になる部分をオフする

パフをやさしく崩れが気になる部分(頬、小鼻、あごなど)に滑らせて、メイクをオフしていきます。

ここでは、パフで強くこすりすぎて肌を傷つけないよう注意!あとあと肌を痛める原因になります……。

3.ファンデーションをのせる

肌に付着した美容液が十分なじんだら、お手持ちのファンデーション(今回使用したのはパウダー)をのせていきましょう。もし美容液をつけすぎてしまって肌がしっとりしている時や、時間がない時などは、やさしくティッシュオフしてからファンデーションをのせてください。

これでベースメイクのお直しはカンペキ!化粧したてのような、美しい肌がよみがえります。「今までベースメイクを直す時は塗り重ねてしまっていた……」という方は、ぜひこのやり方を取り入れてください♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

時間がない!そんな時のベースメイクお直し術

お化粧室でゆっくりメイク直しができる日もあれば、そうでない時もありますよね。ここではベースメイクを瞬時に復活させる、時短メイク直し術を大公開!今すぐ使えるワザなので、さっそくチェックしてみましょう。

用意するもの

ティッシュ
ミストスプレー
フェイスパウダー(ファンデーション)

1.余分な皮脂をティッシュオフ

まずはティッシュで皮脂をオフ!先ほどもお伝えしましたが、これだけでもかなりテカりがおさえられます。ティッシュオフする時は決してこすったりせず、ティッシュを広げて上からハンドプレスしましょう。

2.ミストをかける

「時間がない!」そんな時の強い味方はミストスプレー!顔全体にシュ~っとふきかけましょう。使用方法はお使いのスプレーをご参照くださいね♪

そのままやさしくハンドプレスして肌になじませます。

3.フェイスパウダーをはたいて完成

クリップでは仕上げにフェイスパウダーをはたいていますが、ファンデーションでもかまいません。なじんだミストの上からやさしくのせましょう。もしミストが乾きにくい場合は、ティッシュオフするといいですよ♪

これで時短メイク直しの完成!ぜひ取り入れてみてくださいね。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ベースメイクお直しに絶対使える!優秀アイテムたち

言わずと知れた「アベンヌ」!お風呂上りのスキンケアからメイク直しまで幅広く使えちゃう優秀ミストスプレーです。もう使っていらっしゃる方も多いのでは?

こちらは100%温泉水がボトリングされており、肌によいミネラル成分も豊富に配合されています。メイク直ししながらスキンケアもできちゃう嬉しいアイテムですよ♪持ち運びサイズが発売されているので、そちらもチェックしてみてください!

エテュセから発売されているミストスプレー「アクアスプラッシュOB」。メイク直後はキレイでも、午後になるとテカりが気になってくることってよくありますよね。そんな時はこれ!

ミストをシュ~っと顔にふきかけ、やさしくハンドプレスしましょう。思わず感動してしまうようなサラサラ肌に仕上がります♡

ベースメイクのお直しと言えば、こちらのコスメも口コミ高評価!IPSAから発売されているスティック美容液「ザ・タイムR デイエッセンススティック」です。「このコスメに出会ってお直し後のメイクが変わった!」という声多数!

乾燥でメイクが崩れちゃうことって、どうしてもありますよね。そんな時はこちらを直接気になる部分に塗って、やさしくたたいてなじませます。その後、上からファンデーションをのせたらメイク直し完了!簡単にできるのに仕上がりはとってもキレイ。乾燥を美容液でケアできるのもポイント高い♡

まるでメイクしたての美しい顔に!お直し方法(ポイントメイク編)

続いては、ポイントメイクのお直し方法をご紹介します。午後になるとベースメイクはもちろん、マスカラやリップなどの崩れが気になることってありますよね。

ここではパーツ別にメイク直しの方法とコツを伝授します!今まで「崩れた部分にはとにかくファンデを塗り重ねてた……」なんて方は要チェック!メイク直しのコツをつかんで、午後も可愛いアナタでいましょう♡

とっておきのポイントメイク直しアイテムもご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてくださいね♡

【マスカラ】リップクリーム&綿棒で気になる部分をラクラクオフ!

マスカラが下まぶたについてる!なんてことって、よく起こりますよね。黒い点々がついていると、せっかくキレイに仕上げたアイメイクも台無しになってしまいます。

そこで活躍するのがリップクリームと綿棒!どちらも持ち運びやすい上、この2つさえあれば崩れた部分をキレイにオフできちゃうんです。マスカラのお直しだけでなく、他のポイントメイク直しに使えるのも嬉しいポイント♪

1.綿棒にリップクリームをとる

リップクリームにをたっぷり綿棒にとります。そのまま手の甲でなじませてください。

2.ヨレた部分をふきとる

下まぶたについてしまったマスカラにそって、綿棒をころころと動かします。すると、このようにキレイにオフできちゃいます!また、目元は乾燥しやすい部分ですが、リップクリームをつけることで保湿効果まで得られるのも嬉しいですよね♡

3.ファンデーションを塗って完成

仕上げに、リップクリームを塗った部分にファンデーションをのせましょう。しっかり密着してくれるパウダーファンデがオススメです。パフやスポンジで、やさしくおさえながらのせていってくださいね。

これでマスカラのメイク直しは完成!1分もかけずにできちゃうので、ぜひ試してみてくださいね♪これからはメイクポーチにリップクリームと綿棒をインしておくことをお忘れなく♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【アイシャドウ~まぶた】くすみはパールシャドウでカバー!

朝アイメイクに時間をかけても、だんだんまぶたがくすんできて効果台無し……なんてことはありませんか?せっかくキレイにアイシャドウを塗っても、まぶたの色がくすんでいたら映えないですよね。

そんな時はパール入りシャドウを使うのがオススメ!ほどよいキラキラはくすみをとばし、目元を明るくみせてくれます♪

アイシャドウをオフする時間がない時は、上から指でやさしくパールシャドウをのせましょう。目頭も忘れずに。たったこれだけで、グッと印象が変わります!

【アイブロウ】描き足すだけじゃだめ!眉の皮脂をオフしよう

「あ、眉毛落ちてる!」と気になったらいきなり描き足してはいませんか?実は、崩れたメイクにそのままうわがきしてしまうとさらなる崩れの元になってしまうんです。

顔同様、眉にも皮脂がたまります。そこでまずすべきなのは、眉の余分な皮脂をオフしてあげること!パウダーファンデーションでサッサッとやさしく眉をこすると、簡単に皮脂が落ちてくれますよ♪(あまりやりすぎると眉周りの皮膚が死労基してしまったり、眉が完全に崩れてしまうので注意…!)それから眉を描き足しましょう。

「皮脂を落とす」という手順をはさむだけで、その後の眉メイク持ちもかなり変わってきます。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

数色もっておくと便利!色付きリップクリームの活用法

先ほどリップクリームが優秀とお伝えしましたが、色付きリップクリームだってメイク直しに大活躍しちゃうんです!

こちらのクリップでは、色付きリップクリーム(ピンク)を使ってメイク直しを実践しています。1本あればアイシャドウ、チーク、リップメイクまで使えるので、持っておいて損はありません!

顔のパーツごとに異なる色を塗るとアンバランスな印象になってしまうので、1本(1色)使いがオススメです♪

ポイントメイク直しの他にも!リップクリームはめちゃ使える

リップクリームはポイントメイク直し以外にも使えます!このクリップでは、女の子の日常生活にとっても役立つリップクリーム活用法をご紹介しています。

リップクリームを使えば、自然に女子力アップ!モテをゲットできちゃうかも?♡

メイク直しに革命を起こす!優秀すぎるお直しアイテム

ここではいろんなパーツのメイク直しに使えちゃう、とっておきのポイントメイク直しアイテムをご紹介します!持っておいて損はないコスメなので、気になった方は売り切れる前に買いに走りましょう!

セリアやキャンドゥで購入できる!Art Collectionのメイク直しペン

マスカラがにじんで落ちた時は……

時間がたって、マスカラが下まぶたに落ちてしまった!そんな時は、このペンで汚れたところをなぞりましょう。肌の表面を滑らせるように、やさしくなそってくださいね。

その後、なぞったところをティッシュでふきとると……
すごい!こんなにキレイに汚れてしまったところをオフできました!

このペンのいいところは、気になる部分だけ丁寧にオフできること。なぞるだけなので、時間がかからないのも嬉しい♡

眉崩れを直したい!形を変えたい!そんな時は……

日中のアイブロウメイクの落ち、とっても気になりますよね。描き足せる程度の崩れならまだしも、汗をかくとにじんで形が不自然になってしまうことも……

そんな時はこのペンで気になる部分をなぞり、やさしくティッシュオフして。キレイな眉がよみがえります。

食後の口紅落ちが気になる……そんな時も!

避けては通れない「口紅落ち」。キレイな食べ方を心がけていても、ランチタイムの後にははみ出した口紅を見てがっかりしてしまう……なんて経験、誰にでもあると思います。

コンシーラーを塗るというテもありますが、このペンなら口紅落ちをまるでなかったことのようにできちゃいますよ♪

先ほどと同じようにはみ出した部分をペンでなぞったら、今度は少し強めにこすってティッシュオフしましょう。すると、この仕上がり!美しいリップラインがよみがえってきました♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

そもそも、メイク崩れを防ぐには?

「メイク直しにかける時間をできるだけ短くしたい!」というのが女の子の本音。ならば、朝イチメイクから変えてみましょう!

ここでは、メイク崩れを最小限におさえるためのスキンケア方法からベースメイク・パーツメイク方法をご紹介していきます。これでしつこいメイク崩れとめんどうなメイク直しからはオサラバしましょ♡

メイク崩れの有無はスキンケアにあり!正しいやり方、できてる?

最初に述べたとおり、メイク崩れを引き起こすのは乾燥や皮脂、汗。中でも大敵は乾燥!肌が乾燥してしまうとベースメイクが浮いてきたり、ヨレてしまう原因になります。この乾燥は季節を問わずつきまつものなので、とにかくスキンケアは「保湿」が大事!!

ここではまず、保湿に着目したメイク前の正しいスキンケアのオキテをご紹介します。

【オキテ1】洗顔はぬるま湯で!

寒い日の朝は、冷水を使うのがいやでついつい熱いお湯で洗顔したくなってしまいますよね。でもグッとガマン!ちょっと冷たいなと感じるくらいのぬるま湯を使用してください。

熱いお湯で洗顔してしまうと肌の水分が蒸発していき、必要な皮脂まで流されてしまいます。これが乾燥を招く原因になってしまうので、注意しましょう。

また、洗顔後は清潔なタオルでしっかり水分をふきとって。ちゃんとふかないと、化粧水がしみこまなくなってしまいます。

【オキテ2】化粧水・乳液はしっかりなじませる

朝は誰だって忙しいもの。「とにかくつけとけばいいや!」とテキトーに化粧水や乳液をふりかけてしまってはいませんか?それだとどんどん蒸発していくばかりなので、むしろ乾燥を招いてしまいます!

基礎化粧品はしっかり肌になじませること。これが鉄則です。化粧水・乳液は顔につけたらしっかり手でハンドプレスし、肌の奥まで浸透させましょう。コットンを使用する方もいるかと思いますが、化粧水は手の温度で温めたほうが密着度があがります♪

また、乳液はつけすぎるとメイク崩れの下人になるので注意!夜のスキンケアで使用する量よりも少し少ないくらいがベストです。

【オキテ3】乾燥が気になったら、パックで集中ケア!

冬はどうしても乾燥が気になるもの。乾肌が乾燥すると、油分を補おうとしてどんどん皮脂がでてきます。この皮脂がメイク崩れの原因になってしまうことも。

そんな時は、朝から集中ケア!パックでしっかり保湿しましょう♡

ちなみに…♡肌の感想を防止するには、周りの環境が潤っていることがいちばん大事。乾燥が気になる季節は洗濯ものを部屋干しするなどして、湿度をあげる工夫をしましょう。最近は湿度計付きのデジタル時計があるので、ひとつ部屋に置いておくと湿度管理ができて便利です♡

【オキテ4】スキンケアか下地までは時間をおく

スキンケアの後すぐにメイクを始めるのはNG!これがメイク崩れの原因にもなるんです。基礎化粧品がしっかり肌に浸透し、湿り気がなくなったことを確認してから下地を塗りましょう。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

全女子必見!絶対に崩れないベースメイクのやり方を大公開

メイク崩れをいちばん起こしやすいのが、ベースメイクですよね。ここではあらかじめメイク崩れを防ぐことができる、最強のベースメイクテクをご紹介します!

「もっと早く知りたかった!」と目からウロコになってしまうはず♡さっそくチェックしてみましょう!

下地とファンデーションは特別なスポンジで!

下地とファンデーション(リキッド)を塗る際は、スポンジに化粧水をしみこませてからのばしてみて。こうすることでスポンジと肌の摩擦が減り、ぴたっと密着してくれます。

ファンデは薄くのばす!

ファンデーションの厚塗りは、ベースメイク崩れの大きな原因に!とにかくファンデは薄塗を心がけましょう。気になる肌トラブルなどは、コンシーラーでカバーするようにしてください。

また、広げるときは顔の中心から外側に向かって広げてくださいね。

パウダーはメイク崩れしやすい部分にのみはたく!

メイクの仕上げとして、パウダーを顔全体にはたいている方は多いのでは?実はその必要はなく、鼻やTゾーンなどテカりやすいところにはたくだけでいいんです。また、化粧崩れしやすい目周りは忘れずはたきましょう。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

アイブロウからリップまで!崩れないポイントメイク術

今度は崩れないポイントメイクテクを伝授!先ほどご紹介した崩れないベースメイクテクとあわせて使ってみてくださいね♡

眉マスカラを眉コート代わりにONして色落ち防ぐ

続いて顔の印象を決める眉毛。眉マスカラを眉コート代わりにONしましょう。こうすることで、色落ちを防ぐことができます◎

チークはリキッドファンデと混ぜて乾燥崩れ知らずに♪

チークはリキッドファンデと混ぜれば乾燥崩れを防いでくれます。手の甲で混ぜてから頬に広げてください。

アイラインは上からパウダーをのせる!

アイラインは引いた後に同系色のパウダーをのせてヨレを防止しましょう。

リップはグロスでにじまないペンシルで輪郭を描くと◎

最後はリップ。リップライナーを使いましょう。グロスを塗った後、にじまないペンシルタイプのリップライナーで輪郭を描いてください。こうするだけで、格段にもちが良くなります♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

まとめ

以上、メイク直しテクから始まり崩れを防ぐメイクテクまでご紹介しました。これらを実践して、一日中美しいメイクで過ごしましょう♪女の子はどんな時でもキレイでいたいもの。ぜひ今回ご紹介したクリップも参考にしてみてくださいね♡

C CHANNELのスマホアプリなら、みんなのメイクの悩みや流行のメイク方法などが無料でサクサク見れちゃいます。もしよかったら、ダウンロードしてみてください♡

*【メイク】他の記事もチェックしよう♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

アプリで見る
閉じる