C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 医療ハイフはほうれい線の改善に効果があるの?おすすめクリニックも紹介!

=医療ハイフはほうれい線の改善に効果があるの?おすすめクリニックも紹介!

美容医療 更新:2022/01/07

医療ハイフはほうれい線の改善に効果があるの?おすすめクリニックも紹介!

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

ほうれい線には種類があるの?|人によって異なる原因とは

鼻の横にできるほうれい線は、いわゆる「表情ジワ」のひとつ。欧米では笑ったときに表れるため「スマイルライン」ともいわれています。とはいえ、老け見えの原因になるので「できることなら改善したい」という女性も多いはず。

そんなほうれい線にはさまざまな種類があり、それぞれ適した施術法が異なります。まずはほうれい線の種類や原因についてチェックしてみましょう。

種類によって施術にも違いがある

ほうれい線の原因には、実にさまざまな種類があります。クリニックフォアでは、ほうれい線の原因について以下のように説明しています。

また、たるみが原因でできるほうれい線以外にもほうれい線にはタイプがあり、このタイプによってほうれい線ができる原因が異なります。1つは骨のくぼみによってできるほうれい線です。小鼻のまわりの鼻の土台となる骨のでっぱりが少ないことでほうれい線ができてしまうタイプで、アジア人に多いタイプと言われています。加齢に伴い、骨吸収が促進されて骨が萎縮することでほうれい線が徐々に目立ってきてしまうタイプです。2つ目は筋肉が原因でできるほうれい線です。ほうれい線の周辺の皮膚に付着している筋肉の力が強いためにほうれい線ができてしまうのがこのタイプです。筋肉の動きが繰り返されることによって皮膚にどんどんほうれい線が刻まれていきます。長い筋のようなほうれい線ができることが特徴です。3つ目は混合型といい、複数の原因が伴っていることが特徴です。

たとえば銀座よしえクリニックでは、皮膚のたるみでできたほうれい線の施術として、

頬のたるみが原因です。皮や脂肪のボリュームが下に落ちてきたところから出てきました。埋める治療、引き上げる治療、肌治療が効果的です。

と説明しています。また筋肉や骨が原因のほうれい線には

筋肉に原因があります。皮膚は衰えてきているのに筋肉が強いため、より深いしわとなって表情にクセを付けています。埋める治療、引き上げる治療、肌質を入れ替える治療、などが効果的です。

骨に原因があります。皮膚と共に骨もだんだん痩せていきますが、それがくぼみとなってしわの原因になっています。埋める治療が効果的です。

としています。つまりほうれい線改善のためには、自分に合った施術方法を見つけることが大切というわけですね。

ほうれい線の原因はひとつではない

ほうれい線ができる原因には「肌のハリ不足」を思い浮かべる人も多いですよね。銀座よしえクリニックでは、詳しい原因についてこう語っています。

皮膚の真皮層はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸で構成され、肌のハリを保つには、それらを作り出す線維芽細胞の働きが重要となります。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は、加齢や酸化・糖化ストレスと、外的な要因や光老化(紫外線によるダメージ)によって減少し質が悪くなっていきます。その結果、肌のハリが失われるようになり、ほうれい線や小じわ、たるみなどが現れるようになってきます。

やはり、肌の弾力が衰えることでほうれい線ができやすくなるんですね。ただ、ほうれい線ができるときにはさらに別の原因が重なっている場合もあるようです。銀座よしえクリニックでは、

ほうれい線はさまざまな原因が絡み合って生じるため、肌そのものからの改善が有効です。

と説明しています。ほうれい線の原因は個人差である部分も大きいようなので、詳しい原因を知りたい人はクリニックで診てもらうのが良いかもしれません。

ハイフでほうれい線を改善することはできるの?

クリニックで受けられる施術のうち、ほうれい線を改善するための方法にはさまざまなものがあります。その中でも、皮膚のたるみ改善が期待できるといわれているのが「ハイフ」です。クリニックフォアではハイフの特徴について、

HIFU(ハイフ)とはリフトアップの施術のひとつです。特徴として高密度の超音波エネルギーを使うということが挙げられます。たるみのもとになる肌、皮下組織のゆるみに対して、肌の土台となる筋膜であるSMAS層からアプローチできるのがHIFUという治療方法で、20代後半から30代の女性に人気の施術です。

と説明しています。肌の土台となる部分に超音波を当てて引き締めることで、リフトアップが期待できるというわけですね◎

ハイフによるほうれい線治療の仕組み

ほうれい線の改善や肌の引き締め効果が期待できるハイフ。東京美容医療クリニックでは、ハイフの施術効果について次のように説明しています。

頬の横の脂肪が下垂してくると、ほうれい線が深くなります。

ここの部位にハイフを当てると、脂肪が熱によって収縮してほうれい線が浅くなります。

ほうれい線の横の脂肪は解剖学的にnasolabial fat呼ばれます。

この脂肪は表面に近く、年齢と共に、大きくなり、しかも下垂することが知られています。

そうすると、その脂肪のところで段差が生まれ、ほうれい線が深くなります。

この脂肪に集中的にハイフを照射すると、直後からほうれい線の改善が見られます。

その後、2ヶ月ほどかけて、どんどんほうれい線が浅くなるのを実感できるはずです。

「頬の横」に熱を加えるんですね!脂肪が垂れてできた段差が浅くなれば、ほうれい線も目立たなくなっていきそうです。またクリニックフォアの説明によると、ハイフは効果の表れ方にも特徴があるようです。

個人差はあるものの、HIFUの施術後はすぐに効果が実感できる方がほとんどです。また、コラーゲンが増え始める1~3ヶ月後にさらに効果が実感できるでしょう。

この効果は一般に半年~1年持続します。

個人差もありますが、施術直後だけではなく、日を追うごとに効果が実感できそうなのは良いですね!毎日鏡を見るのが楽しみになりそうです◎

ハイフによるほうれい線治療の受けられるおすすめクリニック

皮膚のたるみ、脂肪によるほうれい線に効果が期待できるハイフ。もしハイフを受けるとしたら、どのクリニックで受ければ良いのでしょうか?ここでは、ハイフによるほうれい線治療が受けられる7つのクリニックを紹介します。

施術内容や料金、クリニックの特徴を比較検討して、自分にピッタリな院を見つけてみてくださいね♪

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科では、「ソノクイーン」というハイフのマシンを導入しています。また、ショット数に応じて複数のプランが用意されているのも特徴です。ほうれい線ケアとしてはもちろん、ほかの部位を含めてカバーしたい人でも利用しやすいですよ。

TCB東京中央美容外科では電話のほか、WebやLINEからも相談・予約が可能です。電話が混みあっているときでも、ほかの手段で相談や予約ができるのは助かりますね◎ソノクイーンでのハイフが気になる人は、一度カウンセリングで相談してみましょう。

【ソノクイーン】料金例

部位・ショット数 料金
全顔(額・目周り除く)
80〜240ショット
24,800〜91,500円
※全て税込
※全て1回の施術の料金
※その他オプション料金有

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/福島/東京/埼玉/神奈川/千葉/茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/福岡/熊本/鹿児島

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックでは「ウルトラセルQ+」「ウルセラシステム」の2種類のハイフマシンを導入しています。カウンセリングで医師が適した機器を提案してくれるので、「自分にどのマシンが合うのかわからない」という人にもピッタリです。

また、聖心美容クリニックでは医師から丁寧なカウンセリングが受けられるのも魅力。クリニックを訪ねる前でも、電話やメールで相談が可能です。自宅からオンラインカウンセリングをしてもらうこともできるので、活用してみてくださいね。

【ウルトラセルQ+】料金表

部位 料金
全顔 165,000円
中下顔面 132,000円
頬+顎 60,500円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【ウルセラシステム】料金表

部位 料金
全顔 264,000円
中顔面 198,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/東京/神奈川/埼玉/静岡/愛知/大阪/広島/福岡
※熱海院はウルトラセルQ+のみ

東京美容外科

東京美容外科では銀座院で「ソノクイーン」、そのほかの系列院では「ウルトラセルQ+」によるほうれい線ハイフが受けられます。ソノクイーンの「スマイルフェイスHIFUトータル」では、ほうれい線と口周りをまとめてケアできますよ。

ウルトラセルQ+のプランでは、全顔または全顔+顎下のどちらかが選択可能です。どちらも痛みを感じにくいとされる施術法なので、「ハイフを受けたいけど、痛みも抑えたい」という人は要チェックですよ。

【ソノクイーン】料金表

施術名 部位 料金
スマイルフェイスHIFUトータル ほうれい線・口周り全周 99,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【ウルトラセルQ+】料金表

部位 料金
全顔 110,000円
全顔+顎下 132,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

ソノクイーン
施術可能院
銀座院
ウルトラセルQ+
施術可能院
青森院/秋田院/仙台院/新宿院/赤坂院/横浜院/大宮院/名古屋院/大阪梅田院/広島福山院/福岡院/沖縄院

エミナルクリニック

エミナルクリニックでは「UTIMS A3-R Plus」というハイフのマシンを使用しています。このマシンは、肌の深い部分から浅い部分まで、3つの層にアプローチできるのが特徴。ほうれい線はもちろん、たるみから小じわまでまとめてケアができます。

また、エミナルクリニックではショット数に制限を設けていないのもポイント。すき間が生まれないよう、細かく照射してくれるのはうれしいですよね。カウンセリングは電話かWebから申し込めて、当日に施術を受けることもできますよ。

【UTIMS A3-R Plus】料金表

施術名 部位 料金
スタンダードコース 全顔+顎下 29,500円
プレミアムコース 全顔+顎下+首 36,500円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

ハイフ施術可能院 札幌院/新宿西口院/銀座院/上野院/渋谷駅前院/桜木町院/川崎院/宇都宮院/京都院/梅田イーマ院/アメリカ村院/神戸御幸通院/姫路院/福岡天神院/宮崎院/大分院/鹿児島2号院

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックでは「ウルトラリフトプラスHIFU」「ウルセラ」などのメニューから、自分に合う施術法が選べます。ウルトラリフトプラスHIFUでは、湘南美容クリニック仕様の「ウルトラセルQ+」というマシンを使用しています。

また、湘南美容クリニックの公式サイトには症例写真が豊富に掲載されているのも特徴。実際に施術を受けるとどう変わるのか、参考にしてみると良いですよ。日本・海外を合わせて110院を展開しているので、通いやすさ重視の人にもピッタリです。

【ウルトラリフトプラスHIFU】料金表

部位・ショット数 料金
頬・顎下(目元除く) 410ショット 24,000円
全顔(顎下・目元含む) 650ショット 29,800円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【ウルセラ】料金表

部位 料金
顔(頬、頬骨、顎下) 130,370円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

クリニックのある地域 北海道/宮城/福島/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/石川/新潟/長野/岐阜/静岡/愛知/大阪/奈良/京都/兵庫/香川/愛媛/岡山/広島/福岡/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄
※横浜東口アネックス院では施術不可

ウルセラ
施術可能院
仙台院/新宿本院/横浜院/名古屋院/大阪梅田院/福岡院

品川美容外科

美容医療を幅広く手掛ける品川美容外科では、系列院に計3種類のハイフマシンが導入されているのが特徴。それぞれ頬のみ、顔全体など、肌悩みに合わせたプランが選択可能です。痛みが気になる人は2,990円(税込)で表面麻酔を利用することもできますよ。

品川美容外科では電話、Webからの相談・カウンセリング予約が可能です。カウンセリングを最重視しているので、不安や疑問点、仕上がりの希望などをじっくり相談したい人にもピッタリですよ。

【ソノクイーン】料金表

部位・ショット数 料金

120〜240ショット
16,500〜26,400円
全顔(頬・こめかみ上・顎下)
340ショット
44,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金
※その他オプション料金有

【ダブロ-S+】【ダブロゴールド】料金表

部位・ショット数 料金
頬のみ 108,000円
顔全体 162,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

ダブロS-+施術可能院 渋谷院
ダブロゴールド施術可能院 新宿院/心斎橋院

クリニックのある地域 北海道/宮城/東京/埼玉/神奈川/千葉/愛知/静岡/大阪/岡山/福岡
※ソノクイーンは全てのクリニックで施術可能

品川スキンクリニック美容皮フ科

品川スキンクリニック美容皮フ科では、ソノクイーンに加え、「ダブロ」シリーズのハイフメニューが選べます。取り扱い機器は院によって異なるため、事前に確認しておくといいですね◎それぞれ頬のみ、または全顔からプランを選ぶことができますよ。

品川スキンクリニック美容皮フ科のカウンセリングは予約制となっています。さらに、待合室でも番号による呼び出しが徹底されているので、プライバシーへの配慮も十分。不明点や気になることがあれば事前にメール相談もできるので、活用してみてくださいね。

【ソノクイーン】料金表

部位・ショット数 料金

120〜240ショット
16,500〜26,400円
全顔(頬・こめかみ上・顎下)
340ショット
44,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金
※その他オプション料金有

【ダブロ】料金表

部位・ショット数 料金
頬のみ 74,800円
顔全体 140,800円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【ダブロ-S+】【ダブロゴールド】料金表

部位・ショット数 料金
頬のみ 108,000円
顔全体 162,000円
※全て税込
※全て1回の施術の料金

【クリニック情報】

ダブロ施術可能院 品川本院
ダブロS-+施術可能院 銀座院
ダブロゴールド施術可能院 池袋院/表参道院/梅田院/神戸院

クリニックのある地域 北海道/東京/埼玉/千葉/栃木/新潟/大阪/京都/兵庫/岡山/広島/福岡/熊本/鹿児島/沖縄
※ソノクイーンは全てのクリニックで施術可能

ハイフのリスク|紫外線の影響を受けやすくなることも

ほうれい線の改善やリフトアップ効果が期待できるハイフですが、リスクも存在します。そもそもハイフは、肌の内側に熱を加えるという施術です。そのため表参道メディカルクリニックでは、施術後次のような副作用が表れると説明しています。

ハイフのデメリット・副作用 9つの例
乾燥する
紫外線の影響を受けやすくなる
赤みがでる
腫れが起こる
火傷する
神経を損傷する
痛みがある
瘦せこける
受けられない人がいる

肌の内側に熱を加えるぶん乾燥が起こりやすくなったり、バリア機能の低下で紫外線に弱くなったりするんですね。ただし、ハイフのリスクについて表参道メディカルクリニックでは

しかしそもそもハイフは、従来のメスで皮膚を切る必要があったリフトアップ施術と比べて、肌にかかる負担が格段に少ない美容施術。

きちんと医療機関で技術・知識のある施術者のもとで受ければ、仮に副作用が起こってもすぐに治まることがほとんどです。

とも説明しています。切開よりは負担が少ないということですが、こうした点もしっかりと理解した上で検討するのが良さそうですね◎

ハイフ以外のほうれい線治療|ヒアルロン酸なども

ほうれい線の治療にはハイフ以外にもさまざまな方法があります。たとえばレナトゥスクリニック東京仙台では、

糸のリフトアップは溶ける糸をお顔に挿入し、たるみを引き上げるリフトアップ治療です。
効果も高くとても良いのですが、ほうれい線治療をする場合ですと効果的にはヒアルロン酸の方が高くなります。

というように、ヒアルロン酸治療や糸リフトの効果についても述べています。

ただし、どんな施術法がマッチするかはほうれい線の種類によっても変わるもの。人によってはヒアルロン酸よりハイフでたるみ改善を目指したほうが良い、なんて場合もあるかもしれません。

どんな施術法がいいかわからない人は、医師に相談してみましょう。そうすれば自分のほうれい線にはハイフが合うのか、ほかの方法が良いのかも判断しやすくなるはずですよ。

まとめ

ほうれい線の改善が期待できる施術法・ハイフ。ほうれい線が気になっている人の中には「興味あるかも!」という人もいるのではないでしょうか。ただしハイフを含む美容医療では、効果とリスクのバランスを踏まえて検討することが大切です。

また、ハイフの施術に使うマシンやプラン内容は、クリニックによって異なります。ハイフを含む美容医療が気になる人は、まずいろいろなクリニックで話を聞いてみましょう。複数の院を比較検討して、自分に合ったクリニックを探してみてくださいね♪

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

医療ハイフってどんなもの?効果やダウンタイム・おすすめクリニックも紹介!

医療ハイフってどんなもの?効果やダウンタイム・おすすめクリニックも紹介!

「ハイフ」という施術を聞いたことがありますか?顔のたるみやリフトアップが気になって...

医療ハイフはどんな効果がある?リスクや痛みも解説!おすすめクリニックの紹介付き

医療ハイフはどんな効果がある?リスクや痛みも解説!おすすめクリニックの紹介付き

ハイフに興味がある人の中には、「どんな効果やリスクがあるの?」と気になる人もいるは...

ハイフ・ウルトラリフト|リスクや効果は?おすすめクリニックの紹介付き

ハイフ・ウルトラリフト|リスクや効果は?おすすめクリニックの紹介付き

「ウルトラリフトでのハイフが気になる」「ウルトラリフトのハイフはダウンタイムがある...

ハイフ・ウルトラセルQ+|効果や料金もチェック!おすすめクリニックの紹介付き!

ハイフ・ウルトラセルQ+|効果や料金もチェック!おすすめクリニックの紹介付き!

ハイフの機械のひとつ、ウルトラセルQ+。「その特徴や効果はどうなの?」と疑問に思う...