特集

【特集】 メイクの仕方がイマイチ分からない方へ!キレイに仕上がるメイク術

【特集】 メイクの仕方がイマイチ分からない方へ!キレイに仕上がるメイク術

メイクの仕方は人それぞれ。自分の顔立ちに合うのはどれかな?と試行錯誤しながらメイク練習に励んでいる方も多いのではないでしょうか。ほんの少しの加減で失敗してしまったり、色味を出すのが難しかったり、メイクに関する悩みは尽きませんよね。そこで今回は、誰にでも似合う簡単ナチュラルなメイクをパーツごとにご紹介します。さっそくトライしましょう!

キレイなグラデーションに!上手なアイメイクの仕方

まずは、アイメイクのやり方をご紹介。とにかく濃くすれば盛れる!と勘違いして、アイシャドウを何度も重ね塗りしたり、アイラインをものすごく太く引いたりしてしまっていませんか?

目周りのメイクは加減が難しく、一歩間違えるとパンダ目になってしまいます。この機会に、正しいメイク方法をマスターしましょう♪

1.左上のカラーをアイホールにのせる

今回使用するアイシャドウは、「KATE メタルグラマーアイズ BR1」。同系色が豊富にそろっており、とっても使いやすいんですよ。

まずは、パレットの左上にある薄めのゴールドをアイホール全体にのせてください。チップでやるのではなく、あえて指を使うのがおすすめ。こうすることでシャドウがまぶた全体に均等に行き渡ります。

2.左下のカラーを二重幅にのせる

パレットの左下にある薄めのブラウンを二重幅にあわせてのせます。この時、なるべく薄い色を使うことがポイント!急に濃い色をのせるとナチュラルさが失われ、ケバい印象になってしまいます。

3.右下のカラーを目尻にのせる

続いて、パレットの右下にある少し濃い目のブラウンをのせていきます。まぶた全体に塗るのではなく、目尻のみに少しだけ塗ってください。まつげの生え際にそってラインを描くようにのせると、上手くいきますよ♪

4.右下のカラーを下まぶたの目尻にのせる

今度は、手順3で使用したブラウンを下まぶたにのせます。先ほどと同じように目尻のみ色がつくように塗り、指でなじませてください。

5.真ん中下のカラーを二重幅にのせる

パレットの真ん中下にあるカラーを目尻側の二重幅にのせて、指でなじませます。やりすぎると先ほど塗ったブラウンがぼやけてしまうので、指の腹でやさしくポンポンとなじませてください。

6.真ん中上のカラーを中央にのせる

続いて、真ん中上のキラキラしたカラーをまぶたの中央にのせます。この手順を踏むことで目元に立体感がでて、よりオシャレなメイクに仕上がりますよ♪

7.涙袋を描く

仕上げに、手順6と同じカラーを使って涙袋を描きます。チップやブラシを使って、丁寧に塗りましょう。あまり濃くすると不自然になってしまうので、注意が必要です。

また、もともとぷっくりしている方はそのまま塗ってもいいのですが、涙袋が完全にない!という方は、アイペンシルなどを使って輪郭を描いてからシャドウを塗ることをおすすめします。

これでアイシャドウは完成です!

8.アイラインをひく

今度はアイラインを引きましょう。片手で上まぶたを引き上げながら、もう一方の手で引いていきます。まつげの生え際全体ではなく、粘膜と目尻のみにラインを引くことで自然な感じに仕上がりますよ♪

9.マスカラを塗って完成

最後にマスカラを塗って、完成。アイシャドウを薄い色からのせたことにより、とってもキレイなグラデーションができあがりました。さらに、部分的にアイラインを引いたことでかなり引き締まった目元になりましたね♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ひよん流!ナチュラルな大人グラデーションアイメイク

ナチュラルに仕上がる!眉メイクの仕方

次に、眉メイクのやり方をご紹介。前髪で隠れるし、何もしなくていいか!とお考えの方も多くいらっしゃるのでは?

実は眉って、意外と見られているんですよ。顔の印象を決める大切なパーツでもあるので、抜かりなくメイクしましょう。

1.眉を描く

今回使用するのは、「LUNASOL モデリングアイズ 01」。ラメが入っているので、ナチュラルに可愛く仕上げることができます。

まずは、太めのブラシを使って眉を描いていきましょう。ポイントはブラシは強く握りすぎないこと。肌に優しく触れるくらいの力加減がベストです。

2.眉頭などを描き足す

続いて、細めのブラシで眉頭や細かい部分を描き足します。濃くなりすぎないように注意しながら、必要なパーツのみを描いていってくださいね。

3.毛並みを整える

ブラシで毛並みを整えます。ヨコ方向に、ササッと軽く流しましょう。

4.眉マスカラを塗って完成

最後に眉マスカラを塗っていきます。今回使用するのは「Heavy Rotation カラーリングアイブロウN 03」。ナチュラルなブラウンなので、髪の毛を茶色に染めている方におすすめです。

眉マスカラは、あくまで「色付け」する程度に塗りましょう。ベッタリ塗ってしまうと眉だけ浮いてしまい、不自然な印象になってしまいます。

これで眉メイクはできあがり!地眉のようなナチュラルさがあっていいですね。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ひよん流!ナチュラルなボヤ眉how to

春に使える!ピンク色リップメイクの仕方

最後は、リップメイクのやり方をご紹介。口紅やグロスのあるなしで、顔全体の印象はかなり変わりますよね。

だからと言って塗りすぎはNG!過度に付けると、単に濃い印象になってしまったり、油が付着したような唇になってしまいます。ナチュラルで女の子らしい口元を目指しましょう。

1.リップティントを塗る

まずは、リップティントを塗ります。今回使用するのは、「SUGAO ジュレ感リップティント ジューシーレッド」。唇の輪郭にそって塗ったあと、軽く乾かしてください。

ティントはサラサラした液体なので、唇に染み込むようになじんでくれます。乾燥していて口紅をつけると引っかかる!とお悩みの方にもおすすめ。

2.重ね塗りする

ちょっと物足りないな……と感じる方は、重ね塗りしてお好みの色に近づけましょう。色味を調節できるのも、ティントのいいところです♪

3.グロスを塗って完成

グロスを塗って仕上げます。今回使用するのは「THREE シマリング リップジャム 04」。春色のリップはやっぱり可愛らしいですね。

こちらを唇の中央部分にのみ塗ってください。全体に塗るよりもテカリが抑えられ、自然な口元になります。これでリップメイクも完成!

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ひよん流!春色リップHOW TO

まとめ

いかがでしたか?男女問わず好印象な可愛らしいナチュラルメイク、絶対にマスターしておきたいですね。今回はアイメイクからリップメイクまでご紹介しました。どれも簡単にできるので、ぜひおうちで練習してみてください。メイク上手さんになって、これまで以上にハッピーな毎日を送りましょう♡

C CHANNELアプリの動画では、メイクや恋愛、グルメなどさまざまなコンテンツが展開されています。気になった方はダウンロードしてみてくださいね!

この記事を読んだ方にはこの記事もおすすめです♪

【まとめ】 メイクを練習しよう♡パーツごとにコツをご紹介します

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事