特集

【特集】 メイク初心者の高校生に捧ぐ!美しい顔を作る基礎メイクテクまとめ

【特集】 メイク初心者の高校生に捧ぐ!美しい顔を作る基礎メイクテクまとめ

高校生になって、「そろそろメイクをしようかな」と考えている方は多いのではないでしょうか。でもメイクって、最初からうまくできるわけではありませんよね。正しいテクをマスターしておかないと、可愛くなるどころかどんどんおブスに……。そこで今回は、メイク初心者の高校生の方に向けたメイク講座です!基礎からじっくり説明するので、ぜひ参考にしてくださいね。

高校生のアナタにはナチュラルメイクがオススメ!

「もう高校生だし、そろそろメイクを始めようかな~」と考えているアナタ。でも高校生って校則も厳しいし、そもそもメイクのやり方なんてわからない!というのが本音ではないでしょうか。

高校生にオススメなメイクは、断然ナチュラルメイク!ナチュラルメイクとはその名の通り、濃すぎず薄すぎない、すっぴんをいかしたメイクのことです。まだまだ成長途中でお肌にハリのある10代だからこそ、似合うメイクなのです♪

ナチュラルメイクの特徴は?

でも「濃すぎず薄すぎない、絶妙な加減のナチュラルメイク」ってなかなか難しいもの。そこでここからは、ナチュラルメイクの特徴をパーツごとに見ていきましょう。詳しいやり方はのちほどレクチャーするので、まずは流れと特徴だけつかんでくださいね♡

【特徴1】ファンデーションはとにかく薄づき!

高校生と言えば、思春期ニキビなどの肌荒れが気になるお年頃。できてしまった吹き出物を隠そうとするあまり、ファンデーションを塗りたくってはいませんか?実はファンデの厚塗りは、老けたような印象を与えてしまうんです。

ナチュラルメイクでは、ファンデーションは薄づきを心がけて!あくまで「すっぴん風」を目指すので、素肌をいかしたベースメイクに仕上げましょう。(肌トラブルの隠し方やスキンケア方法はのちほどご紹介します♪)

【特徴2】自眉をいかしたアイブロウを!

メイクの入り口と言えば、眉毛。「とりあえず、全部そるか!」なんて考えは禁物です!ナチュラルメイクでは自眉をいかしたアイブロウが鉄則。そのため、余分な毛のみそったり抜いたりしましょう。

【特徴3】アイシャドウは控えめなカラーをチョイス!

アイシャドウってさまざまなメーカーからいろんなカラーが発売されていて、どれを買おうか迷っちゃいますよね。でも高校生ならば、ラメ感のないクリームシャドウがおススメです。カラーも、薄いブラウンなど肌なじみのいいものを選びましょう。

【特徴4】まつげは必ず上げよう!

意外にもすっぴんと差がつくのが、まつげ。アイメイクの仕上げに、必ずビューラーを使ってまつげを上げましょう。この一手間で、目がぱっちりして見えるようになります。

【特徴5】リップとチークは同じカラーを選ぼう!

顔全体に統一感を持たせるために、最もカラーが映えるチークとリップは同系色にするよう心がけてください。「チークは元気いっぱいなオレンジだけど、リップはガーリーなピンク!」なんて組み合わせはやりがちですが、避けましょう。不自然な印象になってしまいます。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

とにかくモテる!すっぴんにしか見えないメイク

さっそくナチュラルメイクにトライ!……の前に

メイクをする前には、必ず基礎化粧品(化粧水や乳液など)で肌を整えることが大切。この手間を省いてしまうと、日中肌が乾燥してしまいメイク崩れの原因となってしまいます。

前にも述べましたが、高校生はとってもお肌にハリやツヤがあるお年頃。よって、スキンケアもシンプルなものがちょうどいいんです。ここでは、メイク前に必ずやっておきたいスキンケアのやり方をご紹介します。

化粧水で肌を整えよう

洗顔が終わったら、化粧水と乳液で肌を整えます。パックやら美容液やら、あれこれ使いたくなるのはわかりますが、そこはぐっとガマン。特に朝は、シンプルなスキンケアを心がけましょう。

1,化粧水をとる

使用目安の2分の1から3分の1ほどの化粧水を手のひらにとります。使用目安量を一気にとるよりも何回かに分けてとった方が、肌への浸透力がアップするんです。

2,伸ばして浸透させる

化粧水を手のひらに伸ばして少し温めてから、顔全体に広げます。このとき、乾燥しやすい部位から伸ばしていくようにしましょう。ゆっくりハンドプレスしながら、化粧水を浸透させていってください。

この時、くれぐれもぺちぺちと強くたたいたりすることは避けましょう!肌への要らぬ刺激になってしまいます。

3,気になる部分に重ねづけする

特に乾燥が気になる部分などには重ねづけすることをオススメします。指で丁寧に押さえながら、化粧水を浸透させましょう。

4,もう一度ハンドプレスし、乳液を塗ったら完了

最後に顔全体をハンドプレスしたら、スキンケア手順はほぼ完了!仕上げに乳液を顔全体に伸ばしましょう。乳液はこっくりとしたテクスチャーのものが多いのですが、ベタつきが気になる場合はサラリとしたものを選ぶことをオススメします。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【乾燥肌にオススメ!】乾燥しない化粧水の付け方!秋冬でも乾燥しらずのお肌に!

【高校生のためのナチュラルメイク】ベースメイク編

それではいよいよ、パーツごとにメイク手順を確認していきましょう。あわせて高校生のみなさんにオススメなプチプラコスメもご紹介するので、見逃さないようにしてくださいね♡

まずはベースメイクから!ベースメイクとは、下地とファンデーションを塗る工程のことを指します。さっそくチェックしていきましょう。

1,テカりやすい場所に下地を塗る

化粧水+乳液のスキンケアがすんで5分ほど時間を置いたら、まずはテカりやすい場所(小鼻やTゾーン)に下地を塗ります。指先に少量をとり、しっかり伸ばしましょう。

ちなみに化粧下地を塗ることで、化粧崩れ防止や日焼け止め効果が得られます。必ず塗るようにしましょう。

2,顔全体に下地を塗る

今度は顔全体に下地を広げます。まずは、おでこや頬、あごなどに下地をちょんちょんとのせましょう。そして、パフ(スポンジ)に化粧水を少量なじませたら、やさしく下地を伸ばしていって。

化粧水をなじませたパフを使うことで摩擦が減り、下地の肌なじみが見違えるほどよくなります。

3,リキッドファンデーションをのせる

ほとんどがメイク初心者さんである高校生の方には、リキッドファンデーションがオススメ。手の甲に500円玉ほど量をとり、おでこや頬、あごなどに指でのせていきましょう。

先ほどと同じく化粧水をしみこませたパフで、顔の中心から外側に向かって薄く伸ばしていきます。くすみやすい口角や目周りは集中的に。

4,クリームチークを仕込む

ここでなんと、クリームチークが登場!「え、ベースメイクなのに?」と思った方、心配ご無用です。実はベースメイクの後、パウダーをはたく前にクリームチークを頬に仕込むと、とってもナチュラルな血色感のあるお顔に仕上げることができるんです。今回は、有名なキャンメイクのクリームチークを使用しました。

また、あとからのせるチークも、ベースメイクの段階でクリームチークを仕込んでおくことでとっても肌なじみがよくなります。「高校生だから先生にばれるような、あからさまなチークはちょっと……」という方は、ここでクリームチークを仕込むだけで十分ですよ♪

5,パウダーをのせて完成

仕上げにパウダーをのせます。テカりやすい小鼻とTゾーン、そして化粧崩れしやすい目周りに、やさしくはたきましょう。

これでベースメイクは完成です!このやり方なら、日中の化粧崩れもほぼありません。「化粧崩れが気になって授業に集中できない……」「放課後は彼とのデートなのに、化粧がドロドロ!」なんて事態も防げますよ♡

また、ここで使っているコスメはクリップの動画説明欄から確認できます。気になった方はぜひチェックしてみてくださいね♡

*クリップ(動画)もチェックしよう

リクエスト企画!つい触れたくなる♡1日デートでも崩れないベースメイク

【プチプラコスメ紹介!】ベースメイクに使えるのはこれ!

プチプラの王様「キャンメイク」シリーズから出ているプレズドナチュラルプライマーはとってもオススメ♡カバー力もツヤも兼ね備えた、万能下地になっています。洗顔料でメイクオフできるのも嬉しいですよね♪

こちらは韓国のコスメブランド「エチュードハウス」から発売されている化粧下地です。自分の肌の色にあわせてカラーをチョイスできるのが、とってもポイント高い!毛穴も隠してくれる、優秀なプチプラメイクアイテムです。

プチプラコスメブランド「KATE」から出ているファンデーションはとっても優秀!気になるところに重ねづけしても、全然厚塗り感が出ないんです。これは買う価値あり!

オシャレなパッケージが話題のインテグレートシリーズからは、驚くほど肌なじみのいいリキッドファンデーションが発売されています。薄づきながらもしっかりカバーしてくれる、超優秀プチプラファンデ。思わず「こんなのほしかった!」と叫んでしまうはず♡

【高校生のためのナチュラルメイク】アイブロウ編

次はアイブロウメイク!眉メイクは難しいと思われがちですが、練習を重ねてうまくなっていきましょう。前にもお伝えしましたが、眉は「描く」のではなく足りない毛を「描き足す」イメージでメイクします。

メイクをするにあたって、眉ペンシルと眉マスカラを用意してくださいね。

1,眉山を作る

まずは眉山を作ります。眉山がないと、不自然な表情になってしまうため、必ず作るようにしましょう。

目尻の真上に、ペンシルで作ってください。

2,眉尻を作る

眉尻は、画像のように目尻から45度の位置に作ります。ペンシルをタテに持つと描きやすくなりますよ♪

3,足りない毛を描き足す

ペンシルで、足りない毛を薄く描き足していきます。

4,眉マスカラを塗って完成

仕上げに眉マスカラを塗りましょう。眉の毛流れとは逆の方向に向かって塗っていってください。

これでアイブロウは完成!最初はうまくできなくても、練習を積めば必ずうまくなります♪あきらめないで!

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

眉毛の書き方講座

【プチプラコスメ紹介!】アイブロウメイクに使えるのはこれ!

「眉メイク以前に、自分に似合う眉の形がわからない!」という方には、こちらの眉プレートがオススメ。さまざまな形の眉型があり、プレートをあてて描くだけで美しい眉ができあがります。100均にも売っているので、ぜひチェックしてみて♡

眉ペンシルとアイブロウが一体化したこちらのコスメもオススメ!とってもコスパがいい上、カラーバリエーションも豊富なんです。

【高校生のためのナチュラルメイク】アイメイク編

次はいよいよアイメイク!メイクの力の入れどころといった感じですが、実はアイメイクにこそ注意が必要。一歩間違えると派手になってしまい、学校でメイクばれしてしまう恐れがあるのです。

アイメイクこそ、「ナチュラル」を心がけましょう!

カラコンはナチュラルさ命!

「裸眼だと目が小さい……」とお悩みの方は多いのでは?学校にしていくメイクは濃さ厳禁なので、アイラインや濃いめのシャドウもNGだし、一体目を大きく見せるにはどうしたらいいんでしょう。

そんな時は、カラコン(カラーコンタクト)の出番!自分の裸眼に色に合ったもので、かつ裸眼より少しだけ直径の大きいものを選びましょう。なるべく市販の安いものよりも、眼科で売っているものを選びましょう。安心安全ですよ♪

アイシャドウは2色!

さまざまなカラーがあるアイシャドウ。今日はピンクにしようかな?ぬるーにしようかな?なんて悩みたいところですが、学校メイクに派手なカラーは厳禁!ホワイト系を1色、薄目のブラウンを1色選びましょう。

まずホワイト系のカラー(ラメはごく控えめなもの!)をアイホール(上まぶた全体)にのせ、下まぶたの涙袋のあたりにものせます。続いて、薄目のブラウンをまつげの生え際と目尻に塗りましょう。

アイシャドウをのせる時は、アイシャドウ用メイクブラシもしくは付属のチップを使ってください。ちなみに、ブラシだとラメがキレイにのってくれます♪

クリップでは省略されていますが、アイシャドウを塗ったあとにビューラーでまつげを上げましょう。よりナチュラルに目がぱっちりして見えます♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【natural eye make colorcontact 】

*ビューラーのやり方はこちらを参考にしてね!

【休日向け!】アイラインの引き方もマスターしよう

休日や放課後など学校以外の場所では、もう少しメイクに手を加えてみてもいいはず♡そこで、アイメイクにアイラインをプラスしてみましょう。

こちらのクリップでは、美しいアイラインを引くワザをご紹介しています。よりデカ目に見せるアイシャドウののせ方もあわせてご紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【プチプラコスメ紹介!】アイシャドウに使えるのはこれ!

プチプラアイシャドウと言えば、リンメル!こちらは5色入りのブラウン系シャドウパレットになっています。そしてなんと、ほんのり甘いショコラの香りつき♪学校にもお出かけにも使える優秀シャドウです。

キャンメイクのアイシャドウもとってもオススメ!こちらは有名な、「パーフェクトマルチアイズ」。派手なラメ感はなく、学校使いに向いています。カラーバリエーションもあるので、上手に使い分けてみて♪

【高校生のためのナチュラルメイク】チーク&リップ編

いよいよメイクも仕上げの段階。引き続き「ナチュラル」を意識したメイクを心がけていきましょう。

ここではチークとリップのメイクテクをご紹介します。最初に学校でもばれにくいチークののせ方をレクチャーしますが、「校則があるし、チークをするとばれちゃいそう……」とどうしても心配な方は、リップのテクまで読み飛ばしてもらってかまいません!

さっそくチェックしていきましょう。

【チーク】ベースは薄くてラメの入っていないものをチョイス

できるだけばれにくくするために、ベースには白っぽい色味かつラメ入りでないチークを選びましょう。メイクブラシで両頬になじませていって。なるべく顔の中心から外側に向かってのせるよう心がけましょう。

べーすより少し濃い色味のカラーをちょっとだけのせる

ベースの上に、さらにチークをのせます。オススメなのは、定番のピンク。今回はキャンメイクのものを使用しました。頬全体に広げるのではなく、部分的に少量をのせましょう。そのまま先ほどのベースのチークとまぜあわせるようになじませてください。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

頬の赤みが強い方におすすめするチーク法!

【プチプラコスメ紹介!】チークメイクに使えるのはこれ!

キャンメイクの、言わずと知れた「パウダーチークス」シリーズ。これまでにたくさんのカラーが発売されています。単色な上とってもお手頃価格なので、学校用・お出かけ用など用途に合わせていくつか購入しておくのもテですね♪

【リップ】色つきリップが断然オススメ!

学校用リップメイクの味方とも言えるアイテムが、最近発売されているのをご存知ですか?それがこちらの「ニベア リッチケアカラーリップ」!ほのかな発色に加え、ちゃんと保湿もしれくれるのがありがたいんです。

塗り方はリップクリームと同じ。唇のしわはタテ方向に入っているので、タテにジグザグと動かしながら塗ると、なじみがよくなって乾燥も防げます。

「口紅だとばれて校則に引っかかりそう……」と心配な方は、このような色つきリップを使うのがオススメ。カラーバリエーションもあるので、自分の唇にあったものをチョイスしてくださいね!

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ニベアリッチケアカラーリップを使ってみたよ!(学校メイク用)

【プチプラコスメ紹介!】リップメイクに使えるのはこれ!

学校用リップメイクは、色つきリップで十分。でも放課後や休日のお出かけには、もう少し手の込んだリップメイクをしたいですよね♡

そんな時は、メイク初心者さんでも使いやすいティントリップがオススメ!こちらは「エチュードハウス」から発売されているサラサラのティントです。発色が驚くほどよく、おまけに食べても飲んでも全然落ちない!絶対に1本はポーチに入れておきたいアイテムです♪

しつこい肌荒れ……コンシーラーでなかったことに!

高校生はちょうど思春期にあたる時期。肌荒れやニキビのせいで、せっかくのメイクもうまくのらない……なんて悩んではいませんか?そんな時に取り入れてみてほしいのが、コンシーラーです。

肌トラブルが気になる部分に少量のせるだけで、あら不思議!そばかすもニキビ跡も肌荒れも、ぜーんぶなかったことに♡ここではお手軽にゲットできる優秀コンシーラーと、その使用方法をご紹介します。

キャンメイク カラーミキシングコンシーラー

今回ご紹介するのは、プチプラの王様「CANMAKE」から発売されているパレットタイプのコンシーラー。こちらは肌のお悩みに合ったカラーを試せるよう、ベージュ系の色味が3色入っています。

単色で使っても、混ぜて使っても、気になる肌のお悩みをしっかりカバーしてくれますよ♪価格は¥750ととってもリーズナブル。高校生でもお小遣いでちゃんと買えます。

クマを隠したい時は……

夜更かししちゃって目の下に大きなクマができてしまうことってありませんか?そんな時は、コンシーラーのいちばん明るい色で上手に隠してしまいましょう。

指に少量とり、気になるクマ部分をちょんちょんとたたいてなじませてみて。とっても明るい表情にしてくれます♪

アザを隠したい時は……

「ケガでアザが残ってしまった」なんてお悩みを抱えている方も少なくはないはず。大丈夫、ちゃんとコンシーラーで隠せますよ♪

パレットに入っている2番目に明るい色を、気になる部分にちょんちょんとのせましょう。アザの色が濃くなければ、パレットの濃いめの色と混ぜて使ってもOKです。

そばかすを隠したい時は……

鼻や頬にあるそばかすをコンプレックスに思っている女の子も多いのでは?そんなお悩みもコンシーラーで解決してしまいましょう。

そばかすは、実はシミと同じ。コンシーラーに入っているいちばん濃い色で隠していきます。完全に隠そうとすると全体的にのばさなければならなくなるため、特に気になる部分にのみなじませましょう。かくすというよりは、薄くする感じです。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【プロに聞いた!】プチプラなのに優秀すぎるコンシーラー!

肌荒れを治したい方必見!

高校生はちょうど思春期にあたる時期。肌の調子もめまぐるしく変化します。「どうしてこんなに肌荒れしちゃうの?」と悩んでいる方は、ぜひこちらのクリップであてはまるものがないかチェックしてみて。意外なところに改善点が見られるかもしれません。

起こしてしまった肌荒れには、オロナインが効くらしい♡一刻も早く治したい方は、こちらのクリップも要チェック!

初心者さんでも超簡単!トレンドメイクで休日をハッピーに過ごそう!

メイクの基本をおさえたら、学校用メイクだけでなく休日メイクにもトライしたいですよね。お出かけの予定がある休日は、手の込んだメイクで可愛く過ごしちゃいましょう♡

ここでは、今季のトレンドメイクのやり方をご紹介します。使用コスメは全てプチプラな上、メイク初心者さんでもとっても簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてください!

1,アイシャドウを塗る

ベースメイクが完了したら、アイしゃづを塗りましょう。今回使用するのは、キャンメイクの「パーフェクトスタイリストアイズ」のアンティークルビーというカラーです。やっぱり秋冬と言えばボルドーですよね♡

最初に右上の薄いボルドーをまぶた全体にのせ、次に右下のいちばん濃いカラーを二重幅にのせます。

2,アイラインを引く

アイラインは目尻まで引き、しっかり目立たせましょう。

3,チークをのせる

チークはキャンメイクの「パウダーチークス」シリーズのプラムピンクを使用します。パープルっぽい色味がこの季節にぴったりですよね♪大きめのブラシでふんわりとのせましょう。

4,リップを塗って完成

リップはレブロンの「ウルトラHDリップラッカー」を使用します。唇が上品に輝きますよ♪手の甲に適量をのせ、指で唇にぽんぽんとなじませましょう。

これでトレンドメイクのできあがり!ちょっとオトナっぽい印象に仕上がるので、休日のお出かけはもちろん彼とのデートにもぴったり♡いつもと違うアナタで、彼もきっとドキッとしてくれるはずです。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

キーワードは「引き算」♡秋冬トレンドカラーメイク

まとめ

今回は、メイク初心者さんの高校生に向けたメイクテクやオススメのプチプラコスメをご紹介しました。メイクは毎日練習を重ねることで、必ず上達していきます。正しいメイクテクを身につけて、今までよりももっと可愛いアナタになっちゃいましょう!ぜひ参考にしてみてね♡

C CHANNELには、女の子の毎日に役立つ情報がいっぱい。気になった方はさっそくアプリをダウンロードしてみましょう。

この記事を読んだ方にはこの記事もおすすめです♪

【まとめ】 プチプラでメイクするなら?みんなのおすすめコスメはやっぱり〇〇!

【まとめ】 ALL1500円以下!安いのに優秀なコスパ抜群マスカラ5選

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事