C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  元美容部員和田さん。が教える!美人眉の書き方を基本から♡

メイク

元美容部員和田さん。が教える!美人眉の書き方を基本から♡

まとめ編集部 yukka

元美容部員の和田さん。が伝授するアイブロウメイク♡

メイク動画が大人気!元美容部員のYouTuber、和田さん。がおすすめする基本のアイブロウの書き方をご紹介します♪

【和田さん。メイク】美人眉はアイテム選びから♡

美眉を作るには、自分に合ったアイブロウメイクのアイテムを選ぶことが大切なんです。和田さんが、他では聞けないアイブロウ選びのコツを伝授してくれますよ♡

パウダータイプは眉の土台がある方におすすめ!

ふわっと色づくパウダータイプのアイブロウは、眉毛の土台はあるけど薄い、すき間が空いている方におすすめ◎自眉をベースにパウダーですき間を埋めると、ナチュラルな仕上がりになりますよ。

ペンシルタイプは眉の薄い方におすすめ!

固形の芯で自由自在に足りないところを書き足せるペンシルタイプは、眉毛の量が少ない方、眉を整えるために毛を抜きすぎたといった方におすすめ。眉毛自体の毛量を増やして見せることができますよ◎

リキッドタイプは眉メイクが落ちやすい方におすすめ!

気になるところに書き足せば、落ちない&自然な仕上がりの眉を作ることができるのがリキッドタイプ。パウダーやペンシルでは時間が経つと書いた部分が落ちてしまう、眉の生えているところがバラバラなのが悩みといった方におすすめです。
眉毛1本1本を丁寧に書き足せる上に落ちにくいので、汗でメイクがヨレやすい真夏にもピッタリ◎

【和田さん。メイク】基本眉の書き方をマスターしよう

眉は、「顔の印象の8割を決める」とも言われるほど大事なパーツ。美眉の書き方をマスターすれば、あなたもメイク上級になれちゃいますよ♪さっそく基本の書き方をチェックしていきましょう。

使用するアイテムはコチラ!

「サナ エクセル/パウダー&アイブロウペンシル PD001」¥1450(税抜き)

和田さん。チャンネルの、「6月のお気に入りコスメ」でも絶賛していたアイブロウペンシル。今回は、こちらのアイテムを使った基本の眉の書き方をご紹介します。

*関連動画もチェックしよう♪

1.眉頭の位置に印をつける

アイブロウペンシルを、小鼻のワキにまっすぐ立てた時の延長線上が眉頭になります。

眉頭の位置を確認したら、ペンシルを垂直に立てて印をつけておきましょう◎

2.眉山の位置に印をつける

眉頭を軸にして、小鼻のワキから黒目の目尻側のフチにかけて、ペンシルをずらした延長線上が眉山です。眉山の位置を確認したら、同様に印をつけておきましょう。

3.眉尻の位置に印をつける

小鼻にペンシルを当て、目尻を通った延長線上が眉尻です。眉尻の位置を確認して、手順1、2と同じように印をつけておきましょう◎

4.手順1~3の印をつなげる

手順1~3でつけておいた印をつなげるようにアイブロウを書いていきます。平行に書くことを意識して、眉尻から書き足すのがポイント◎

5.眉頭を縦向きに書く

眉毛は毛の流れに沿って書くとふわっと自然な印象になるんです◎縦に毛が生えている眉頭を書く時は、ペンシルも下から上に動かして書きましょう。眉頭は薄く、すき間を埋める程度に書くとナチュラルな仕上がりになりますよ。

6.ブラシで眉毛の流れに沿ってぼかす

仕上げにブラシでぼかします。ペンシルで書き足す時と同じようにぼかしましょう。眉毛の生えている流れに沿って眉頭は縦に、眉山は横向きに。眉尻は斜め下にブラシを動かすのがコツ◎

基本の美眉が完成!

右が眉メイクをする前、左がメイク後です。くっきりとした眉が、顔のパーツを立体的に見せてくれますよね。和田さんのように、強い意志を持ちながらも上品でエレガントな雰囲気になりたい方におすすめの、美眉メイクが完成♡

【和田さん。メイク】眉メイクのポイント4つ

美人度アップ間違いなし♪和田さんが教える、ワンランク上の眉メイクのテクニックをご紹介します。

ポイント1.眉尻から書いてグラデーションを意識

もともと眉毛は目頭から目尻にかけて色素がグラデーションになっているので、目尻を1番濃くすることでよりナチュラルな印象になるんです♪あらかじめ眉尻につけた印を参考に、眉頭に向かってペンシルで書き足しましょう。

ポイント2.眉尻は眉頭よりも上に書いて骨格美人♡

眉をペンシルで書き足す時に気を付けたいのが、眉尻の位置。眉頭と同じ位置にすることで、日本人の骨格をより美しく見せてくれるんですよ♡

ポイント3.眉のアンダーラインは平行が美人度アップ

眉を書き足す時は、眉毛を下に書き足した線を指すアンダーラインがとっても大事。実は、アジア系の美人顔はアンダーラインが平行なんです。骨格を意識して眉の書き方を変えれば、顔全体が引き締まって見える効果も◎
眉尻から眉頭までが一直線になるようにペンシルで書き足しましょう。

ポイント4.ペンシルの持ち方を変えて書きやすく♪

眉の書き足す位置によってペンシルの持ち方を変えると、とっても書きやすくなるんです!ペンシルを短く持つと力が入ってしまい、書き足した線も濃く違和感のある仕上がりに。ペンシルの端を持って書くと、余計な力が入らずおすすめ◎

*和田さん。のYouTubeもチェックしよう♪

【和田さん。】他の記事もチェックしよう♪

まとめ

今回は、基本のアイブロウの書き方をご紹介しました。実は、美人眉を作る作業はアイテム選びから始まっているんです。メイクでイメチェンしたい、いつもと雰囲気を変えてみたいといった方は、アイブロウを変えるだけでガラッと印象が違って見えますよ。
アイブロウをマスターすれば、いつものメイクがもっと楽しくなること間違いなしです。ぜひお試しあれ♪

C CHANNELでは、この他にも女の子のかわいいのヒントをたくさんご紹介しています。アプリを使えば、もっとサクサク検索できますよ。無料なので、ぜひダウンロードしてみてくださいね♡

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事