C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  2018年は白ネイル✕柄がキテる!透明感×柄で周りと差をつけて

ネイル

2018年は白ネイル✕柄がキテる!透明感×柄で周りと差をつけて

まとめ編集部 yuki

べっ甲✕白ネイルのやり方

今や人気デザインのべっ甲ネイル。ホワイトカラーを使うことで重くなりすぎず、優しい印象に仕上がるんです。上品見えするホワイトべっ甲ネイルで周りと差のつく指先をGETしちゃいましょう!ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.ベースコートを塗る

まずはじめベースジェルを塗ります。カラージェルの色素が爪に移ることを防ぐため、表面を滑らかに整えるためにも忘れずに塗ってくださいね。硬化させたら余分なジェルを拭き取ります。

2.ベースカラーの白を塗る

白のジェルをベースカラーとして爪全体に塗ります。ムラのないように注意しながら二度塗りしてください。ジェルは真ん中→サイドの順番で塗るとキレイに仕上がりますよ。

3.茶色、白をランダムに塗る

茶色と白のカラージェルをランダムに重ねてべっ甲柄を作っていきます。2色を数回重ねてぼかすようにして柄を作ってください。今回はジェルを使っているので硬化させなければ調整ができるので何度でもトライしてOKです◎

4.白のホログラムをのせる

白のクラッシュホログラムをのせます。爪全体に散らばるようにのせてくださいね。

5.トップコートを塗る

最後にトップジェルを塗ります。爪全体はもちろん、爪のエッジの部分にも意識して塗ることでネイルが長持ちしますよ。硬化させ、余分な未硬化ジェルを拭き取ったらできあがりです。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

パイソン柄✕白ネイルのやり方

トレンドのパイソン柄ネイルって、とってもかっこよくて憧れちゃいますよね。実はネットを使うだけでお手軽に作ることができるんです。すこし透明感のある白にすると夏っぽく、マットなカラーを塗ると秋冬っぽいイメージになるのでシーズン問わずチャレンジしてみてくださいね。

1.ベースカラーの白を塗る

あらかじめベースコートを塗り、爪の表面を整えておきます。次に白のポリッシュをベースカラーとして塗ります。1つめのクリップでも説明した通り、真ん中→サイドの順でポリッシュを塗っていきましょう。

2.ネットの編み目を爪先に合わせて置く

手のひらサイズにしたネットを爪先に合わせて置きます。ネットはにんにくが入っているネットやオクラが入っているネットなどの、編み目の細かいものがオススメです。気分によって網目の大きさを変えてみても楽しいですね♪

3.マニキュアをアルミホイルに数滴垂らす

アルミホイルの上にポリッシュを数滴垂らします。この時、薄い色を使うのではなく濃い色のポリッシュを使うことがポイントです。濃い色を使うとベースカラーとのコントラストがはっきりして更にかっこよくなります。

4.スポンジでポンポンと色を転写する

垂らしたポリッシュをスポンジでポンポンとし、色を転写します。スポンジにポリッシュを染み込ませすぎないように注意してくださいね。

5.ネットの上からスポンジでポンポンとする

ネットの上からスポンジでポンポンとして爪に色を転写させます。爪全体にではなく一部に色を転写させることでこなれたオシャレな印象に仕上がりますよ。爪の周りにはみ出てしまったポリッシュは綿棒などで拭き取りましょう。

6.トップコートを塗る

最後にトップコートを塗ります。完全にトップコートが乾いたらできあがりです。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

まとめ

白をメインカラーにしたネイルをご紹介しました。白を使うことで周りと差のつくトレンドネイルを手に入れることが出来るんですね。マンネリになりがちなデザインに白を取り入れて誰よりもかわいくなっちゃいましょう♡ぜひ、参考にしてみてくださいね。

C CHANNELアプリをダウンロードすればネイル・ヘアアレンジ・料理・DIYなどの動画が無料でサクサク見られます。アプリ限定コンテンツもあるのでよかったらダウンロードをお願いします♪

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事