C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

メイク

アイラインは目尻で変わる!デカ目になる引き方教えます

まとめ編集部 niki

アイラインの基本をおさらい♪

「アイラインが太くなりすぎてしまう」「左右対象に引けない」とアイラインに対して苦手意識を持っている方もいるはず。
まずはアイラインの基本的な引き方をおさらいして、デカ目を手に入れるための1歩を踏み出しましょう!

1.黒目の端から書き始める

黒目の端から引き始めましょう。パーツが顔の真ん中に集まった「求心顔」にしたい場合は目頭から引き始めるといいですよ◎

まつ毛の生え際にそって目尻までラインを引きます。一気にラインを引くのが難しい方は、ラインを少しずつ伸ばしていくようにイメージするときれいに引けますよ。

2.目尻から跳ね上げ部分を書く

目尻は少し跳ね上げるイメージで引きます。失敗したら綿棒で修正しましょう。

目尻を長めに引くと目の横幅が広くなり、デカ目に見えますよ♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

アイラインは目尻で印象チェンジ♪

「キャットライン」で小悪魔風♡

目尻部分を跳ね上げる「キャットライン」はちょっと小悪魔風♡
やりすぎると一昔前のメイクになってしまうので注意です。跳ね上げるのが難しい方はマスキングテープを使うときれいに仕上がりますよ。

キリッと「切れ長ライン」

「切れ長ライン」はセクシーで大人な雰囲気が漂いますよね。目尻を少し長めに引くことで目いつもより目が大きく見えますよ。

守りたくなる「タレ目ライン」

「タレ目」の女の子は優しそうな笑顔がとってもかわいらしいですよね。「タレ目ライン」はちょっと甘めでガーリーなコーデにもぴったりです♡

二重さんにおすすめ!「目尻だけ」ライン

もともと目が大きい「二重」の方はアイラインをばっちり引いてしまうとかなり濃いめのメイクになってしまいますよね。

そんな二重さんには”目尻”だけラインがおすすめです◎
アイラインを引くのを目尻だけにすると二重幅をつぶさずに大きくみせられますよ。

1.ピンクのアイシャドウをアイホールにのせる

まずピンクのアイシャドウをアイホール全体に薄くのせます。目頭から目尻より少しオーバーに弧をえがくイメージでのせていきましょう。

2.ブラウンのアイシャドウを目のキワにのせる

しめ色のブラウンのアイシャドウを細かいチップでのせていきます。今回は目尻だけしか引かないので、ブラウンのアイシャドウでラインを引くイメージでキワにのせましょう。

下まぶたにも目尻から1/3程度ブラウンのアイシャドウをのせて影を作ります。

3.リキッドで目尻に7mmのラインを引く

目頭から目尻にそって降りてくるカーブを意識して目尻にラインを引きます。目尻の延長線を書くイメージですよ。

目尻の長さは「7mm」がベスト!ナチュラルだけど大きな目になります。

4.ブラウンのアイシャドウでラインをぼかす

最後に目尻に引いたアイラインと目のキワをブラウンのアイシャドウでぼかしていきます。

最後に目尻のアイラインから二重ラインに沿ってブラウンシャドウをのせると目が全体的に大きく見えますよ◎
少し濃いめにラインを引くイメージでアイシャドウをのせましょう。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

奥二重でもデカ目になる目尻の書き方♡

奥二重の方はアイラインが隠れたり、にじんだりしがちですよね。せっかくの二重幅が埋まってしまったらもったいない!
そんな奥二重さんにオススメなアイラインの引き方です。

1.目尻にラインを引く

まずは目尻からラインを引きます。軽く薄目にしながら引いていきましょう。

2.黒目の中心から目尻に向かってラインを引く

黒目の中心あたりから手順1で引いた目尻のラインにつなげるようにラインを引きます。
奥二重さんはアイラインをがっつり引くより、半分だけ引くほうが目が大きく見えるんですよ♪

最後にアイラインを指や綿棒で軽くぼかして馴染ませてくださいね。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

一重でもぱっちりかわいく目ヂカラUP♡

一重さんはアイラインを細く書くとまぶたに隠れてしまうし、太すぎると不自然になってしまうのでバランスがとりづらいですよね。
そんな一重さんでもポイントを押さえればナチュラルなアイラインを引くことができますよ♡

1.まぶたの中央から目頭にかけて書く

まぶたの中央から引き始めます。一度に引こうとせず、何度か重ねるように引きましょう。
中央部分を引けたら目頭までつなげます。

2.中央から目尻までつなげ、目尻を跳ね上げる

中央から目尻までラインをつなげます。目尻は少し跳ね上げて長めに書きましょう。
こうすることで印象的なデカ目になりますよ♪

3.ブラシでぼかす

最後にブラシでアイラインをぼかして馴染ませましょう。主張しすぎないナチュラルな仕上がりですね♡

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

ナチュラルでもデカ目!”ジリサンメイク”のやり方

「ジリサンメイク」とは 目尻の上にある三角地帯「ジリサン」をしっかり埋めるメイクです。
ジリサンを埋めるとナチュラルなのに目ヂカラがUPするんです。雑誌などで特集が組まれるほど話題のメイクテクですよ♡

1.目尻までアイラインを引く

目尻までアイラインを引きます。インラインもしっかり引きましょう。

2.目尻のキワの”ジリサン”を埋める

ジリサン(目尻の三角形部分)を埋めます。目尻の際からアイラインの終点まで5mm程、アイライナーペンシルを動かしながら埋めていきましょう。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

にじまない!パンダ目にならないアイメイク術

気合いを入れてアイメイクをしても時間が経つとアイラインが滲んで目元が真っ黒になってしまったことありませんか?
せっかく頑張ったアイメイクも崩れてしまったら台無しですよね。そんなお悩みを解決するメイクテクです!

アイラインを引く前にビューラーを使う

ビューラーのプレートをまぶたに押しつけるときに、アイラインが崩れてしまいます。
アイラインを引くよりも先にビューラーを使いましょう。

アイライナーはリキッドがにじみにくい!

アイライナーはリキッドやペンシル、ジェルなどタイプがいろいろありますよね。
その中でも1番滲みにくいのは”リキッド”タイプです。涙や汗に強いウォータープルーフのものを選ぶとさらによいですよ◎

マスカラは最後に♪

アイラインを引いている間にまつ毛が少し下がってきてしまうので、マスカラは最後に塗りましょう。
最後にすることでカールもキープしやすくなりますよ。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

他の記事もチェック!

まとめ

アイラインは目尻部分の引き方次第でがらっと印象が変わりますよね♪いつも同じ引き方をしていたらもったいないですよ。

また一重や二重など目の形は人それぞれなので、自分の目のタイプに合わせたアイラインを引くことがとっても大切なんです。
目尻の引き方をちょっと工夫して、目ヂカラのあるデカ目を手に入れちゃいましょう!

また、C CHANNELでは女の子がたくさん楽しめるクリップをさまざまご用意しています。無料アプリを使えばメイクやファッションなどのクリップもサクサクとチェックできますよ♡ぜひダウンロードしてくださいね

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

【特集】 目頭切開ラインでデカ目に。引き方のコツ教えます!

【特集】 目頭切開ラインでデカ目に。引き方のコツ教えます!

上級テクの「目頭切開ライン」を使ってデカ目を手に入れたい!そんなアナタに、切開ライ...

【特集】 ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

【特集】 ナチュラルメイクに合うアイラインの「選び方」「引き方」って?

今年も流行中のナチュラルメイク。その魅力は、大人かわいい印象に仕上がるだけでなく、...

【特集】 アイラインがデカ目の鍵!目元の惹きつけメイクHOWTO

【特集】 アイラインがデカ目の鍵!目元の惹きつけメイクHOWTO

アイメイクは全体の印象を左右するので、どのパーツよりも一層こだわりたい! 印象に...

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

【特集】 和田さん。流アイラインの引き方!跳ね上げ&タレ目を超簡単に♡

アイメイクの中でも肝となるのがアイライン。流行の跳ね上げアイラインや、可愛らしいタ...