C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 TCB東京中央美容外科の埋没法は取れてしまうの?おすすめ埋没法を調査

=TCB東京中央美容外科の埋没法は取れてしまうの?おすすめ埋没法を調査

美容医療 更新:2021/08/25

TCB東京中央美容外科の埋没法は取れてしまうの?おすすめ埋没法を調査

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

【基礎知識】そもそも二重整形って何?

二重整形には大きく分けて2つの方法があるのをご存じでしょうか?二重整形の施術法には、それぞれ異なる特徴やメリットがあります。そのためもともとのまぶたの形や厚み、なりたい仕上がりによって向いている施術法が変わってくるんです。

さっそくTCB東京中央美容外科の二重整形の基本や、埋没法の種類についてチェックしてみましょう。

主な施術法には埋没法と切開法がある

二重整形には主に「埋没法」「切開法」の2つの施術法があります。このうち埋没法は、まぶたの裏から医療用の糸を通して二重ラインを作る施術法です。TCB東京中央美容外科の埋没法は、切開法に比べると施術時間が短時間ですむとされています。

二重埋没法は、メスを使わず、まぶたの裏側から糸を通すことで、短時間で二重まぶたを作ることができる二重術です。
安全性が高い医療用の特殊な極細針と極細糸を使用する為、体に負担がかかりにくく、腫れや内出血が少ない施術です。

もうひとつの切開法とは、まぶたを切開して二重ラインを作る施術法です。TCB東京中央美容外科によると、まぶたが厚い人や皮膚が硬い・伸びている人に向いている施術法とされています。また、蒙古ひだが張っている人にもおすすめのようです。

二重整形の切開法は、まぶたが厚い、皮膚が硬い、皮膚がのびている、蒙古襞(もうこひだ)が強く張っているなど、どうしても埋没法では二重を維持するのが難しい方に適しています。
二重整形の切開法最大の魅力は、どんな二重のラインでも理想通りの形状にできるデザイン性の高さです。持続効果も非常に高く、半永久的な二重まぶたを作ることができる治療法です。

埋没法にも種類がある

TCB東京中央美容外科で扱っている埋没法には「挙筋法」「瞼板法(けんばんほう)」の2種類があります。挙筋法は、まぶたの「ミュラー筋」や「眼瞼挙筋」などの筋肉とまぶたの皮膚を糸で結び、二重ラインを生み出す方法です。

挙筋法とは、ミュラー筋や眼瞼挙筋といった筋・腱組織にまぶたを固定する方法です。

一方、瞼板法はまぶたにある「瞼板」という軟骨を糸で留めて二重を作る施術法です。

瞼板法とは、瞼板(=軟骨)にまぶたを固定する方法です。

ちなみにTCB東京中央美容外科には、ほかにも独自の糸の結び方で二重を作る埋没法があります。さらに、施術法によって糸の留め数や留め方が異なります。

【TCB東京中央美容外科の埋没法】全4種類を比較!

TCB東京中央美容外科で埋没法をするにあたって、気になるのが料金や内容の違いですよね。TCB東京中央美容外科の埋没法は全部で4種類あり、それぞれ価格や糸を留める箇所・留め方、保証内容などが異なります。

ここでは、TCB東京中央美容外科の埋没法の種類や内容、料金などの違いについて詳しく紹介します!

施術法 留め数 料金
埋没法・TCB二重術 2点留め 29,800円
埋没法・1dayクイックアイ ナチュラル 2点留め 140,800円
埋没法・1dayクイックアイ エタニティ 2点留め 298,000円
埋没法・1dayクイックアイ プレミアムエタニティ 線留め1本 398,000円
※全て両目の価格、全て税込

TCB二重術

TCBの「TCB二重術」は、まぶたの表面から糸をかけて2点を固定し、二重ラインを作る施術法です。具体的には、まぶたの筋肉である「挙筋」に糸をトライアングル状に通して2点留めにする施術です。

とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。ほとんどのクリニックはこの術式をされています。
挙筋に優しく結びます。

TCB二重術の料金は両目29,800円(税込)で、3年保証が付いています。TCB東京中央美容外科の埋没法のうち、最も経済的な負担を抑えられる施術法ですよ。

TCB式1dayクイックアイ ナチュラル

TCB式1dayクイックアイ ナチュラルは「瞼板法」を使った施術法です。TCBでは瞼板法について、まぶたの表から中にある軟骨の「瞼板」へ糸を通し、二重ラインを固定する施術法としています。

瞼板法とは、瞼板(=軟骨)にまぶたを固定する方法です。

とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。ほとんどのクリニックはこの術式をされています。
瞼板に優しく結びます。


TCB式1dayクイックアイ ナチュラルはスクエア形に糸を2点留めます。

ちなみに料金は両目で140,800円(税込)が目安で、5年の保証が付いています。

TCB式1dayクイックアイ エタニティ

TCB式1dayクイックアイ エタニティは「TCB式1dayクイックアイ ナチュラル」と同じ、瞼板法の施術です。こちらもTCBではまぶたの上から瞼板という軟骨へ糸を通した後に留めて固定し、二重瞼を作る施術法だと説明されています。

留める箇所 瞼板
とてもシンプルな埋没方法で瞼の表面から糸を2点かけて糸を固定することで自然な二重のラインを作ることができます。

TCBによれば、TCB式1dayクイックアイ エタニティは「TCB二重術」より糸を留める範囲が広く、取れにくいようです。

TCB二重術に比べ、糸を留めている範囲が広がる為、取れにくい方法になります。

ちなみに、TCB式1dayクイックアイ エタニティの料金は両目で298,000円(税込)が目安です。保証期間は10年間となっています。

TCB式1dayクイックアイ プレミアムエタニティ

TCB式1dayクイックアイ プレミアムエタニティは、まぶたの筋肉(挙筋)と軟骨(瞼板)の間を糸で留める施術法です。挙筋から瞼板へ移る部分の4カ所に糸を通しながら、点ではなく「線」で留めていくとされています。

1本の糸を挙筋と瞼板の間にある「瞼板と挙筋の移行部」に 4箇所、あやとりのように複雑に通すことで通常の埋没法の「点」ではなく、「線」で留めていきます。

4カ所で線状に留めることでまぶたへの負担が分散しやすくなり、自然かつなめらかな二重ラインが作れるようです。TCB東京中央美容外科では、切開法と同じくらい持続力も高いとされています。

4箇所にすることで瞼にかかる負担が均等に分散し、まるで切開のような滑らかで自然な理想の二重ラインをつくることができます。
(中略)
持続に関しては切開と同程度の持続力を実現しました。

こちらの施術法は両目で398,000円(税込)が目安で、永久保証が付いています。

オプションのシークレット・シークレットダブル

TCBには「TCB式1dayクイックアイ プレミアムエタニティ」を選んだ人のみ追加できるオプションがあります。この「シークレット」「シークレットダブル」は、埋没法で使う糸をまぶたの裏側から通し、二重を作る方法です。

二重埋没法で人気のシークレットとは
まぶたの皮膚表面に全く傷をつけないシークレットにより、目を閉じたときに、糸の結び目などが全く目立たず、ナチュラルな二重を実現できます。

針を皮膚の表に通さないため、針穴や糸の結び目が目立ちにくいとされています。また、一般的な埋没法に比べて術後の腫れも少ないようです。

また腫れが極めて少なく、傷跡がないため術直後からメイクが可能なので、周囲に絶対気づかれたくないという方におすすめのオプション施術です。
(中略)
まぶたの表面に針を通さないため、術後の腫れを極めて少なくおさえることが可能なため、ダウンタイムはほとんどありません。
(中略)
埋没法は糸を結んで二重を作るので、目を閉じた際に結び目が他人に気づかれてしまう場合があります。TCBでは超極細の医療用の柔らかい糸をご用意しており、バレない二重を実現します。

ちなみにシークレットオプションを含めた総額の目安は、線留め1本のシークレットが両目で477,800円(税込)。2本の糸を使用するシークレットダブルの目安が両目548,000円(税込)です。

【ダウンタイム】どれくらい腫れるの?

二重整形をする上で、腫れなどの「ダウンタイム」が気になる人も多いですよね。そもそもTCB東京中央美容外科の埋没法では、何日くらいで腫れが引いていくのでしょうか?腫れが引くまでの一般的な目安を知っておけば、不安も和らぎますよね。

ここでは、TCB東京中央美容外科の埋没法のダウンタイムについて解説します。

ダウンタイムは施術法に左右されやすい

TCB東京中央美容外科によると、埋没法のダウンタイムは腫れが治まるまで約1週間ほどかかるとされています。

またTCBの埋没法では、まぶたの表面に針穴ほどの傷ができます。この傷は2週間ほどで見えなくなるようです。

○埋没法:むくみや腫れは1週間程度で80%程度治まります。抜糸は必要ありません。

○埋没法:上瞼の表面に針穴程度の傷が2~4箇所です。2週間程度でほとんど見えなくなります。

ただしダウンタイムの期間は、同じ埋没法であっても施術法によって異なるようです。たとえば「シークレット」や「シークレットダブル」は、まぶたの裏側から糸を通すためダウンタイムが短くなるとされています。

まぶたの表面に針を通さないため、術後の腫れを極めて少なくおさえることが可能なため、ダウンタイムはほとんどありません。

ダウンタイムの過ごし方

TCB東京中央美容外科の埋没法は、施術後すぐに帰宅可能です。またTCBで埋没法を受けた場合、洗顔やシャワーは当日からOKで、洗顔は翌日からできるようです。

洗顔・入浴・メイク
翌日から可能です。また、シャワー、洗髪であれば当日から行っていただけます。むしろ流水のみでまぶたを洗うことは感染予防の点でも有効です。

ちなみにTCBでは、施術から2日目以降であればコンタクトレンズを装着できるとされています。

コンタクトレンズ
ハード、ソフト問わずコンタクトレンズは施術後2日目から着用が可能です。細菌が入って感染するリスクがありますので必ずお守りください。

なお施術後、数日から1週間は湯船でゆっくり温まったり、激しい運動をしたりしないほうが良いようです。TCB東京中央美容外科ではその理由を「血流が良くなるとまぶたが腫れるため」としています。

運動・入浴
激しい運動をしたり、浴槽にゆっくりと浸かって温まったり血流を良くするとまぶたが腫れるリスクが上がります。これらは数日から1週間控えた方が無難です。

ダウンタイムの間は、担当医の指示を守って過ごすことを心がけましょう。

【やり直しと保証】埋没法は取れたらどうする?

埋没法について調べていると「取れる可能性がある」という情報を目にすることがあります。こうした情報を見ると、不安になってしまう……なんて人も多いかもしれません。実際のところ、埋没法は取れやすい施術法なのでしょうか?

ここでは埋没法の取れやすさについて解説するほか、やり直しや保証についても紹介します。気になる情報をまとめてチェックしていきましょう。

埋没法は取れることがある

埋没法は、まぶたに糸を固定して二重を作る施術法です。そのため、まれに糸が取れてしまうケースがあるといわれています。ただTCB東京中央美容外科によれば、糸の結び具合やまぶたの状態、二重のデザインによって持続時間に個人差があるようです。

埋没法による二重ラインの持続期間について、結論からお伝えしますと、持続期間には個人差があり、糸の結び方によっても異なります。埋没法でも、10年以上綺麗な二重ラインを維持する方もいらっしゃいますし、数年以内に糸が取れる方もいらっしゃいます。
以前と比べると、すぐに糸が取れることは少なくなり、埋没法でも綺麗な二重ラインを長期間維持できるようになってきました。
しかし、糸の結び具合・まぶたの状態・二重ラインのデザインなどによっては、すぐに糸が緩んだり取れてしまったりすることもあります。

なおTCBでは、糸が取れやすい特徴として、幅広の二重ラインを作った場合・目を頻繁にこする・まぶたが厚めなどを挙げています。まぶたが厚い人の場合は、埋没法に加えて「脂肪取り」をすることで二重ラインを維持しやすくなるようです。

幅広の二重ラインの場合、まぶたの分厚い部分を無理やり糸で固定しなければならないため、医療用の頑丈な糸であっても、すぐに取れる可能性が高くなります。
(中略)
目を頻繁にこすったり、強い力でクレンジングや洗顔をしたりすると、頑丈な糸でも取れやすくなってしまいます。
(中略)
生まれつきまぶたが分厚い方が埋没法で二重ラインを作ると、糸の強度が足りず、まぶたの厚さが通常の方よりも早く糸が取れる可能性があります。
しかし、脂肪が原因でまぶたが分厚くなっている場合、埋没法とまぶたの脂肪取りを併用することで、二重ラインを長期間維持できるようになります。患者様のまぶたの状態やご希望に合わせて最適な施術方法を提案しますので、カウンセリングでお気軽にご相談ください。

やり直しは回数限定になる

TCB東京中央美容外科では、埋没法で作った二重ラインが気に入らない場合、保証の期間内であればやり直しができます。やり直しの回数は片目につき2回までとされていますが、これまでの埋没経験によっても異なるようです。

プラン毎に設けられた保証期間中において、二重がとれたり、二重のラインが明らかに薄くなった場合、片目につき2回まで無料で再施術を行うことができます。患者様都合によるデザイン変更(もう少し幅を広くしたい、平行型にしたいなど)も保証期間内であれば2回まで無料で再施術が可能です。
※1:患者様の今までの埋没経験によって再施術ができる回数は異なります。
※2:感染や抜糸が必要なトラブル、クリニック側の不備によるデザイン修正は、保証期間の有無に関わらず無料で再施術を承ります。

ちなみにTCBでは、もとに戻したい場合の抜糸は1年間無料とされています。ただしダウンタイム中に抜糸する場合は、有料になるケースもあるようなので注意しましょう。またデザイン変更を希望して再処置をする場合は、抜糸代が別途かかります。

なおTCBでは、保証期間の再施術で麻酔を使う場合も、別途で料金が発生するとされています。

元に戻したいなど自己都合による抜糸は、1年間は無料です。ただし、ダウンタイム中の抜糸はドクターの判断で有料となる場合があります。
※感染や抜糸が必要なトラブル、クリニック側の不備によるデザイン修正は、保証期間の有無に関わらず無料で再施術を承ります。
(中略)
・保証期間内であっても「③デザイン変更」による再処置を希望される患者様に関しましては、抜糸が必要な場合には、 1 点につき8,250 円(税込み)の抜糸代が別途かかります。
・保証期間内の再施術であっても、麻酔をご利用になられる場合には笑気麻酔代は別で 2,750 円(税込み)が別途かかります。

保証の内容は施術法で変化

TCB東京中央美容外科には、再施術が受けられる「保証期間」が付いています。糸が取れたときや糸を外す施術、左右差や希望と違うラインになったときの修正は施術法にかかわらず保証されるようです。

それに加えて、TCBでは感染などのトラブルも一生涯の保証とされています。

※感染や抜糸が必要なトラブル、クリニック側の不備によるデザイン修正は、保証期間の有無に関わらず無料で再施術を承ります。

TCB二重術 1dayクイックアイ ナチュラル 1dayクイックアイ エタニティ 1dayクイックアイ プレミアムエタニティ
糸が取れた 3年 5年 10年 一生涯
ラインが薄くなった/希望する幅の変更 5年 10年 一生涯
糸を外す 1年 1年 1年 1年
左右差がある/希望と異なる 1年 1年 1年 一生涯
感染などのトラブル 一生涯 一生涯 一生涯 一生涯

なお「TCB二重術」には、ラインが薄くなった場合や、希望する幅の変更の保証が付いていません。

一方「TCB式1dayクイックアイ」3種には、ラインが薄くなったときや二重幅の変更についての保証があります。保証期間は施術法のグレードによって異なり、5年・10年・一生涯という違いがあります。

【カウンセリング】評判のいい施術法を選びたい?

ここまで読んで「どの施術法が良いかわからない……」と迷っている人もいるのではないでしょうか?せっかく理想の二重まぶたを手に入れるなら、後々まで納得できる施術法を選びたいですよね。

そんな人は、カウンセリングでじっくり相談することをおすすめします◎ここではカウンセリングのポイントを紹介しますね。

個人差があるのでカウンセリングでよく話し合おう

一般的に埋没法の施術法選びにおいて基準になるポイントは、まぶたの厚みやダウンタイムの長さ、予算などが挙げられます。ただ、どの施術法が合うかは個人差が大きいため、カウンセリングで相談することが大切です。

TCB東京中央美容外科の埋没法にはさまざまなものがあり、それぞれ方法や料金、保証内容などが違います。自分にどの施術法が合うのかわからない人には、医師がまぶたの状態をチェックした上で施術法を提案してくれますよ。

まぶたの状態、目の形を確認し、ご希望の二重ラインに沿ってマークします。左右が対称であるか、どのような二重のラインになるかは、手術前にご自分で確認することができます。患者様のご要望にしっかりと耳を傾け、患者様の二重に合った最適な施術プランをご提案いたします。芸能人、モデルの写真など「こんな二重になりたい」という見本がありましたらぜひお持ちください。 施術に関してご不安な点などがありましたら、些細なことでもどうぞお気軽にドクターにお伝えください。二重整形埋没法のスペシャリストが、わかりやすく丁寧にご回答いたします。

カウンセリングの準備は入念に

カウンセリングでは詳しい施術法や費用のほか、ダウンタイムやアフターフォローについてもチェックしておきましょう。また医師やカウンセラーが親身に対応してくれるかも要チェックです。

ちなみにカウンセリングでは「カウンセラーに相談したからドクターに伝わった」と勘違いするケースが多いといわれています。もし医師とコミュニケーション不足になってしまうと、希望と違う仕上がりになるなどの思わぬトラブルに発展するおそれも……。

トラブルを防ぎつつ自分の理想とする目元を手に入れるには、医師にもしっかりと希望を伝えるようにしましょう。

【おすすめ先生】TCB東京中央美容外科の先生

仙台院 院長
安本 匠

池袋東口院 院長
井上 真梨子

福岡天神院 院長
村田 将光

名古屋栄院 院長
木村 尚大

横浜駅前院 院長
大西 雅樹

まとめ

埋没法はメスを使用する切開法に比べると手軽に二重まぶたを手に入れられる施術法です。二重ラインがあるだけで目元の印象が華やかになり、パッチリとした目元が楽しめます。目元の印象が変わると自分の顔の自信が持てるようになる上、メイクも楽しくなりそうですね♪

TCB東京中央美容外科の埋没法にはさまざまな種類があり、それぞれ価格や施術内容、保証期間などが異なります。「自分に合う施術法を知りたい」という人は、ぜひ一度TCB東京中央美容外科のカウンセリングを受けてみてくださいね。

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法のダウンタイムやリスクも徹底解説!

東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法のダウンタイムやリスクも徹底解説!

東京美容外科で二重整形を検討するとき、気になるのが施術法ごとの違い。埋没法や切開法...

TCB東京中央美容外科の二重整形|施術法やリスクも徹底解説!

TCB東京中央美容外科の二重整形|施術法やリスクも徹底解説!

「理想の二重を手に入れたい」「パッチリとした目元にしたい」 そう考え、TCB東京...

TCB東京中央美容外科の口コミ・評判はどう?脱毛の特徴やお店の雰囲気を詳しく紹介!

TCB東京中央美容外科の口コミ・評判はどう?脱毛の特徴やお店の雰囲気を詳しく紹介!

TCB東京中央美容外科はクリニックの展開数が多く、レーザー脱毛なのに痛みを抑えて脱...

もとび美容外科クリニックの埋没法は11種類もある?違いや特徴もチェック!

もとび美容外科クリニックの埋没法は11種類もある?違いや特徴もチェック!

二重整形を検討している人の中には、「もとび美容外科クリニックで埋没を考えている」「...