C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

=医療脱毛にもデメリットはある?脱毛サロンとメリデメ比較

ボディケア 更新:2020/04/28

医療脱毛にもデメリットはある?脱毛サロンとメリデメ比較

C CHANNEL編集部 脱毛love C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

医療脱毛にデメリットはあるの?痛いし高いって本当?

医療脱毛の口コミを調べてみると「めちゃくちゃ痛い」「施術料金が高い」などの文字が目に飛び込んできます。

医療脱毛は医療レーザーを照射しますが、この施術では痛みを伴うこともあり、費用もそれなりにかかります。

痛みや費用が医療脱毛のデメリットといえそうですが、痛みを感じたり料金が高額になったりするのには、ちゃんと理由があるんです。

また、医療レーザー脱毛を受ける際には守らなくてはならない注意事項もありますので、こちらもあわせて解説していきますね♪

施術の際には痛みを感じることもある!

医療脱毛とはレーザーの力を借りて脱毛に導く方法で、一瞬とはいえ高温のレーザーを照射するため、施術中に痛みを感じることがあるんです。

また、レーザーはムダ毛の黒い色素に反応するため、色素が濃ければ濃いほど強い痛みを感じやすくなるという傾向があります。

ただし、最近ではレーザー脱毛機を使い分ける、出力数を調節する、麻酔を使用するなどして痛みに配慮したクリニックも増えていますので、極端に怖がる必要はありませんよ♡

1回の料金が高くなりやすい

医療脱毛に使用するのは医療機器で、導入費用がサロン脱毛用の美容機器と比較した場合、高額になる場合が多いんです!

つまり、そもそもの導入費用にコストがかかるため、必然的に施術費用も高額になってしまいます。

しかも、レーザーを照射するためそれなりの電力も消費し、これもまた施術費用が高額になる理由になっているんです。

日焼け肌だと施術を受けられないことがある

レーザーは黒色に反応しますので、お肌が日焼けをしていると、その色素にもレーザーが反応し、やけどのリスクが高まります。

軽い日焼けなら施術を受けられることもありますが、クリニックによって判断基準が異なることがあり、厳しい基準を設けているクリニックでは軽い日焼けでも施術NGになる可能性が大◎

施術を受けている間は、できるだけ紫外線を避けて日焼けしないように注意しましょう。

また、施術後には乾燥していることがありますので、低刺激性の保湿クリームで保湿ケアをしておくことも大切です♪

痛みの少ない医療脱毛はある?痛くないクリニックも◎

「医療脱毛ってどこも痛いんじゃないの?」と不安になるかもしれませんね。でも、医療脱毛でも少ない痛みで施術を受けられるところもあるんです!

たとえば、フレイアクリニックがこれに該当しますが、こちらのクリニックではメディオスターNeXT PROという蓄熱式の脱毛機を導入していて、従来の医療脱毛よりも低温なので痛みに配慮された施術を受けられることが多いです。

また軽い日焼け後の肌で、炎症や赤みが収まっていれば施術OKというメリットもありますよ♪

リーズナブルな医療脱毛はある?低料金クリニックも◎

医療脱毛は、高額になってしまうことが多いと紹介しましたが、リーズナブルに脱毛できるクリニックも増えてきました。

前述したとおり、導入費用はあいかわらず高額ですが、近年医療脱毛でも施術にかかる1回あたりの時間が短くなってきたので、リーズナブルな料金設定が可能となっています。

施術時間が長くかかってしまうと対応できるお客様が少なくなりますが、回転率が良いとその分1日で対応できるお客様数が増えるので、低価格設定もできるようになったということです♡

なるべく安く医療脱毛をしたい!と思う場合は、各クリニックの料金をしっかり比較してみると良いでしょう♪

知っておきたい医療脱毛のメリットとは?

医療脱毛のデメリットをみてみると、クリニックに導入されている脱毛機によっては少ない痛みで施術を受けられることがわかりましたね。

さらに、医療脱毛でもリーズナブルな料金で施術を受けられるところもあるとわかりました♡

それでは次に、医療脱毛のメリットについて、もう少し詳しく掘り下げてみることにしましょう。以下をお読みいただければ、「なるほど!」ってなるはずですよ。

脱毛の効果が高いから永久脱毛ができる

医療脱毛に使用されるのは、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー、ダイオードレーザーの3種類です。

なお、ダイオードレーザーには高温のレーザーを照射する「熱破壊式」と、低温のレーザーを照射する「蓄熱方式」があります。

まずアレキサンドライトレーザーですが、このレーザーは波長が短いものの黒色への反応が強いため脇やVIOのように色素が濃くて太いムダ毛でも綺麗に脱毛できるという特徴があります。

そして、YAGレーザーと熱破壊式ダイオードレーザーは、アレキサンドライトレーザーよりも長い波長を持ってるため、お肌の深い部分にレーザーが届きやすいという特徴があります。

いずれの種類でも、レーザーがきちんと届けば比較的早い段階で脱毛効果を実感しやすいというメリットがあります◎

脱毛に通う回数が少なくて期間も短くて済むから楽チン

サロン脱毛では、効果を実感するまでに少なくとも10回程度の施術を受けなくてはなりません。

というのは、サロン脱毛に導入されている脱毛機は美容機器に分類され、医療脱毛に使用される医療機器のレーザー脱毛機ほどのパワーがないからです。

一方、ハイパワーのレーザーを照射する医療脱毛では、4~5回程度の施術で脱毛効果を実感できる方が多いといわれているんです!

また、医療脱毛、サロン脱毛ともに2~3カ月を目安として施術を受けて行きますが、サロン脱毛で2カ月に1回・合計10回の施術を受けるとすると、完了までに20カ月かかる計算になります。

一方、医療脱毛を2カ月に1回・合計5回の施術を受けるとするなら、10カ月で施術完了となる計算になります。

つまり、医療脱毛ならサロン脱毛の半分程度の期間で脱毛を完了できるということですね。

肌トラブルが起こっても医師が対応してくれるから安心

「脱毛の施術で肌トラブル?」と不思議に思うかもしれませんね。

でも、お肌に普段照射することがない光やレーザーを照射すれば、お肌は少なからずダメージを受けますので、特に敏感肌の方の場合では炎症が起こる可能性が否めません。

では、サロン脱毛でそのようなことが起こった場合にはどうなるのでしょうか?

サロンによっては医療機関と提携していて、トラブル肌に対する治療を受けられることがあります。

しかし、それ後日のことであって、その場では応急処置も受けられません。

一方、医療脱毛はそもそもクリニックで受けるもので、万が一の肌トラブルが起こった際でも医師による適切な処置を受けることができます。

これなら、敏感肌の方でも不安を最小限に留めた状態で施術を受けることができるでしょう。

医療と美容の脱毛って何が違うの?価格や回数・安心さ

サロンの美容脱毛は、1回あたりの単価が医療脱毛よりも安く設定されています。

でも、実はここが落とし穴なんです!

上記でも少し触れましたが、サロンの美容脱毛で効果を実感できるのは、早い方で10回程度の施術を受けたあとです。

対して医療脱毛の場合では、ほとんどの方が4~5回の施術完了後に効果を実感できるといわれているんです。

このような差が現れる理由、それは、「美容機器による施術なのか、医療機器による施術なのか」という部分に集約されています。

痛みが少なく1回の施術料金が安いのは美容脱毛

脱毛サロンに導入されている美容機器の脱毛機は医療機器の脱毛機よりも安価なため、1回あたりの料金を抑えることができます。

さらに、サロンの美容脱毛には施術中の痛みが少ないというメリットがあります。

この部分に惹かれて美容脱毛を選ぶ方が多いのですが、施術中の痛みが少ないということは弱いパワーの光を照射しているということです。

そして、弱いパワーの光を照射するということは、より多くの施術回数を必要とするということです。
ということは、結果的に医療脱毛よりも高額な料金がかかる可能性も否めないということですね。

施術料金の安さは確かに魅力ですが、脱毛サロンの美容脱毛には、安く施術を行えるだけの理由があります。

サロン脱毛をお考えの方は、まずはこの点について押さえておく必要があるでしょう。

美容脱毛はサロンで行う脱毛だから万が一の時に心配

脱毛サロンはあくまでも美容に関する施術を行う場所で、医療的な処置を行う場所ではありません。

つまり、サロンはあくまでもサロン、医療機関とはまったく異なった立ち位置にあるということで、そこには看護師や医師が存在していません。

ご存じの通り、医療的な処置を行えるのは医療関連の有資格者に限られていて、医療関連の資格を持たないエステティシャンは、万が一の時でも対応できません。

一方、クリニックなら看護師や医師が常勤しているため、やけどや炎症などのトラブルが起こったとしても、その場ですぐに処置を受けられます。

サロン脱毛には痛みが少ないというメリットはありますが、万が一の時のことを考えるなら、少々不安が残りますね。

医療とエステでの脱毛どっちを選ぶ?比較してみて◎

医療脱毛にもサロン脱毛にもそれぞれに良さがあるため、検討中にはあれこれ迷うことが出てくるかもしれません。

しかし、「エステは安いけどクリニックは高い」「エステは痛くないけどクリニックは痛い」というように、イメージだけで決めてしまうと、あとになって後悔することにもなりかねません。

こちらでは、効果の現れ方の違いや必要な施術回数、施術期間、かかる費用を比較しながら、それぞれの特徴についてご紹介します。

医療脱毛かサロン脱毛か決めかねている方は、こちらでご紹介する内容をよくお読みになり、最終的にどちらにするのか絞りこんでみてくださいね!

効果の違いは?医療脱毛の方が効果が高い

医療脱毛とサロン脱毛の決定的な違いをご存知ですか?両者の決定的な違い、それは「永久脱毛か否か」という点です。

エステではIPLなどの光を照射して、少しずつ除毛していきます。

しかし、弱い光の照射では一時的に除毛できたしても、やがてムダ毛が再生する可能性があるといわれているんです。

一方、医療脱毛では施術完了後にムダ毛が再生する確率は低いという特徴があります。

なお、ムダ毛が再生しにくい脱毛は永久脱毛と呼ばれ、医療行為に該当することからエステでは行えない方法となっています。

とはいえ、サロン脱毛でも除毛効果は期待できますので、もともとムダ毛が薄い方の場合ではサロン脱毛で満足できる可能性もあります。

回数や期間は?早く脱毛を卒業できるのは医療脱毛

エステの公式HPを確認してみると、どの部位でも10回以上のコースが多いことに気付くでしょう。

一方、クリニックの脱毛メニューを確認してみると、4回ないしは5回、6回程度のコースが一般的だということがわかります。

パワーが強いレーザーは1回の照射で脱毛が始まることがあるていわれていますが、弱いパワーの光ではレーザーよりも多い回数の照射をしないと、なかなか脱毛が始まらないという違いがあります。

つまりこれが、サロン脱毛と医療脱毛の施術回数に差が出る理由なんです。

また、どちらの方法でも2~3カ月に1回ペースで施術を受けていきますが、同じペースで施術を受けるなら、少ない回数で完了する医療脱毛のほうが早く脱毛を卒業できることになりますね。

安いのはどっち?低価格は美容でも医療は回数が少ない

1回あたりの施術料金をみると、サロン脱毛のほうがはるかに安いことがわかります。

最近では、月額1,400円程度で全身脱毛を受けられるエステもあり、この金額なら月の負担を軽減させた状態で施術を受けられますね。

一方、医療脱毛で全身脱毛を受ける場合では、安いクリニックでも1回あたり20,000円を下回ることはほぼありません。

しかし、サロン脱毛は10回以上、どうかすると36回くらいの施術回数が必要になることもあり、1回あたり1,400円であっても36回の施術を受けるとなると、50,400円の費用がかかります。

これが医療脱毛だと、1回20,000円×5回として100,000円の費用がかかります。

これでもまだサロン脱毛のほうが安いように感じますが、サロン脱毛は永久脱毛ではないため、将来的に再照射が必要になることがあるんです。
ということは?
その先何万円もの費用がかかる可能性があるということです。

一方、永久脱毛の医療脱毛では、4回~6回程度の施術を受ければ、その後の施術はほぼ必要ありませんので、長い目で見ればお得という捉え方ができますね。

医療or美容脱毛自分に合ってるのは?早さor安さ

サロン脱毛にも医療脱毛にもそれぞれ良さがありますので、どちらを選ぶのかはあなた次第ということになります。

というと、また混乱してしまうかもしれませんので、ひとまず以下の基準でどちらを選ぶのか検討してみると良いでしょう。

それは、早く脱毛を卒業したいなら医療脱毛、月額の負担額を抑えたいならサロン脱毛という選び方です。

それでは、その理由についてご紹介しますので、迷っている方はぜひ、参考にしてくださいね!

医療脱毛は早く終わらせたい人におすすめ

ここまででご紹介してきたとおり、医療脱毛は永久脱毛に段類されており、少ない回数の施術で脱毛を完了できます。

脱毛効果の現れ方については個人差がありますが、1回目の施術後2~3週間で脱毛が始まります。

ただし、脱毛が起こるのはレーザーの照射時に成長期を迎えていたムダ毛で、休止期や退行期にあったムダ毛は抜けません。

そして、1回目の施術から2~3カ月の間隔を空けて2回目の施術を受けることで、休止期や退行期にあったムダ毛が順次成長期を迎え、脱毛できる状態になります。

以降、何回か施術を受けることでムダ毛がないツルツルの素肌を目指すことができるんです。
必要な施術回数については毛質や脱毛部位によって多少の誤差は生まれますが、おおよそ4~6回の施術を受ければ、自己処理が必要ないレベルにはなるでしょう。

費用が少々高額になったとしてもとにかく早く脱毛を完了させたいなら、ひとまず医療脱毛の線で検討してみることをおすすめします。

美容脱毛は1回を安く済ませたい人におすすめ

エステの美容脱毛は痛みが少ない上に1回あたりの施術料金が安いというメリットがあります。

ただし、上記でも触れたようにエステの美容脱毛は弱いパワーの光を照射するため、ツルツルの素肌を目指す場合では多くの施術を受けなくてはなりません。

ということは、1回あたりの施術料金は安くても、結果的に費用がかさむ可能性もあるということです。

また、脱毛を完了しても妊娠などでホルモンバランスが乱れると、それをきっかけにムダ毛が再生することがありますので、この点についてもあらかじめ頭に入れておく必要があります。

さらに全身脱毛の場合では、エステによっては1回で全身すべての施術を受けられず、全身を4分割して4分の1部位を1回としてカウントすることもあります。

この点についてはカウンセリングで確認できますので、必ず忘れずに確認しておきましょう。

脱毛時に痛みを感じやすい部位は?VIO&ワキ

光でもレーザーでも、これらがムダ毛の黒い色素に強く反応すれば、これらが透過するお肌に痛みを感じることがあります。

特にムダ毛が密集しやすく、なおかつ色素が濃いVIOや脇の脱毛では、その他の部位よりも光やレーザーが強く反応しやすいため、やや強い痛みを感じることがあります。

ただし、痛みの感じ方は人それぞれのため、同じ部位でも「すごく痛い」と感じる方がいれば、「思っていたほどの痛みではなかった」と感じる方もいます。

つまり、痛みについての個人差は大きいため、あまり神経質にならず、とりあえず施術を受けてみなければわからないと捉えておくのが妥当だということです。

顔脱毛の痛みは?生え際や骨に近いと痛い

顔脱毛を済ませると、お肌の色がトーンアップする、メイクのノリが良くなる、ニキビができにくくなるといったメリットが生まれます。

では、顔の産毛のように色素が薄くても、やはり痛みを感じるのでしょうか?

結論からお話ししますと、顔の産毛脱毛でも、施術中の痛みが全くないということはありません。

それは、顔には細かい神経がたくさん走っているため、光やレーザーの影響を受けて痛みを感じやすいからです。

特に、額の生え際や骨に近い部分では光でも痛みを感じやすいといわれています。

ただし、これも人によって感じ方が異なりますので、あまり怖がらず、とりあえず施術を受けることが大切です。

胸やお腹の痛みは?痛みは少ないけどデリケートなとこ

身体全体の中でも、胸やお尻は脂肪が暑い部分のため、比較的痛みは感じにくいといわれています。

つまり、リラックスした状態で施術を受けやすいということですが、これらの部分は皮膚が薄くデリケートなため、場合によっては痛みを感じることがあるでしょう。

また、お腹のムダ毛が濃い方の場合では、皮下にムダ毛の黒い色素が多く隠れていることがあり、光やレーザーが強く反応すると痛みを感じることがあります。

そのため、Vラインに近い下腹部付近はやや強い痛みを感じることがありますが、VIOや脇よりは少ない痛みで施術を受けられるでしょう。

なお、胸の脱毛ではやや濃い色素がある乳輪部分を避けての施術になることがありますので、この点についてはカウンセリングで確認しておいてくださいね!

背中やおしりの痛みは?背骨など骨の近くは響くかも

背中は顔のように産毛が多い場所で、光やレーサーが反応しにくいことがあります。

そのため、施術中の痛みは比較的感じにくいのですが、背骨付近の照射で骨が光やレーザーの刺激を受けると痛みを感じることがあります。

この場合では、痛みというよりも照射時の刺激が骨に響くという感覚で、強い痛みを感じる心配はほぼないでしょう。

また、お尻は胸やお腹と同様に脂肪が厚いため痛みを感じにくいのですが、毛深い方の場合では皮下のムダ毛の色素に光やレーザーが反応しやすいため、痛みを感じることがあります。

そしてもうひとつ、お尻に黒ずみがあると光やレーザーが色素に反応することがあり、痛みを感じることがあります。

黒ずみが心配な方はカウンセリング時に相談し、施術の可否や痛みについて確認しておくと良いでしょう。

腕の痛みは?皮膚が薄い腕の内側は痛みがあるかも

腕は比較的痛みを感じにくい部分のため、「強い痛みを感じた」という方はあまり見かけません。

ただし、腕の内側部分は皮膚が薄いため、光やレーザーの刺激が神経に届きやすく痛みを感じる可能性はあります。

腕の内側はムダ毛が生えにくい部分のため、あまり心配する必要はありませんが、このように皮膚が薄い部分では痛みを感じる可能性がありますので、知識として頭に入れておきましょう。

また、二の腕の外側にざらつきやポツポツができている方の場合では、その色素によって痛みを感じることがあるかもしれません。

ざらつきやポツポツがあっても光やレーザーの照射は可能ですが、痛みが心配な場合にはあらかじめ相談しておいたほうがいいかもしれませんね。

足の痛みは?皮膚の薄いところや骨の近くは注意

足も身体全体の中では痛みを感じにくい場所だといわれています。

これもまたケースバイケースなのですが、すねや太ももの前面部分のムダ毛が濃いと、光やレーザーが強く反応することがあり、痛みの原因になります。

また、すね部分や皮膚が薄いふくらはぎや太ももの内側、骨の近くの照射で若干強い痛みを感じる可能性はあります。

ただし、ふくらはぎや太ももの内側は濃いムダ毛が生えにくい部分ですので、あまり心配する必要はないでしょう。

すね部分の骨についても、痛いというよりかは響くという感覚ですので、強い痛みを感じることは少なくなっています。

そして気になるのが足指の脱毛ですが、この部分は面積が狭いため痛みを感じにくく、感じたとしても一瞬ですので、あまり心配する必要はありません。

ワキの痛みは?濃いと痛みを感じやすい

ワキは毛穴が多く、おまけに濃いムダ毛が生えやすい部分です。

そのため、光やレーザーが強く反応しやすく、やや強い痛みを感じることがあります。

ただし、施術時間は両ワキで5分程度ですので、痛みを感じたとしてもそれが長時間続く心配はありません。

また、ワキ脱毛で注意していただきたいのは埋没毛がある場合です。

埋没毛とは、皮膚の表面が硬くなったことで成長したムダ毛が外部に露出できず、皮下で成長した状態をいいます。

そして、埋没毛によって毛穴に炎症が起こっていたり、成長しすぎた埋没毛が表面からはっきり見えていたりする状態だと、施術を受けられなかったり、施術を受けられたとしても強い痛みを感じたりすることがあります。

埋没毛はエステで処理できませんので、埋没毛がある方はクリニックに相談し、医療脱毛での施術を検討しましょう。

VIOの痛みは?VIが一番痛いと感じる場所かも

VIOは、身体のどの部位よりも痛みを感じやすいといわれています。

ワキのムダ毛も太いのが特徴ですが、特にVIラインはワキのムダ毛より太くて色素が濃いことがあり、光やレーザーが強く反応しやすいため痛みを感じるんです。

これはパワーが弱いエステの光でも同様ですので、VIOライン脱毛を受けるのなら、ある程度の痛みは覚悟しておく必要があるでしょう。

ただし、医療脱毛ならあらかじめ麻酔を使用できますので、痛みに耐えられる自信がない方は、あらかじめ医師か看護師に相談しておくことをおすすめします。

麻酔には、表面麻酔が用いられることが多く、使用しておくと施術中の痛み軽減に役立ちますよ!

また、Oラインは皮膚が薄く痛みを感じることが多いのですが、VIラインよりも毛穴の数が少ないため、VIよりも少ない痛みで施術を受けられるでしょう。

医療とエステの脱毛を併用はあり?施術部位で分ける

医療脱毛なら麻酔を使用できますので、もともと痛みに弱い方はカウンセリング時にその旨を申し出て、麻酔を使用する方向で考えてみましょう。

また、麻酔を使用しても強い痛みを感じ、どうしても耐えられないのなら医療脱毛と美容脱毛の併用という手もあります。

クリニックによっては医療脱毛体験コースが用意されているところもありますので、痛みを確認するという意味でも、まずはこのコースで医療脱毛を体験しておくというのもひとつの方法です。

おすすめの医療脱毛クリニックを紹介

それでは、おすすめの医療脱毛クリニックをご紹介していきます。

これからご紹介するクリニックはどこも通いやすい価格で施術を受けられますので、特に医療脱毛を安く受けたい方におすすめです。


これらのクリニックにはそれぞれに異なった特徴がありますので、まずは特徴を確認し、気になるクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

なお、カウンセリングはどこも無料で受けられ、受けたからといって必ず施術を受けなければならないということはありませんよ!

レジーナクリニック|キャンセル料がないから安心

レジーナクリニックは最短8カ月で全身脱毛を完了できるクリニックのため、短期間で脱毛を完了させたい方には特におすすめです。

また、全身26部位・5回コースを月々6,300円+税で受けられるので、月々の負担額を増やしたくない方にもおすすめ♪

導入脱毛機…熱破壊式アレキサンドライトレーザー、蓄熱式脱毛機(一部の院では取り扱いなし)

クリニックの特徴…照射面積が広いアレキサンドライトレーザーを使用するため、一度に広範囲の施術を受けられます。

また、こちらのクリニックではテスト照射を無料で受けられるほか、シェービング料や予約キャンセル料も無料という太っ腹ぶり。

全身脱毛はもちろんのこと、VIOコースや顔脱毛コースも用意されていて、しかも安価に施術を受けられるというメリットがあります。また、蓄熱式脱毛機の用意もあるため、軽い日焼け肌なら施術可能というメリットもあります♪

フレイアクリニック| 敏感肌でも効果を実感しやすい。

脱毛方法 蓄熱式脱毛機
シェービング料 無料
キャンセル料 無料
支払い方法 現金・クレジットカード・ローン(最大36回)
定休日 年末年始、臨時休業日
営業時間 月〜金 12:00~21:00 土日祝 11:00〜20:00
総店舗数 7店舗
店舗がある都道府県 東京・神奈川・大阪・愛知・福岡

湘南美容クリニック|店舗の数が多いからで通いやすい

全国に70院以上を展開するクリニックで通いやすいという特徴があります。

エステからの乗り換えトライアルプランが用意されているため、エステでは効果がイマイチだったという方には特におすすめできるでしょう。

学割制度もあり。
導入脱毛機…アレキサンドライトレーザー、医療用光脱毛機

クリニックの特徴…ほとんどのクリニックでは、各コースごとに有効期限が設けられていますが、湘南美容クリニックの脱毛では有効期限なし!

また、全国に70院以上を展開していて、どの院でも施術を受けられるというメリットもあります。すべてのコースは1回、3回、6回から選べますので、あと1回だけ施術を受けたいという方には特におすすめです。

脱毛部位が細かく分類されているので、部分脱毛をご希望の方にもおすすめできるでしょう。会員になると割引価格で施術を受けられます♪

エミナルクリニック|リーズナブルにまるごと医療脱毛

全身脱毛が通いやすい価格に設定されています!おまけに全身脱毛が最短5カ月で完了するため、お急ぎの方にはイチオシのクリニックです。

また、全国に院を展開しているため、引っ越しなどで転院が必要になったときでも安心、もちろん、院内移動は無料です。

導入脱毛機…蓄熱式ダイオードレーザー

クリニックの特徴…蓄熱式脱毛機を導入しているクリニックで、最短1カ月1回の施術が可能、-5℃までお肌を冷やしながら照射できるため、施術中の痛みを感じにくいというメリットがあります。

さらに、こちらのクリニックでは安く全身脱毛を受けられ、1回あたりの照射時間がわずか60分というスピード脱毛を実現させています。

全身脱毛が最短5カ月で完了するため、スピード最優先の方には特におすすめのクリニックです。まだ新しいクリニックなので予約も取りやすいです。

まとめ

サロン脱毛には、1回あたりの施術料金が安く、施術中の痛みが少ないというメリットがあります◎

一方、医療脱毛はサロン脱毛よりも施術料金が高く、施術には痛みを伴うことがあります。こういってしまうと、「医療脱毛っていいところがないじゃない!」と思ってしまうかもしれませんね。

でも、医療脱毛は永久脱毛に分類され、完了後のムダ毛の再生率がきわめて低いという素晴らしいメリットがあるんです!

医療脱毛は時期によって混み合うことがありますので、できるだけ早く施術を受けたい方は、今すぐにカウンセリングを受けて施術を開始しておいてみてはいかがでしょうか。

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

鼻下脱毛の回数や効果は?サロンと医療の脱毛法から比較・解説!

鼻下脱毛の回数や効果は?サロンと医療の脱毛法から比較・解説!

鼻下のムダ毛が濃いと、女性なのにヒゲが生えているみたいで恥ずかしいですよね。うっす...

全身の医療脱毛におすすめの人気クリニック15選!比較するときのポイントも!

全身の医療脱毛におすすめの人気クリニック15選!比較するときのポイントも!

全身脱毛を始めたいと思ったら、効果を早く感じやすい医療脱毛クリニックを選んでみませ...

IPL脱毛って効果ある?医療レーザー脱毛との違いやおすすめサロン紹介

IPL脱毛って効果ある?医療レーザー脱毛との違いやおすすめサロン紹介

脱毛サロンで使用される脱毛方法としてよく目にするのが、「IPL脱毛」。でも、IPL...

ワキの医療脱毛におすすめの人気クリニック14選!比較するときのポイントも!

ワキの医療脱毛におすすめの人気クリニック14選!比較するときのポイントも!

クリニックの医療脱毛で両ワキをツルツルにしてみませんか? ワキの医療脱毛は全身脱...