C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法のダウンタイムやリスクも徹底解説!

=東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法のダウンタイムやリスクも徹底解説!

美容医療 更新:2021/08/25

東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法のダウンタイムやリスクも徹底解説!

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

※この記事は「医療広告ガイドライン」に沿って執筆しています。
※美容医療は保険適用外の自由診療です。
効果とリスクのバランスに納得した上で、自分に合った治療を選びましょう。

東京美容外科の二重整形|埋没法と切開法

東京美容外科では、二重整形の施術法として「埋没法」と「切開法」があります。

埋没法は、まぶたの二重の線を糸で留める二重整形の施術法です。東京美容外科では、埋没法について、

埋没法は切開することなく、糸で皮膚や筋肉を調節したり、筋肉や皮膚を固定する手術方法です。
埋没法で手術をする場合は、傷跡が小さくダウンタイムが短いため、自然な感じの手術効果が期待できます。
手術時間は大体30分ほどかかり、抜糸は手術後3日から5日で、場合によっては糸を除去しないケースもあります。

引用元:東京美容外科

と、記載されています。

一方で切開法とは、まぶたの二重の線を切開し、二重整形する方法です。東京美容外科では、切開法について、

切開法は皮膚または結膜を切開し、余分な筋肉や脂肪を切除した後、手術部位を縫合する手術方法です。
最小限の切開をすることで、垂れてきた皮膚、筋肉および脂肪を調節することが可能であり、明確な手術効果が期待できます。
手術は大体1時間から2時間かかり、7日前後で抜糸します。

引用元:東京美容外科

と、記載されています。切開法では、まぶたの余分な脂肪なども切除できるんですね!

それぞれ特徴が異なる施術法なので「どっちが自分に合うのかな?」と悩んでしまいますね。東京美容外科ではそれぞれを次のようにおすすめしています。

「手術をするのは怖い」とか「目がはれると困る」という人には、埋没法という手軽にできるプチ整形があります。また、パッチリした二重を半永久的にキープしたいというひとには切開法がオススメです。

引用元:東京美容外科

つまり、自分の要望や理想の目元に合わせて施術法を選ぶことが大切なんですね◎

東京美容外科|【埋没法】料金と施術法

埋没法は、一般的に「プチ整形」と呼ばれる二重整形の施術法です。東京美容外科では以下のような施術を行います。

埋没法は、メスを使わず目を開ける時に動く筋肉と皮膚を、髪の毛よりも細い医療用の糸で留めて二重まぶたにする施術です。そして、局所麻酔により痛みなどのストレスを感じることなく、施術はわずか10分程度で終了してしまいます。

引用元:東京美容外科

上記の説明を見てわかるように、埋没法は短時間で二重整形ができる施術法なんですね。ただし、上記に記載されている「10分程度」というのはあくまで目安の時間です。施術時間には個人差があるので注意しましょう。

さらに、こんな特徴もあります。

何より、やり直しや元に戻すことが可能なので、ご希望通りにさまざまな二重まぶたに挑戦できます。

引用元:東京美容外科

場合によっては、留めている糸を外すことで二重整形をやり直せる可能性があります。

これらの特徴を踏まえて、東京美容外科が用意している埋没法の施術法を見ていきましょう!

施術名 留め数 料金 保証
埋没二重スタンダード 1〜4点留め 77,000〜275,000円 3点留め以上で1年保証
埋没二重プレミアム - 550,000円 永久保証
東美式ダブルループ埋没法 - 300,000円 +100,000円で永久保証
※全て税込
※全て両目での料金
※保証の内容については後ほど記載があります

埋没二重スタンダード

東京美容外科の埋没二重スタンダードは、留め数が1~4点まで選べます。3点留め以上だと、1年保証が付きますよ。

ちなみに留め数に関しては、

当院では、3点留めの患者さまが多いですが、糸の強度は1点留めに比べ3倍になります。

引用元:東京美容外科

と、記載されています。つまり、東京美容外科の場合は留め数によって強度が変わってくるんですね。

一番留め数の少ない1点留めには、次のような特徴があります。

デザインしたライン上の1箇所を留める別名クイック法とも呼ばれています…うっすら二重のある方、まぶたの脂肪が少ない方におすすめ

引用元:東京美容外科

また、1点留めは経済的な負担も少ないです。ただ、まぶたの脂肪が厚い場合はあまり向いていないようですね。

つづいて2点留めの特徴は以下の通りです。

二重ラインに沿って2箇所で固定するため、きれいなしっかりした二重ラインが可能…一重まぶたの方・くっきり二重にしたい方におすすめ

引用元:東京美容外科

ただし、デメリットもあります。

まぶたの脂肪が多い方でも可能ですが、よりきれいな二重のために脱脂法も併用することをおすすめします

引用元:東京美容外科

脱脂法については後ほど詳しく紹介しますが、2点留めを考えているのなら併せて検討する必要があるようですね。

そして、さらに留め数の多い3点留めの特徴は以下の通りです。

3ヵ所を留めるため、2点留めより強度が増し、さらにしっかりした二重ラインと微妙なデザインが可能…幅が広くはっきりした二重にしたい方におすすめ

引用元:東京美容外科

東京美容外科では、留め数によって表現できる二重のデザインにも違いがあるようです。

自分のまぶたの様子や理想の二重のデザインなどによって、適する留め数は変わってきます。カウンセリングで医師にじっくり相談することが大切です◎

埋没二重プレミアム

埋没二重プレミアムは、多点埋没ができる埋没法です。埋没二重スタンダードに比べると、保証期間に縛りがないという特徴があります。期間中は、回数の制限なく留め直しが可能ですよ。

一般的に、留め数が多いほうが強度が上がるといわれています。先ほども説明しましたが、東京美容外科では、

当院では、3点留めの患者さまが多いですが、糸の強度は1点留めに比べ3倍になります。

引用元:東京美容外科

と解説されています。つまり埋没二重プレミアムのほうが、埋没二重スタンダードよりも強度が上がっていることになりますね。

それぞれの特徴を踏まえた上で、自分の要望に合う埋没法を選ぶことが大切です◎

東美式ダブルループ埋没法

東京美容外科には、東美式ダブルループ埋没法という施術法があります。こちらの埋没法には、

まぶたの表面に針を通さない二重術で腫れにくく、バレない理想の二重に

引用元:東京美容外科

という特徴があります。糸玉が外に出ないので、東京美容外科で行われているほかの埋没法に比べると、二重整形がバレにくい施術法なんですね。

また、東美式ダブルループ埋没法では「マイクロカニューレ」という針を使用します。マイクロカニューレは次のような特徴がある針です。

麻酔時の痛みを軽減し、内出血しにくい針

引用元:東京美容外科

麻酔の痛みに配慮した施術が受けられるんですね。

どの埋没法が自分に合うのかは、医師と相談しながらじっくり検討することが大切です!

東京美容外科|【切開法】料金と施術法

切開法は、まぶたの二重ラインを切開して二重整形をする施術法です。東京美容外科では次のような施術を行います。

切開法は、二重のラインにしたい部分を切開することで、理想的な二重ラインをデザインする施術です。同時に、目の上の余分な脂肪を取り除くことができるので、目元の腫れぼったさを解消することもできます。
糸で留めるだけの埋没法と違い、二重にする力が強いので、術後、一重まぶたに戻ってしまう可能性はほとんどありません。また、二重ラインのデザインの自由度も飛躍的に高まります。

引用元:東京美容外科

つまり、切開法はまぶたの厚みや腫れぼったさが気になる人に向いている施術法なんですね。また、糸が外れるといった心配もありません。

ただし先ほど紹介した埋没法に比べると手術時間が長く、さらに後日抜糸のために通院する必要があります。東京美容外科では、具体的に以下のような記載がありました。

局所麻酔もしくは静脈麻酔を使用し、手術は1時間ほどかかります。手術から5日前後で抜糸をし、その時から洗顔と化粧が可能です。

引用元:東京美容外科

ここから、東京美容外科の切開法について詳しく紹介します。

施術名 料金
切開二重マイクロカット 275,000円
全切開スタンダード 385,000円
※全て税込
※全て両目での料金

切開二重マイクロカット

東京美容外科の「切開二重マイクロカット」は、まぶたを部分的に切開する埋没法です。一般的に「部分切開法」と呼ばれています。以下のように施術しますよ。

部分切開法は切開法と埋没法の短所を補いつつ二重を作る手術法です。
デザインしたラインに沿って、2から3ミリほど切開して脂肪を除去し瞼板と皮膚を固定し縫合した後、埋没方にて数箇所糸で留めます。

引用元:東京美容外科

説明を見るとわかるように、二重のライン全てを切開するわけではない方法なんですね。さらに切開後は、埋没法によって糸でまぶたを留めることがわかります。

この切開二重マイクロカットには、

切開と埋没のいいとこ取りで、切開よりダウンタイムも短く、脂肪も除去し埋没よりもハッキリとした美しい目元に整えます。

引用元:東京美容外科

という特徴があります。つまり、埋没法では理想の二重まぶたになれないという人も、切開二重マイクロカットなら理想の仕上がりが叶うかもしれないですね♪

全切開スタンダード

全切開スタンダードは、切開二重マイクロカットの部分切開法とは違い、二重のラインを全切開する方法です。東京美容外科では全切開法スタンダードについて、

切開法は瞼の皮膚を切開して二重を作る手術方法で、デザインしたラインに沿って切開し、余分な眼輪筋を除去し、瞼が厚い場合は眼窩脂肪も一緒に除去した後、瞼板と皮膚とを糸で固定し縫合します。

引用元:東京美容外科

と、紹介しています。

さらに全切開スタンダードには、

二重まぶたのデザインも末広型や平行型と自由自在に選択できます。…(中略)…切開部分は二重のラインと一体になり、自然な仕上がりになります

引用元:東京美容外科

という特徴もあるようです。東京美容外科の切開法は、デザインできる二重の種類が豊富なんですね。とはいえ「なりたい二重になれるから」という安易な理由で切開法を選ぶと、次のようなリスクもあるので注意しましょう。

一度、切開法を受けると、その後のやり直しは非常に困難です。

引用元:東京美容外科

埋没法のように、糸を外してやり直すことは難しいんですね。医師との入念なカウンセリングを経て、切開法を選ぶことが大切です◎

東京美容外科|【脱脂法】料金と施術法

脱脂法とは、まぶたの脂肪を取り除く施術のことです。東京美容外科では、

目の上の脂肪が多いことで、瞼の開きがわるい、朝むくみがちになるなど、見た目以上の問題も起こります。二重の線に合わせて針穴から脂肪を取ることで、傷跡も目立たず、翌日からメイクをすることが可能です。
カウンセリングで瞼の脂肪量、脱脂後のイメージなどを伺い、術後のデザインを相談させていただきます。

引用元:東京美容外科

と、脱脂法について記載しています。まぶたの厚ぼったさが気になる人は、脱脂法についてもカウンセリングで相談してみると良いかもしれませんね。

脱脂法にもダウンタイムがあり、東京美容外科では

平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。

引用元:東京美容外科

と、記載されています。術後はゆっくり休めるよう予定を空けておくと良いでしょう。

脱脂法の料金については以下の通りです。

施術名 料金
上まぶた切開 330,000円
上まぶたマイクロカット 220,000円
※全て税込
※全て両目での料金

脱脂法で全ての人が二重になるわけではない

脱脂法でまぶたの脂肪を取り除き、二重まぶたになれたら……と感じる人もいるかもしれませんね。しかし厚ぼったいまぶたをスッキリさせたからといって、必ずしも二重になれるわけではありません。

そもそも二重の構造について、東京美容外科では

二重というのは皮膚が内側に引きこまれている状態のことです。一方、一重の場合は皮膚が垂れ下がっています。目を開いた時にこの皮膚を引き込むことができるのが二重まぶたの特徴となっています。そして、これは上眼瞼挙筋の働きによります。
筋肉の働きによって皮膚が持ち上げられているため、一重の方はこの筋肉の働きが弱いということになります。
また、本来は二重なのに余分な脂肪がついていることによって一重となっているケースもあります。この場合は、マッサージをしたり、血行を良くすることによって、余分な脂肪を取り除くことができれば二重になる可能性はあります。

引用元:東京美容外科

と、解説しています。つまり上まぶたを引き上げる上眼瞼挙筋のはたらきがしっかりしていなければ、脱脂法をしても二重になるのは難しいといえるでしょう。

また、東京美容外科では、

まぶたの脂肪が多かったり、重たい目元の場合は、切開法と合わせてまぶたの脂肪取りを行います。

引用元:東京美容外科

と記載があるように、切開法や埋没法に脱脂法を組み合わせた施術が可能です。切開法や埋没法で二重の仕組みを作り、さらに脱脂法でまぶたの脂肪をスッキリさせるんですね。

カウンセリングでは、まぶたの様子を見ながらどのような施術法の組み合わせが合っているのかを教えてもらえますよ♪

東京美容外科の二重整形|経過とダウンタイム

二重整形では、施術後の腫れなど「ダウンタイム」が生じます。東京美容外科では、ダウンタイムについて以下のように説明しています。

目元の手術後に、患部の違和感や腫れ、傷痕などの症状が残る期間をダウンタイムといいますが、これは手術の際に生じたダメージが回復する自然な過程です。

引用元:東京美容外科

ダウンタイムには個人差があります。また、クリニックによってダウンタイムに対する主張が異なる場合もありますよ。東京美容外科の場合は、

目元の手術は、美容整形手術の中で比較的弱い違和感を伴いますが、数日内にはほぼ治まります。

引用元:東京美容外科

と、解説しています。

ここでは、施術法ごとにどんな経過をたどるのか、そしてダウンタイムについてどのような説明がされているのかを紹介します。

埋没法の経過とダウンタイム

まぶたにメスを入れない埋没法は、プチ整形のひとつ。手軽にできるように見えますが、リスクやダウンタイムの経過についてしっかり確認しておくことが大切です。

まず、東京美容外科では埋没法のリスクについて、

・まれに術前のまぶたの状態に戻ることがある
・あくまでも自然な整形なので、はっきりとした二重にならないことも

引用元:東京美容外科

という点を挙げています。「ずっと二重のまま」とは言い切れないのです。

そして、ダウンタイムについては以下のような注意点を挙げています。

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。
・平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
・内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。

引用元:東京美容外科

さらに腫れの程度に関しては、

腫れはほとんどありません。夜泣いた後の翌日程度の腫れですので、周りに気付かれることも無いでしょう。また2日後には腫れも引き、鮮やかな目元になるでしょう。

引用元:東京美容外科

と、解説しています。

ただし、腫れ方やダウンタイムの経過には個人差があります。必ずしも自分がこの説明に当てはまるとは限らないので注意しましょう。

切開法の経過とダウンタイム

切開法はまぶたにメスを入れる二重整形で、埋没法に比べるとダウンタイムが長いという特徴があります。そして施術の5日~1週間後に抜糸が必要になります。メイクについてですが、

お化粧は、抜糸の翌日から可能です。

引用元:東京美容外科

と、記載がありました。

施術後の腫れについて、東京美容外科では

一般的な二重の幅であれば、大きな腫れは1週間~10日程度で引きます。会社や学校のお休みは、1週間程度でいいでしょう。その後、完全に腫れが引くまでに半年程度かかりますが、お化粧をしていただけば普段の生活には差し支えありません。

引用元:東京美容外科

と、解説しています。施術後はしっかり休めるよう、スケジュール調整をしておくと良いかもしれませんね。

また注意点としては埋没法と同様に、

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。
・平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
・内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。

引用元:東京美容外科

と、紹介されています。

そして施術後の過ごし方として、

血圧が上がると腫れが出てきますので、長時間の入浴・サウナ・アルコールの摂取はできるだけ抑えて頂きたいです。また、目をゴシゴシ擦るなどの負荷は仕上がりに影響しますので、控えてください。

引用元:東京美容外科

と、記載されていました。目元をこする癖のある人は注意しなければいけませんね。

脱脂法の経過とダウンタイム

脱脂法にも、埋没法や切開法と同様にダウンタイムがあります。東京美容外科では、脱脂法のダウンタイムについて以下のように記載しています。

まぶたの脂肪吸引は、切開せずに行えるため、ダウンタイムも短く、施術後は翌日から化粧をすることができます。二重の線の部分に穴を開けるため、術後の跡も目立たず、スッキリとした自然な二重まぶたを手に入れられることが魅力です。

引用元:東京美容外科

つまり、切開法に比べるとダウンタイムが短い施術法なんですね。ちなみに傷跡については、

傷跡は小さく数ミリ程度になります。
はじめのうちは赤みがありますが、徐々に目立たなくなりますのでご安心ください。

引用元:東京美容外科

と、記載がありました。

注意点に関しては埋没法・切開法と同様に、

術後の清潔、安静を保つため、以下の注意事項をお守りください。
・平均的な腫れの期間は埋没の場合3日程度です。目立たない腫れは1~2週間かけ徐々に引いていきますのでご安心ください。
・内出血が出た場合、青紫色から黄色に変化し体内へ吸収され2週間程で徐々に肌色へ戻っていきます。

引用元:東京美容外科

と、記載されています。

ダウンタイムが短いとはいえ、腫れや内出血、違和感などが起きる可能性があります。個人差はありますが、術後はリラックスして過ごせるよう気を付けたいですね。

二重整形のリスクと気を付けること

「パッチリとした目にしたいから」と、二重整形をする人は少なくありません。特に埋没法は「プチ整形」と呼ばれており、やってみたいと感じている人も多いでしょう。

しかし、二重整形にはリスクが伴います。安易な気持ちで決断せず、じっくりとカウンセリングで医師の話を聞き、リスクとも向き合うことが大切です。

ここでは、二重整形のリスクと気を付けることを紹介します。

再施術はいつからできる?

糸を留めるだけの埋没法は「糸を外せばいつでもやり直せる」と感じている人もいるでしょう。しかし、いつでも再施術を受けられるわけではありません。

東京美容外科では再施術について、

再手術の時期は、傷が落ち着く6ヶ月以降が望ましいですが、比較的単純な場合、または感染・炎症などがある場合は、早期に手術を行うことで悪化を防ぐこともあります。

引用元:東京美容外科

と、説明しています。早期に施術をする理由がない限りは、6カ月以降の再施術が推奨されているんです。その理由は以下のように説明されています。

手術後2~3週の間に炎症細胞と肉芽組織が活発に増え、傷の回復を促す修復作用が起きます。
しかし、最初の修復作用が終了すると皮膚や筋肉が新しい組織を形成するため、それを再び剥離するのは容易ではありません。
そのため、再手術は皮膚組織や筋膜など全てが新しく形成される6ヶ月以降が望ましいのです。

引用元:東京美容外科

二重整形の傷跡が落ち着き、時間を置いてからでなければ、再施術は難しいんですね。

つまり「いつでもやり直せるから」と気軽に二重整形するのではなく、事前にしっかり理想のデザインを決めて施術してもらうことが大事です。医師との念入りなカウンセリングで、要望をしっかり伝えられるよう心がけましょう。

二重整形で 起こりうる副作用って?

二重整形では、施術によって起こるかもしれない副作用についても理解しておく必要があります。東京美容外科では、

手術の際の過度な皮膚切開によって、手術後瞼が垂れてくる退縮現象と、瞼が外側にめくれてくる眼瞼外反症が発生することがあります。

引用元:東京美容外科

と、副作用のリスクを挙げています。これらの副作用について、東京美容外科では

退縮および眼瞼外反症は回復の過程で現れる一時的な症状であり、適切な手術法で事前に予防することができます。
しかし手術後6ヶ月が経過しても改善しない場合は再手術で修正します。

引用元:東京美容外科

と、説明しています。また、

目元の手術後、患部に触れてしまったり、手術部位が清潔に保たれないと炎症が発生することがあります。

引用元:東京美容外科

と、炎症のリスクも指摘しています。

さらに副作用だけではなく、以下のような合併症のリスクも考えられます。

全ての外科的な手術には様々な合併症のリスクが伴います。
目元の手術も当然、出血過多、血腫、炎症反応などの症状が発生するリスクはあります。

引用元:東京美容外科

これらの二重整形のリスクに関して、東京美容外科では

これらのリスクは、ドクターの技術と経験により十分に予防と対処が可能です。
東京美容外科では、経験豊富なドクターが副作用や合併症のリスクを避けて、患者様に満足いただける二重や目元の手術を行うべく、日々技術向上に励んでおります。

引用元:東京美容外科

と、記載しています。

とはいえ副作用や合併症のリスクに関しては十分に理解しておく必要があります。二重整形を検討する際は、ぜひリスクとも向き合うようにしましょう。

留める数は多ければ良いわけじゃない?

埋没法の糸を留める数に関して東京美容外科では、

当院では、3点留めの患者さまが多いですが、糸の強度は1点留めに比べ3倍になります。

引用元:東京美容外科

と、説明していました。実際に、埋没法の施術法では「多点留め」の施術も採用されています。また前述の通り、糸の留め数を1~4点まで選べる施術法もあります。

しかし、丈夫になるからといって糸をたくさん留めればいいかといえば、そういうわけではありません。

通常の埋没法の場合、人によっては複数本の糸を使って二重のラインに点止めする必要があるため、腫れや内出血が起こりやすくなるのが特徴です。
糸の本数は少ないほど、腫れや内出血のリスクを軽減できるので、極力糸の本数を減らした施術が望ましいのです。

引用元:東京美容外科

このように、糸の本数が増えるほどリスクが高まるんです。一般的には留め数を増やせば強度が増すといわれていますが、そのぶん注意する必要もあることを覚えておきましょう。

カウンセリングの内容と流れについて

二重整形を受ける前に、医師と入念なカウンセリングを行うことが大切です。

東京美容外科では、電話もしくはメール、LINEでカウンセリングの予約ができます。「ただ気になることを聞きたいだけ」という場合は、電話や問い合わせフォームで質問することも可能です。

カウンセリングでは医師がしっかり要望を聞いてくれ、その上で施術内容について説明してくれます。施術部位を見ながらの術後シミュレーションもしてくれるので、どんな仕上がりになるのかをイメージすることもできますよ♪

ただし、カウンセリングを受けるにあたって注意したいこともあります。ここでは、心がけたいポイントについて紹介します。

カウンセリングを受けるにあたって

二重整形をするとき「こんな二重になりたい!」という理想をしっかり決めておく必要があります。しかし自分の理想とする二重が、必ずしも自分に似合うとは限りません。

東京美容外科では、目元の整形に関して

目の大きさや形の不満により目元の手術を計画する際には、単純に二重の大きさや形を決めるだけではなく、顔全体の黄金比率を考慮して、どんな手術が必要かよく検討し、患者様の状況に応じて適した手術アプローチを決めなければなりません。

引用元:東京美容外科

このように、「黄金比」の必要性を語っています。自分の顔の黄金比を把握した上で、「自分に合う二重のデザイン」「適した施術法」が見つけられるんですね。

そのため、カウンセリングではまず自分の理想を伝え、実現可能かどうかを医師に相談することが重要です。そして、自分の顔に似合うデザインなのかをしっかり見てもらった上で検討するようにしましょう!

東京美容外科|先生一覧

麻生泰医師(赤坂院院長)
藤林万里子医師(東京銀座院院長)
川路智子医師(大阪梅田院院長)
木村幸志伊医師(名古屋院院長)
冨田壮一医師(福岡院院長)

東京美容外科|基本情報

ここからは、東京美容外科の基本情報を紹介します。

東京美容外科では、今回紹介した二重整形のほかにもさまざまな美容整形を行っています。

『一度メスを入れた患者さまは、 一生涯私どもの患者さま』だと考えております。

引用元:東京美容外科

というモットーを掲げ、美容整形を考えている人の気持ちに寄り添ってくれる美容整形外科です。プランによっては保証が用意されているので、内容についてしっかり確認しておきましょう♪

ほかにも支払い方法や、クリニックの営業時間についてまとめて解説します。

最施術の保証期間について

東京美容外科では、プランによって保証を用意しています。たとえば埋没二重スタンダードだと、3点留め以上で1年保証が付いていますよ。埋没二重プレミアムなら、保証期間に縛りはありません。

保証期間の間であれば、糸の留め直しを回数制限なしで行ってもらえます。ただし契約した当時の点数内のみで、留め数を増やす場合は別途料金がかかるので注意しましょう。また、まぶたの状態によっては医師が「施術できない」と判断する場合があります。

東京美容外科では、施術料金に施術後のアフターケア代が含まれています。もし施術後に不安を感じた場合でもしっかり対応してもらえることがわかりますね◎

支払い方法について

東京美容外科で採用している支払い方法は「現金一括・医療分割・デビットカード・クレジットカード・コード決済(PayPay)」です。ただし、コード決済は一部のクリニックで使用できないので注意しましょう。

使用できるクレジットカードの種類は多岐にわたります。自分の都合に合わせて、支払いやすい方法を選ぶことができますよ。

支払い方法について不安がある際は、電話やメールであらかじめ相談できます。気になることがある場合は、ぜひ相談しておきましょう◎

クリニック情報

東京美容外科は、日本国内をはじめ中国や韓国など、海外にも展開しているクリニックです。

診療時間は10:00~19:00で、フリーダイヤルからの電話相談は9:00~21:00で対応してもらえます。ちなみにフリーダイヤルは年中無休でかけられますよ。

また、直接クリニックに足を運ばずとも相談できるWebカウンセリングも用意されています。クリニックが遠かったり、忙しくてなかなかカウンセリングの時間が取れない場合に助かりますね。

まとめ

東京美容外科では、二重整形の施術法として埋没法と切開法、さらに脱脂法を用意しています。

自分のまぶたの状態や理想の二重のデザインによって適する施術法は異なるので、カウンセリングでしっかり医師に診てもらうことが大切です◎

二重整形の種類はさまざまですが、それぞれリスクも伴います。施術のリスクをよく理解した上で、二重整形を検討するようにしましょう。気になる悩みや施術法に関しての相談など、カウンセリングでじっくり相談してみてくださいね!

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

TCB東京中央美容外科の二重整形|施術法やリスクも徹底解説!

TCB東京中央美容外科の二重整形|施術法やリスクも徹底解説!

「理想の二重を手に入れたい」「パッチリとした目元にしたい」 そう考え、TCB東京...

品川美容外科の二重整形|施術法の違いやリスクも徹底解説!

品川美容外科の二重整形|施術法の違いやリスクも徹底解説!

二重整形に興味がある人の中には、品川美容外科を検討している人もいるのではないでしょ...

東京イセアクリニックの二重整形|施術内容から術後の注意点まで徹底解説!

東京イセアクリニックの二重整形|施術内容から術後の注意点まで徹底解説!

インスタグラムでも数多くの症例を紹介している東京イセアクリニック。 そこでこの記...

二重整形の埋没法|仕組みや細かい料金設定まで徹底解説!

二重整形の埋没法|仕組みや細かい料金設定まで徹底解説!

埋没法の二重整形は、メスを使わずにできるプチ整形です。印象を変えるために、チャレン...