C CHANNEL

言語選択

話題のワード

トップ 特集記事 美容医療 二重と奥二重の違いって何?ぱっちり二重になる方法をチェック!

=二重と奥二重の違いって何?ぱっちり二重になる方法をチェック!

美容医療 更新:2021/11/01

二重と奥二重の違いって何?ぱっちり二重になる方法をチェック!

C CHANNEL編集部akane C Channelの運営スタッフです!コスメもファッションもネイルも海外旅行も大好き。気になったら調べまくっちゃうタイプで、徹底的に調べてから買い物をする面倒くさい20代後半・・・今は脱毛にハマり中。ためになる情報が発信できればうれしいです♡

目次

二重と奥二重の違い|ポイントは二重のラインが隠れているかどうか!

まずは二重と奥二重の違いから見ていきましょう。

一重と二重の違いについては、まぶたの縁の上に二重のラインがあるかないかなので、一見してわかりやすいかもしれません。

では、二重と奥二重の違いは何なのでしょうか?

奥二重とはその名前の通り「二重のラインが奥に隠れてしまっている目元」のことを指します。たとえば二重のラインはあるけれど、幅が狭いため一見すると一重に見えてしまうといった目元の場合、奥二重ということになりますね!二重との違いは二重幅の広さや、二重のラインがはっきり見えるかどうか、というところにあるといえるでしょう。

二重にも種類があるって知ってた?〜平行型・末広型・奥二重〜

さて、二重と奥二重の違いはわかりましたが、二重にも種類があるのは知っていますか?平行型や末広型など、聞いたことがある人もいるかもしれません。

まずは末広型ですが、目頭の部分が二重のラインとつながっていて、目尻側に向かって二重幅が広がっているようなタイプの二重のことを指します。

この末広型は日本人に一番多い二重のタイプとのこと。ナチュラルにぱっちりとした目元で、日本人の顔に合っている二重といえるかもしれませんね。

次に平行型ですが、目頭の部分と二重のラインの始まりが離れている状態でスタートし、そのまま平行に二重幅があるようなタイプの二重のことを指します。

こちらの二重は西洋人のような大きくぱっちりとした形が特徴です。クリっとした、華やかな印象の二重といえますね。

最後に奥二重ですが、前述の通りまぶたの奥に二重が隠れてしまっているので、一見すると一重のように見えるかもしれません。しかし、二重のライン自体は存在しているので、一重に比べると目元はぱっちりして見える傾向があるようです。

外からは見えにくくても、二重のラインはあるので、奥二重も二重のひとつといえるでしょう。

二重のラインがポイント!奥二重の見分け方

二重にもいろいろと種類があるということがわかりましたね。では、奥二重を見分ける上でのポイントはどこなのでしょうか?

先ほども触れたように「見えなくても、二重のライン自体はある」というところがポイントとなってきます。

見分け方としては、「まつげのキワのところに上まぶたがかぶさっているか」という点があります。また、まぶたを少し押し上げてみて、内側に二重のラインがある場合も奥二重といえるでしょう。

これらを聞いて、「自分は一重まぶただと思っていたけれど、実は奥二重だった!」という人もいるかもしれませんね。

奥二重は、ラインの幅の広さや外から見えるかどうかにかかわらず、「まぶたの二重ラインの有無」が見分けるポイントといえそうです!

まぶたの仕組みを解説!二重と奥二重は構造が違う

上の説明で、奥二重にも二重のラインそのものはある、ということがわかりましたね!しかし、なぜ奥二重の目元は二重のラインがあるのにその幅が狭くなったり、一重に見えてしまう状態になるのでしょうか?

そこを知るために、二重と奥二重の構造の違いについて詳しく見ていきましょう!

二重になれる理由はまぶたの筋肉と皮膚の関係にあった!

そもそも、一重と二重はどのような仕組みになっているのでしょうか?それにはまぶたの筋肉と皮膚が関係してくるようです。

簡単に説明すると、目を開くときに、まぶたを持ち上げる筋肉が、硬い板のような「瞼板」という組織に1箇所でつながっているのが一重まぶた。一方、筋肉が枝分かれして「瞼板」と皮膚の2箇所でつながっているのが二重まぶた、ということなんですね。

この皮膚につながっているところが目を開けるときに奥に引き込まれて、二重のラインができるようになります。

奥二重になっているのはラインの狭さや脂肪の多さが原因

つづいて奥二重のまぶたの構造についてですが、奥二重も二重の一種といえるので、基本的にはどちらのまぶたも同じ構造といえます。

ただし、まぶたの脂肪量が多いと二重のラインが奥に隠れてしまったり、枝分かれした筋肉がつながっている皮膚の位置によって二重幅が極端に狭くなることがあります。そういった場合、二重のラインに上まぶたがかぶさる形となり、奥二重になるということですね。

仕組みとしては同じ二重と奥二重。違いが出てくる理由は、ライン幅の狭さや脂肪の多さにあるといえるでしょう。

奥二重からぱっちり二重になるには?3つの方法を検証!

では、奥二重からぱっちりとした二重になるにはどのような方法があるのでしょうか?

一般的に目元をぱっちりさせるための方法として、アイメイクやマッサージなどが挙げられます。それぞれどのようにして目元をぱっちりとさせるのでしょうか?そして、奥二重の目元を二重にすることは可能なのでしょうか?

それ以外の方法についても調べたので、あわせて見ていきましょう!

1. アイプチ

アイメイクのひとつであるアイプチ。二重のりと呼ばれる専用ののりをまぶたに塗って、二重のラインを作るアイテムです。二重まぶたに憧れる女性にとってはポピュラーなものかもしれませんね。

こちらのアイプチですが、奥二重の場合、作りたい二重のラインとは違うところにすでに二重のラインがあるため、キレイな二重のラインを作るには少しコツがいるようです。もともとのラインは無視して、そのラインより少し上にラインを作ることがポイントです。

ただし、目元の皮膚は薄くて繊細。アイプチを多用していると、思わぬ皮膚トラブルやたるみが生じてしまう可能性があります。また、アイプチとってしまうと作った二重のラインも消えてしまう、というところもネックかもしれません。

2. マッサージ

では、マッサージで奥二重を二重にすることはできるのでしょうか?

上で触れたように、奥二重はまぶたの構造としては二重まぶたと同じ仕組みになっているといえます。その上で、まぶたの脂肪が多かったり、目元がむくんでいる場合、マッサージでまぶたの重みをスッキリさせることで、目元をぱっちりと見せられる場合もあるんですね!

ただし先ほども触れたように、目元の皮膚はとても薄くて繊細なので、マッサージのやり方や力加減には注意したほうが良さそうです。

3. 二重整形

アイプチやマッサージなどのセルフケア以外で奥二重を二重にする方法として、二重整形が挙げられます。

美容外科や美容皮膚科などで行われている二重整形。ポピュラーになってきたこの方法は、自由診療で行われます。二重整形で奥二重を二重にできるの?という人もいるかもしれませんが、

美容専門のクリニックにて、二重の整形を行っている所が多いですが、この施術の対象は一重の方だけに限らず、奥二重の方や、二重をもっと良い状態にしたいと思う方なども含まれます。

そのため、奥二重の方でも二重にする施術を受けることができると言えるでしょう。

奥二重の方の主な悩みとして、二重特有のくっきりとしたラインが出づらく、おとなしい地印象を与えてしまうことなどが挙げられます。

二重整形を行うことで、よりぱっちりとした華やかな目元を手に入れることが可能になると言えるでしょう。

とあるように、一重まぶたの人だけでなく、奥二重の人も二重整形でぱっちりとした二重にすることができるんですね!二重にする方法として、選択肢のひとつになりそうです。

二重整形で奥二重から二重にするには?埋没法や切開法をチェック!

奥二重の人でも、二重整形で二重まぶたにできるということがわかりましたね!「でも、どうやって二重にするの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。

ここからは、奥二重の人に適している二重整形の施術法や、それぞれの施術内容の違いについて詳しく見ていきましょう!

二重整形には埋没法と切開法がある

まずは二重整形の施術法についてです。主な方法としては、メスを使わずに針と糸で二重を作る埋没法と、メスで切開して二重を作る切開法の2種類があります。

埋没法は糸をまぶたに埋め込むだけの手軽な施術なので、ダウンタイムが7日以内と比較的短いです。

切開法はまぶたを数cm切開して二重の形をつくるため、ダウンタイムが7日から30日と長くなっていますが、その分安定した二重を手に入れることができます。

とあるように、それぞれにメリット・デメリットがあり、ダウンタイムの期間にも差があるので、自分に合っている方法をしっかり検討したいですね!

そして施術を検討する場合、施術の料金も気になるところ。金額はクリニックによって変わってきますが、参考として料金相場を紹介します。

料金は、クリニックによってかなりの幅があり、また個人の目の状態によって施術も違ってきます。そのため、一概にいえませんが、一般的な料金は次のようになります。

○埋没法:スタンダードな施術だと、両目で5~10万円前後が目安です。もちがよく取れにくい方法では、15~18万円前後になる場合もあります。

○切開法:ミニ切開法・全切開法とも、両目で10万円前後から。施術範囲によって料金は異なり、個人差があります。

引用元:品川美容外科

二重まぶたの整形費用の相場は、二重整形の施術法によって異なります。

まず、プチ整形と呼ばれる「埋没法」の方が比較的安価で、5万~10万円程度が相場だといわれています。

一方、メスを入れる「切開法」の方は若干高めで、20~30万円程度が相場となります。

金額については、複数のクリニックで比較検討すると良いでしょう。

まぶたが重いならまぶたの脂肪取りも選択肢のひとつ

まぶたが奥二重になる原因のひとつとして、まぶたの脂肪量が多いことが理由として挙げられます。その場合、まぶたの脂肪取りが有効な場合もあるようです。

日本人は、もともとまぶたの皮膚が厚く、皮下脂肪が多いのが特徴です。そのためまぶたが腫れぼったく見え、一重まぶたや奥二重になりがちです。

まぶたの脂肪はお腹の脂肪とは違いますので何らかのエクササイズで取れることはありません。上まぶたの脂肪を減らして腫れぼったさのないまぶたにするためには脂肪(眼窩脂肪)を取るのが有効です。

まぶたの脂肪を除去することで腫れぼったさを改善することができるようですね。脂肪取りの方法としては、

まぶたを切開せずに小さな穴(2mm程度)を空けて脂肪を取るので、腫れや内出血はほとんど起こさないことがメリットです。

とあり、傷は切開法に比べて小さなものになるとのこと。奥二重の腫れぼったさが気になる……という人は、こちらの施術を検討してみてもいいかもしれませんね!

二重整形を検討するならリスクも要チェック!

ここまで、奥二重を二重にする方法として二重整形を見てきましたが、二重整形を検討する場合にはリスクをしっかり確認することも大切です。

たとえば埋没法の場合、

上まぶたを糸で止めてまぶたに二重のラインを作る簡単な施術なので、数年で一重まぶたに後戻りしてしまうリスクがあります。

というように、糸が取れたり緩んだりした場合に、二重のラインがもとに戻ってしまうといったリスクが考えられます。

そして切開法に関しては、

切開法はまぶたを数cm切開して二重の形をつくるため、ダウンタイムが7日から30日と長くなっていますが、その分安定した二重を手に入れることができます。

ただ、半永久的に二重まぶたにできるのは魅力ですが、逆に言えば元に戻すのが難しいというデメリットがあります。

とあるように、二重を半永久的にキープできる反面、もとに戻したりやり直すことは難しいとのこと。また、メスを使う施術なので埋没法に比べてダウンタイムが長くなってしまう傾向があります。

まとめ

日本人に多いといわれる奥二重。奥二重から二重にするには、いろいろな方法があることがわかりましたね!確実に二重にする方法としては、二重整形を検討してみてもいいかもしれません。

二重整形の施術を受ける場合は、メリットだけでなくデメリットやリスクも確認しておきたいですね。そのためには一度カウンセリングを受けてみると良いでしょう。自分に合った施術法や疑問点についてドクターに相談しておくと安心です。

奥二重が気になる……という人は、ぜひ今回挙げたセルフケアを試してみたり、二重整形について検討してみてくださいね♪

この特集のキーワード

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事

奥二重からくっきり二重にする方法・一重から奥二重にする方法|注意点もしっかり解説!

奥二重からくっきり二重にする方法・一重から奥二重にする方法|注意点もしっかり解説!

二重整形を考える人の中には、奥二重の幅を広げたい人、一重から奥二重にしたい人など、...

二重幅は広いのと狭いのどっちがいいの?|メリットとデメリットをチェック!

二重幅は広いのと狭いのどっちがいいの?|メリットとデメリットをチェック!

奥二重や広めの二重幅など、人によって異なる二重幅。「友人にはうらやましいと言われる...

三重まぶたは二重整形で治せる?施術法や料金をまとめてチェック!

三重まぶたは二重整形で治せる?施術法や料金をまとめてチェック!

三重まぶたが気になって、整形で修正したいと考えていませんか?老けて見られやすい三重...

二重整形の永久保証って?内容とやり直しのリスクもしっかりとチェック!

二重整形の永久保証って?内容とやり直しのリスクもしっかりとチェック!

二重整形を検討している人の中には、保証制度について気になっている人もいるかもしれま...