特集

【特集】 にじまないアイラインの引き方をマスターしよう!

【特集】 にじまないアイラインの引き方をマスターしよう!

アイラインを引くと、目元が一気に華やかな印象になりますよね。しかし、目元は涙が溜まってしまうためラインを引くと、にじんでしまったり、ぼやけてしまったり……。パンダ目になりたくないから、アイラインを引きたくない!なんて人も多いのでは?
そこで今回は、アイラインを落ちにくくするメイク術をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください♪

泣いてもにじまないアイラインの引き方!

まずご紹介するのは、泣いてもにじみにくい、汗水に強いアイラインの引き方です。いつものラインメイクに一工夫を加えるだけで簡単にできますよ♪

1.ジェルアイライナーを引く

まずはブラウンのジェルタイプのアイライナーで、薄くアイラインを引いていきます。今回は目尻は少し長めに、タレ目を意識して引きます。目のキワには塗らないようにするとパンダ目になるのを防ぐことができます♪

2.リキッドアイライナーを細く重ねる

先ほど引いたジェルアイライナーの上にリキッドアイライナーを重ねます。こちらも目のキワには入れなくてOK。薄めに、そして細めに引いてください!

目のキワが目立ってしまわないように、ラインは全体的に薄く引いていくのがポイントです。とっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【アイメイク】夏のヨレない! アイライナーを引く方法

落ちにくいインライナーでデカ目を作るコツ!

インライナーとは、まつげのキワに入れるアイラインのことです。インラインは、デカ目効果抜群のメイク術なのですが、まつげのキワは涙が溜まりやすく、ラインがにじみやすい箇所なので引き方がとっても難しいんです。今回は、そんなインラインをにじませないとっておきのテクニックをご紹介します!

1.ブラックのリキッドでインラインを引く

まずは、ブラックのリキッドアイライナーをまつげのキワに引いていきます。まつげの間を塗りつぶすイメージで引いてくださいね♪

2.ブラウンのジェルで隙間を埋める

先ほど引いたリキッドアイライナーに、ブラウンのジェルアイライナーを重ねます。リキッドでは埋めきれなかった隙間をジェルで埋めるイメージで引いてくださいね。

3.ブラックのリキッドではね上げラインを引く

最後に、目尻に先ほどのリキッドアイライナーで跳ねあげラインを入れます。これをすることで、一気にデカ目になれるんです♡

インライナーはとってもにじみやすく、パンダ目の原因になってしまいがち。ぜひ、これを参考ににじみにくいインラインをマスターしてくださいね♪

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

デカ目効果抜群!!落ちにくいアイライナーの引き方!

【おまけ】アイライナーコートでにじみ防止!

パンダ目を防ぐ!アイライナーコート

最後に、塗るだけでアイライナーのにじみを防止する優秀なアイテム「メイクキープアイラインコート」をご紹介します。
こちらは、アイライナーの上に重ねて塗るだけ!コットンでこすっても落ちないくらい、アイラインを強力にキープしてくれるんです。1000円以下でとってもリーズナブル。ぜひ手に入れて欲しい優秀アイテムです。

【メイク】他の記事もチェック!

【特集】 2017年春夏トレンドメイクまとめ!今ドキ顔をゲットしよう

【特集】 美人のメイク手順を徹底解説!あっという間にアナタもメイク上手に

【特集】 泣き顔メイクでモテを狙おう♡王道やり方特集

【特集】 おすすめプチプラコスメはやっぱり〇〇!フルメイクが完成する優秀アイテム16選

【特集】 女子に人気なメイクブランド♡これを持っていればハズさない!

まとめ

アイラインは目元を華やかにしてくれる優秀コスメです。しかし、目元は涙が溜まりやすいため、にじんだり、ぼやけたり……。とっても崩れてしまいやすいやすいですよね。
そこで今回は、そんな落ちてしまいやすいアイラインをキープするとっておきのメイクテクをご紹介しました。アイラインの引き方には、様々なものがありますが、ご紹介したテクは臨機応変に対応できるものなので、ぜひ普段のメイクにプラスしてみてくださいね♪

C CHANNELではこの他にも女の子の知りたい情報をたくさんご紹介しています。アプリを使えば検索がとっても簡単になりますよ。無料なのでぜひダウンロードしてみてくださいね!

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事