C Channel
動画をまとめてチェックC CHANNELアプリ

【特集】  正しいメイク手順を基本から徹底解説!これであなたもメイク美人

メイク

正しいメイク手順を基本から徹底解説!これであなたもメイク美人

まとめ編集部 kyoko

【ナチュラルメイク】ベースメイクの基本

再生

まずはベースメイクの基本から。美人はいつだってキレイなメイクを保っていますよね。ということでここでは、ベースメイクの基本的な手順と崩れにくいメイクテクをご紹介します。

「朝はキレイだけど時間がたつとドロドロ……」なんてメイク崩れに悩まされていた方は必見!ちょっとした裏ワザを使うだけで、見違えるほどメイクもちが良くなるんです♪さっそくその裏ワザと手順を見ていきましょう。

【裏ワザ】スキンケアからメイクまで最低5分はあける

朝は忙しくて、スキンケア(化粧水+乳液)のあとすぐにベースメイクに入る、という方は多いのではないでしょうか。実はそれ、日中のメイク崩れを招いてしまう原因になってます!

スキンケアから下地までは、最低5分あけるようにしましょう。どうしても時間がない場合は、スキンケアのあと皮脂をティッシュオフしてください。

1.部分用化粧下地をテカりやすい場所に塗る

それではさっそくベースメイクに入りましょう。まずは部分用化粧下地を小鼻やTゾーンなどテカりやすいところにぬります。指に少量をとって少しずつ肌になじませていきましょう。

下地はくれぐれも、自分の肌色にあったものを選んでくださいね。わからない場合は、化粧品カウンターの美容部員さんに相談してみましょう!また、最近は日焼け止めやブルーライトカット効果がある下地が発売されているので、そういったものを購入してみるのもオススメです♪

【裏ワザ】パフに化粧水をしみこませる

下地を顔全体に伸ばす前に、ちょっとした裏ワザをパフに仕込みましょう!

乾いたパフに化粧水を少ししみこませてみて。こうすることで、パフと肌の摩擦を減らすことができます。

2.下地を顔全体に伸ばす

今度は下地をおでこや頬、あごにちょんちょんとおき、伸ばしていきます。伸ばす時は顔の中心から外側に向かって伸ばしていきましょう。

3.リキッドファンデーションを塗る

ファンデーションはパウダー、クッションなどさまざまなタイプがありますが、初心者さんにはリキッドがオススメ!するする伸びてくれて扱いやすい上、厚塗り感が出にくいのが特徴です。下地同様、こちらも自分の肌に合ったものを選びましょう。

手の甲に500円玉ほどの量をとり、化粧水をしみこませたパフですこしずつ顔全体に広げていってください。「伸ばす時は顔の中心から外側へ」という鉄則を忘れないで!薄ーく伸ばすのも大事なポイントですよ♪

【裏ワザ】目周りや小鼻はパフの使い方に工夫を!

くすみやすい目周りやヨレやすい小鼻、口角は特に注意して塗りましょう。パフやスポンジの角を使って、丁寧に塗り込んで。

同時に、これらのパーツは乾燥しやすい部位でもあります。スキンケアの際はしっかり基礎化粧品でケアしましょう!

4.クリームチークを仕込む

仕上げはパウダーで……と言いたいところですが、その前に頬にクリームチークを仕込みましょう。こうすることで、ほどよい血色感を出すことができます。また、あとから塗るパウダーチークの発色もよくなりますよ♪

「とことんナチュラルメイクがいい!」という方は、チークはこれだけで十分かもしれません。

5.パウダーをのせて完成

仕上げにパウダーをのせます。顔全体にパフでたくさんはたくのではなく、テカりやすいTゾーンやヨレやすい小鼻に少量をのせましょう。化粧崩れしやすい目周りも忘れずに♪

これで崩れないベースメイクの完成!ベースメイクがキレイだとパーツメイクがより引き立って見える上、気分も明るくなりますよね♪さっそく今日から実践してみてください。

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【ナチュラルメイク】アイブロウの基本

それではいよいよパーツメイクに挑戦していきましょう!まずは、アイブロウから。眉は顔全体の印象が決まる、とっても大切なパーツです。下がり気味にすれば困り顔に、シャープにすればキリリとした上品顔に仕上がります。

眉の形をカットで整えたら、アイブロウペンシルとパウダー、眉マスカラをご用意ください。さっそく手順をチェックしながら、一緒にやっていきましょう♪

1.眉尻の位置を決める

まずは眉尻の位置を決めましょう。眉尻は口角と目尻の延長線上にします。決まったら、目立たない点をペンシルで打っておきましょう。

2.ペンシルで眉を描き足す

眉山から眉尻まで、ペンシルで毛を描き足します。ペンシルは髪色にあったものを選びましょう。あとからパウダーとマスカラを重ねるので、くれぐれも濃くならないよう注意しましょう。ペンシルをタテに持つと描きやすくなりますよ♪
使用コスメ:KATE ラスティングデザインアイブロウ

3.パウダーでぼかす

ペンシルで描いた先ほどのラインをパウダーでぼかしていきます。最初に眉山から眉尻をぼかし、最後に眉頭を残ったパウダーで薄くぼかしましょう。また、使う筆は硬くてコシのあるものをオススメします。
使用コスメ:KATE デザイニングアイブロウ

4.ノーズシャドウを入れる

アイブロウついでにノーズシャドウを入れましょう。眉頭のパウダーをやわらかめの筆で少しずつぼかし、鼻筋に陰影をつけていってください。これで、奥行きのある顔だちになれますよ♪

5.眉マスカラを塗る

仕上げに眉マスカラを塗りましょう。こちらも髪色にあったものを選んでくださいね。毛流れとは逆向きに塗っていきます。眉頭は少しななめ上方向にマスカラを動かし、自然な立体感が出るようにしてください。
使用コスメ:THREE ニュアンスアイブロウマスカラ

これでアイブロウメイクは完成!美しい眉は美人の絶対条件。ぜひこのやり方をマスターしてくださいね!

*クリップ(動画)もチェックしよう♪

【コスメ紹介】眉メイクを便利にするアイテムはこれ!

CANMAKE ミックスアイブロウ

アイブロウはプチプラコスメで十分!キャンメイクから発売されている大人気のアイブロウパレットは、カラーをまぜて自分の眉に合う色が作れちゃうんです!

付属の筆はやわらかく、使い心地バツグン♡パレット自体小さいので、持ち運びにも便利です。

エクセル

アイブロウペンシルとパウダーが一体化したアイテムも♡ペンシルで大まかな形を描き、パウダーでぼかしましょう。高コスパ・高機能のアイブロウコスメですね♪1本持っておいて損はありません。

*眉のカット方法はこちらのクリップでチェックしてね!

【ナチュラルメイク】アイシャドウの基本

次はアイシャドウの塗り方です。アイシャドウの塗り方にも色々ありますが、今回は基本的な横グラデの塗り方をご紹介します♪ 目に近づくにつれて段々濃い色をのせることによって自然に目が大きく見えるのが横グラデの魅力。さっそく塗り方を見ていきましょう!

1.アイホールにベースカラーを塗る

まずアイホール全体に1番薄い色のベースカラーを塗っていきます。

2. アイホール半分までと目尻下ミディアムカラーを塗る

アイホール半分までと目尻下にミディアムカラーを塗ります。

3.目と目尻の際にダークカラーを塗ったら完成!

目と目尻の際にダークカラーを塗ったら、横グラデの完成です♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

【コスメ紹介!】持っておきたいトレンドアイシャドウはこれ!

CANMAKE パーフェクトマルチアイズ

プチプラコスメブランド「キャンメイク」からは、アイシャドウパレットもたくさん発売されています!こちらの3つのパレットは、ぜひこれからの季節に持っておきたいカラーがそろった優れもの!どの色も肌なじみがいいので、捨て色を出すことなく使えます。

【ナチュラルメイク】アイラインの基本

次はアイラインの基本的な引き方をご紹介します♪ アイラインを引くと目が大きく見えるし目ヂカラが出るのでメイクには必要不可欠。でも、ちょっとズレたり太く引いちゃうと不自然な目元になっちゃいます。そこで今回は、失敗しないアイラインの引き方を伝授しちゃいます♡

1.鏡を顔と垂直にして、鏡を見下ろす

1つ目のポイントは鏡を顔と垂直に、下に持って、鏡を見下ろすことです。こうすることでアイラインを引く目の際の部分が見えやすくなります♪ また、腕を机などの上に固定するとブレずにかきやすくなりますよ!

2.スタンプするようにかく

2つ目のポイントは、スタンプするように少しずつかくことです!一筆書きしようとするのが失敗の元。ちょっとずつかいていけば自然なアイラインがかけますよ♪

3. 目尻は下まぶたの延長線上にかいてから上のラインとつなげる

最後のポイントは、目尻は下まぶたの延長線上にかいてから上のラインとつなげることです。こうすることでバランスが良くなり、失敗しにくくなります!

*クリップ(動画)もチェックしよう!

【コスメ紹介】大人気の優秀アイライナーはこれ!

ラブライナー

数あるアイライナーの中でも「超優秀!」と高評価なのは「ラブライナー」。筆部分が細いので描きやすく、時間がたってもヨレません。メイク初心者さんにもオススメですよ♡

カラー展開が豊富なので、ぜひいろんなカラーを試してみてください!

SKINFOOD ミネラルラッシュアイライナー

「メイク初心者でリキッドライナーでアイラインを引くのが難しい!」「リキッドは修正が効かないからちょっと……」という方には、ペンシルタイプのアイライナーがオススメ!

こちらはスキンフードの「ミネラルラッシュアイライナー」。目元にヒットするよう設計された、独特のペン先が特徴です。くっきりした目を作るにはもってこいのアイテム!ペンシルなので、失敗してもぼかしてごまかせるのが嬉しいですね♡

【ナチュラルメイク】色々なチークの入れ方

お次はチークです。チークの入れ方によって顔の雰囲気がガラッと変わるって知ってましたか?丸くいれるとかわいらしい印象に、頬骨に沿って入れるとキリッとした大人な印象になれるんです♪ そこで今回は基本的な3種類のチークの入れ方をご紹介します。なりたい雰囲気に合わせてぜひ真似してみてくださいね♡

1.丸チークでキュートな印象に♡

頬の高い位置に丸く入れるとキュートな印象になれます♡

2.頬骨チークで大人っぽく

頬骨の高いところに沿ってチークを入れるとグッと大人っぽい雰囲気に。またチークを入れることで顔にメリハリが出て立体的な小顔にも見えるから一石二鳥です♪

3.目の下チークでおフェロ女子に♡

目の下ぎりぎりにチークを入れることで色っぽい雰囲気に♡ 男ウケ間違いなしのおフェロ顔になれちゃいますよ♪

*クリップ(動画)もチェックしよう!

【コスメ紹介】大人気のチークはこれ!

CANMAKE パウダーチークス

キャンメイクから発売されている「パウダーチークス」シリーズは、とっても優秀で超コスパよし!こちらではどなたでもなじみやすいピンク系のお色をご紹介しています。ひとり1個持ちは絶対ですよ♡ぜひチェックしてみてくださいね。

【ナチュラルメイク】ハイライト&シェーディングの基本

顔を立体的にみせてくれるハイライトとシェーディング。でも、入れる場所がわからないし難しそう…と思っている方も多いのでは?そこで今回は基本的なハイライトとシェーディングの入れ方をご紹介します♪さっそくチェックしてみましょう!

1.顎の輪郭、頬骨下、生え際に「3」を書くようにシェーディングを入れる

まず、顎の輪郭、頬骨下、生え際に数字の「3」を書くようにシェーディングを入れます。リキッドタイプのシェーディングを使うのがおすすめ!(今回のクリップで使用しているのは【ロレアルパリ ルーセントマジック スカルプティングデザイナー 03】です。)

2.顎に逆三角形をかく

顎に逆三角形をかいてとがった顎を演出します。

3.指の腹でしっかりぼかしたらスポンジで外から内に広げる

指の腹でしっかりとぼかした後、スポンジで顔の外側から内側にぼかしていきます。

4. 鼻筋や顎先はパウダーシェーディングで仕上げる

鼻筋や顎先はパウダータイプのシェーディングで仕上げていきます♪(今回のクリップで使用しているのは【アディクション ザ ブラッシュ 004 】です。)

5. 鼻筋、顎先、頬骨の上、眉下にハイライトをのせたら完成!

鼻筋、顎先、頬骨の上、眉下にハイライトをのせたら完成です♪(今回のクリップで使用しているのは【CANAMAKE クリームハイライター 02 ルミナスアクア】です。)

*クリップ(動画)もチェックしよう!

【ナチュラルメイク】おすすめリップアイテム

仕上げはリップメイク♪ 今回はナチュラルメイクにぴったりで、手が届きやすいプチプラのリップアイテムをピックアップしました!どれも大人気のアイテムなのでぜひ参考にしてみてくださいね♡

CANMAKE ステイオンバームルージュ03

ティントタイプなので色持ちもよく、保湿効果も高いのでリップクリームいらず!透け感があるレッドでどんな肌にも馴染みやすい♪ コスパも最高なので試さない手はないですよ。ぜひ手にとってみてください♪

フローフシ リップトリートメント

唇の温度をコントロールしてくれ、血色感のある美しい唇に導いてくれるリップケアアイテム。もちろんグロスとしても使えるのでとっても便利♪

【ナチュラルメイク】他の記事もチェック!

まとめ

洗顔やベースメイクに始まり、パーツごとのメイクまで、基本の手順をご紹介しました。いかがでしたか?動画で確認するととても分かりやすいので、クリップをチェックしていない方は見てみてくださいね。キレイなメイクに特別なテクニックは必要ありません。基本をしっかりマスターして、美しい女性になりましょう♪

C CHANNELでは、たくさんのメイク動画を扱っているので、ぜひ他のクリップも参考にしてください♪アプリをダウンロードすると、サクサク動画を見ることが出来るのでおすすめです。

関連まとめ記事

この記事を見た人におすすめの動画まとめ記事