MENU

1日でくっきりとした二重になる方法はなにがある?リスクもしっかり確認しよう!

「1日だけ二重になりたい」「1日で二重になれる整形ってどんな仕組みなの?」など、二重に関して疑問を抱いている人もいるでしょう。

また、二重整形について調べていても「ダウンタイムに時間がかかりそう……」など、なかなか一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一重と二重の違いを知りつつ、1日だけ二重になる方法や二重整形の種類について解説します。

目次

1日だけ二重になることはできるの?

結論から言うと、1日だけ二重になることは可能です。1日で二重になる方法としては「マッサージを行う」「アイプチやアイテープを使う」「二重に見えるアイメイクをする」などが挙げられます。

しかし、一重まぶたの人やまぶたに厚みがある人の場合は、アイプチやアイテープを使っても二重になりにくい傾向にあるようです。

そもそも一重と二重はどのような違いがあるのでしょうか。次で詳しく見ていきましょう。

一重と二重の違い|筋肉のつき方が違うの?

二重になる方法を紹介する前に、一重まぶたと二重まぶたにはどのような違いがあるのか見ていきましょう。一重まぶたと二重まぶたの構造は、筋肉のつき方によって異なるようです。詳しい内容は以下の通り。

一重まぶたの人が二重のりなどを使用しても二重まぶたにならないケースは多いです。

その理由として、そもそも一重まぶたと二重まぶたの構造が異なっているということが挙げられます。

まず、二重まぶたの構造からみていきましょう。

まぶたを持ち上げる時に使われる筋肉が「上眼瞼挙筋」です。

上眼瞼挙筋が収縮することでまぶたが開かれるのですが、この筋肉はまぶた下部の縁にある軟骨のような「瞼板」と呼ばれる板に繋がっています。

上眼瞼挙筋の力で瞼板が引っ張られることでまぶたが開く仕組みになっているのです。

そして、二重まぶたの人の場合、上眼瞼挙筋が枝分かれしており、皮膚に繋がっているという特徴があります。

上眼瞼挙筋が皮膚に繋がっていると、まぶたを上げた時に上眼瞼挙筋が引っ張られ、まぶたの皮膚が折りたたまれるのです。

これが、二重まぶたのラインと考えられています。

一方、一重まぶたの人の場合、上眼瞼挙筋は瞼板と繋がっていますが、枝分かれせず、皮膚とは繋がっていないという特徴があります。

つまり、構造上二重まぶたのラインが形成されることがないといえるでしょう。

上記の内容を見ると「上眼瞼挙筋」という筋肉が枝分かれしているか、さらに皮膚とつながっているかによって、まぶたの状態が変わるようですね。

自力でくっきりとした二重になる方法はなにがある?

鏡を見るたびに「二重になりたいな」「どうにかして自力で二重になる方法はないかな?」と思っている人も少なくないはず。自力で二重になるためには、次のような方法がありますよ。

・二重になるマッサージを行う
・アイプチやアイテープを使う
・二重に見えるアイメイクをする
・二重整形をする

それでは、それぞれの方法について見ていきましょう。

二重になるマッサージがあるの?むくみを取ることはできる

まず二重になる1つ目の方法はマッサージです。「必ず二重になる!」とは言い切れませんが、毎日マッサージを行うことで、まぶたがスッキリとした印象になる可能性は高いようです。詳しいマッサージ方法は下記をチェック!

目のスッキリ感にはやさしくマッサージすることがおすすめ。アイクリームなどで目の周辺の滑りを良くした後、指の腹でまぶたの目頭から目尻にかけてなぞるように往復させます。何度か往復させたら、まぶたの脂肪をこめかみに流すような感覚で、目尻までなぞりましょう。これで余分な脂肪のたるみを緩和できるうえに、血行がさらにアップ!ただし、目元は皮ふの弱い部分なので、強くこすり過ぎるのはNG。あくまでもやさしく、地道に繰り返すことで夢の二重に近づくことができるかもしれないのです。

引用元:東京美容外科

1回マッサージを行って、二重がすぐに手に入るというわけではありませんが、コツコツ続けることが大切なようですね♪蒸しタオルで目の周りを温めて血行が良くなった後にマッサージをすると、さらにスッキリしそうです。

一方で、しばらくマッサージを続けても二重にならないという人は、まぶたの構造に原因があるかもしれません。

一重まぶたと二重まぶたの構造の違いは、まぶたを開くときに動く筋肉である「上眼瞼挙筋」の分岐がどこに付着しているかという点にあると考えられています。

上眼瞼挙筋の分岐がまぶたの皮膚に付着していない場合は一重まぶた、上眼瞼挙筋の分岐がまぶたの皮膚に付着している場合は二重まぶたになるといわれています。

一重まぶたの人の中には、上眼瞼挙筋の分岐がまぶたの皮膚に付着していながらも脂肪が多い、または上眼瞼挙筋の力が弱いことが原因で二重まぶたにならないというケースがあります。

このような場合、まぶたのマッサージで二重まぶたになる可能性はあります。

まぶたのタイプによっては、マッサージをしても二重にならない可能性があるようです。

アイプチやアイテープは体質に合うものを使って!

次に紹介するのは、アイプチやアイテープを使用して二重を作る方法です。1日で二重を作るためにはかなり取り入れやすい方法なので、すでにアイプチやアイテープを使っている人もいるかもしれませんね。

アイプチやアイテープは便利なものの、正しく使っていてもまぶたへの負担は大きいようです。加えて、もし自分の体質に合っていない二重のりやアイテープを使っていたら、まぶたへのダメージは大きくなる一方でしょう。詳しい内容について、湘南美容クリニックの説明は以下の通り。

二重のりは、正しく使っていればトラブルなど起こらないと思っている方も多いでしょう。

しかしどのような使い方をしていても、繰り返し使えば使うほどまぶたが伸びてしまうことがあります。

実際に美容専門クリニックには、自力で二重作りをしていてまぶたがたるみ、相談に来る人も少なくありません。

たるんだ皮膚を自力でもとに戻すことも難しいと言われています

二重のりでまぶたのトラブルが多いのは、強力な接着剤を使っているためです。

毎日のように二重のりを使い続ければ、まぶたへの負担はかなりのものになります。

伸びてしまったまぶたのたるみを回復しつつ、きれいな二重にできるのは、美容専門のクリニックでしょう。

また二重のりに含まれている成分によって、アレルギー反応やかぶれ、炎症などを起こすこともあります。

敏感肌の方はもちろんですが、健康な肌の人でも注意が必要です。

目立った症状がなくても、皮膚がかぶれていることが多いといいます。

かぶれや炎症を繰り返すことも、皮膚を厚く硬くし、腫れぼったい目元に変えてしまいかねないでしょう。

アイプチやアイテープに含まれている成分に原因があるようですね。アイプチには種類がさまざまあり、たとえば日中つけるものだけでなく、夜用のアイテムも販売されています。自分のまぶたの薄さや肌のタイプ、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

二重に見えるアイメイクってどんなもの?

二重になる方法として、二重に見えるアイメイクをするという手段もあります。例としていくつか紹介します!

・透明の絆創膏を使って二重を作る
・茶色のアイラインで二重のラインを描く
・アイシャドウやアイラインで二重に見えるようにメイクする

お金の節約にはなりますが、慣れるまでに何度もメイクの練習しなければならなかったり、夏場は汗で取れてしまうこともあるでしょう。さらにメイクにある程度の時間を確保しなければならないので、忙しい朝に毎日行うのは結構な負担になるかもしれません。

毎朝ラインを作るのが面倒なら二重整形という選択も

ここまで、二重になる方法を紹介しましたが「不器用だから自分でラインを作るなんてできない」「朝はなかなか時間を確保できない」と感じている人もいるのではないでしょうか。

「なるべく手間を省きたい……」と思うならば「二重整形」という選択肢もあります。もし少しでも気になるのであれば、二重整形を行っているクリニックのサイトを見てみるのも良いでしょう。

自分のライフスタイルや、一重に対する悩みに合わせて検討してみてくださいね。

自力で作る二重にはリスクもあるって本当?

「二重整形って自力で二重を作るよりもリスクが高い?」というイメージを持っている人も多いかもしれません。ですが、自力で作る二重にもリスクがあるのをご存知でしょうか。

人間の体の中でも、まぶたは非常にデリケートな部分。二重になるために毎日マッサージをしたり、二重のりを使ったりして刺激を与えると、シワやたるみ、色素沈着してしまう可能性があります。特にまぶたが薄い人はリスクが高まるようです。

自力で二重を作るならば、デメリットを知った上で行いましょう。

二重整形ってどんなもの?|埋没法と切開法

「二重整形」という言葉は知っているものの、二重整形の詳しい施術内容はよくわからないという人もいるでしょう。二重整形には「埋没法」「切開法」の2種類の施術法があります。

「埋没法」と「切開法」の違いやダウンタイムの目安、それぞれの施術に関する料金設定などについて紹介します。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。

【埋没法】ラインが取れてしまうこともあるの?

二重整形の埋没法とは、針と糸を用いて二重を作る方法を指します。

埋没法は、糸の劣化によってラインが取れてしまう可能性が考えられます。また、まぶたの厚さや、普段からまぶたに負担をかけているなど個人の都合によっても取れやすさが変わってくるようです。

埋没法は糸でまぶたを固定させることにより、二重まぶたを作る方法です。

この治療に使われる糸は時の経過とともにゆるんでしまうことがあり、残念ながらどんなに優れた医師の手による施術でも、二重整形が取れてしまう可能性があります。

埋没法は切らない二重整形として人気が高いですが、永久的な効果は期待できないかもしれないという点は心得ておきましょう。

埋没法による二重整形が、特に取れやすいとされているのが、次のような人です。

本来のまぶたに厚みがある人
年齢が若く、まぶたの皮膚にハリがある人
過去に幅の広い二重まぶたを作った人
目をこする、つけまつ毛を使用するなど、まぶたへ負担をかけることが多い人
スポーツなどにより、まぶたの周囲に衝撃を受ける機会がある人
このいずれかに当てはまる場合、埋没法で埋め込んだ糸が取れやすい傾向があります。

とはいえ上記に該当しても二重整形の効果が長く持続する人もいますので、一概には言えません。

二重幅を広くしている
どのような方でも、目のすぐ上より、眉毛の近くのほうが脂肪が分厚くなっています。幅広の二重ラインの場合、まぶたの分厚い部分を無理やり糸で固定しなければならないため、医療用の頑丈な糸であっても、すぐに取れる可能性が高くなります。

目をこする癖がある
目を頻繁にこすったり、強い力でクレンジングや洗顔をしたりすると、頑丈な糸でも取れやすくなってしまいます。目を強くこすらない、クレンジングや洗顔の際は目元を優しく洗う、などを心がけることで糸が取れにくくなります。

まぶたが分厚い
生まれつきまぶたが分厚い方が埋没法で二重ラインを作ると、糸の強度が足りず、まぶたの厚さが通常の方よりも早く糸が取れる可能性があります。
しかし、脂肪が原因でまぶたが分厚くなっている場合、埋没法とまぶたの脂肪取りを併用することで、二重ラインを長期間維持できるようになります。患者様のまぶたの状態やご希望に合わせて最適な施術方法を提案しますので、カウンセリングでお気軽にご相談ください。

ラインが取れてしまう原因として挙げられている「目をこする」「つけまつ毛をつける」などは、クセを直したり、使用頻度を減らしたりして、自分で気を付けることができそうですね。

【切開法】2週間くらいは腫れが目立ってしまうの?

二重整形の切開法とは、メスを用いて二重を形成する方法を指します。切開法となると、特に気になるのは「いつまで腫れが目立つのか」ではないでしょうか。

腫れについては、埋没法と同様にクリニックや個人のまぶたの厚さなどによって異なるようです。いくつかのクリニックの説明を見ていきましょう。

切開法は目標の二重ライン上を切開し、傷を糸で縫合します(基本的には外縫いですので糸の結び目は外に出ます)。腫れはかなり目立ち、特に当日から翌日が最も顕著です。5日~1週間後、抜糸のため来院いただきます。1本の薄い線状の傷ですが術後2週間程度は赤みが目立ちます。もちろんお化粧でカバーできますし、目を開けている時には目立ちません。1か月で腫れはだいぶ改善し、傷も白い線になります。その後、3~6ヶ月で目立たなくなります。

腫れ
埋没法と比べ強い腫れが発生します。翌日は顕著で、5日~1週間ほどで少し引きはじめ、2~3週間で自然に仕上がります。最初の3日間ほどは患部に痛みや熱感が認められますが、健康への影響はありません。

切開して二重整形を行う方法では、まぶたにメスを入れるため傷ができます。

切り傷をしたことをイメージすれば、それが治るまである程度時間がかかることはイメージできるのではないでしょうか?
二重整形での傷も、同じように跡が目立たなくなるまでは時間がかかります。

まず切開した当日ですが、傷はもちろん腫れも強く目立つ状態になり、その後3日間ほどで腫れが少しずつ引いていきます。

腫れが治まるまでは個人差や施術者の腕などあらゆる条件によるため一定ではありませんが、1週間しっかりと冷やすことで、腫れはきれいに引きやすいとされています。

腫れが長引くと傷の治りも遅くなるので、できるだけ早く腫れを引かせるためにもよく冷やすことをおすすめします。

そして、1か月経過した頃では腫れが引き、傷も落ち着いてきますが、まだ赤く傷跡として見える段階です。

半年ほど経った頃に、ようやく傷跡としては見えにくくきれいな肌の状態になってきます。

それぞれの内容を比べても、クリニックによってかなり差があるようです。もし切開法を検討する際は、カウンセリングで聞いてみることをおすすめします。

ダウンタイムはどれくらい?過ごし方にも気を付けよう

施術後のダウンタイムはどれくらいなのか気になるところですよね。

ダウンタイムとは、施術を受けてから普通に日常生活を送れるようになるまでにかかる時間のことです。

引用元:高須クリニック

施術自体が1日で終わったとしても、腫れや痛みが落ち着かないと通常の生活を送るのは難しいかもしれません。

ダウンタイムの期間に関してもクリニックによって主張が異なります。クリニックごとに見ていきましょう。

二重整形におけるダウンタイムは、具体的にどのくらいの期間必要なのでしょうか。施術の方法によってダウンタイムの期間に違いがみられます。

埋没法は、切開法に比べるとダウンタイムが比較的短い傾向にあります。大きな腫れや内出血が起こるのは3日程度で、1週間程度あればほとんど目立たなくなるでしょう。

ただし極端に幅の広い二重にした場合などには、2~3週間ほど症状が続く可能性もあります。糸の掛け方やまぶたに糸を留める点数などもダウンタイムの期間を左右する要素です。

一方で切開法は埋没法よりもダウンタイムがやや長くなる傾向にあります。大きな腫れや内出血がみられるのは1週間程度で、2週間から1ヶ月程度でほとんどの症状が治まるでしょう。

また二重まぶたが完成するまでの期間(埋没法3ヶ月・切開法6~12ヶ月)は、腫れの影響で二重の幅が広く見えることがあります。ダウンタイムの一環ですので、過剰に心配する必要はありません。

二重整形のダウンタイムは個人差があり、期間中の過ごし方によって変化する可能性があります。なかなか症状が治まらないときは、医師に相談してみましょう。

例えばプチ整形と呼ばれる埋没法の二重でも、皮膚を糸で縫い留めるわけですから、施術後にまぶたに腫れが生じます。その腫れが完全に引いて完成し、術前に予定した二重の幅になるのは、平均すると2~3ヶ月後です。
このように、美容整形の施術はダウンタイムが案外長いのです。美容整形に詳しい方であれば当然織り込み済みですが、初めて受ける方は意識に無い場合があります。そのため、術後のスケジュール調整に苦労するということも少なくありません。
ダウンタイムのことを考えずに日程を組んでしまうと、本当ならば整形後、キレイな状態で参加したかったイベントに間に合わないという悲しい事態になることもあります。美容整形を受ける場合はダウンタイムのことをあらかじめ考慮した上で、スケジュールを立てておくのがよいでしょう。

引用元:高須クリニック

ダウンタイムもかなり個人差があるようです。もともと体になかったラインを作り出すため、なじむまでには時間がかかります。また、過ごし方によっても変わるようなので、ダウンタイムの際は安静にする必要がありそうですね。

気になる料金設定は?なにによって変わるの?

二重整形で気になることのひとつに「料金」が挙げられるでしょう。そこで、ここでは二重整形の料金について、埋没法と切開法それぞれ表にまとめました。

【埋没法・料金例】

クリニック 施術名 料金 保証期間
品川美容外科 二重術クイック法 9,790〜32,590円
品川美容外科 二重術ナチュラル法 125,720〜206,100円 2年間
湘南美容クリニック 湘南二重術 16,330〜44,800円 3年間
湘南美容クリニック フォーエバー二重術 195,100円 一生涯
TCB東京中央美容外科 TCB二重術 29,800円
TCB東京中央美容外科 1dayクイックアイエタニティ 398,000円 10年間

※全て税込

※全て両目での料金

【切開法・料金例】

クリニック 施術名 料金 保証期間
品川美容外科 切開法 98,000円 1年間
湘南美容クリニック 全切開法 195,100円
TCB東京中央美容外科 切開法 83,600〜437,800円

※全て税込

※全て両目での料金

上記の表を見ると、クリニックによってかなり差があることがわかります。また、保証期間についてもそれぞれ。実際に施術を受けたいと思ったら、さまざまなクリニックのカウンセリングを受けて、詳しく話を聞いてみましょう。

カウンセリングではどんなことをするの?

とはいえ、カウンセリングではどのようなことをするのか気になりますよね。カウンセリングでは、患者が抱えている二重にまつわる悩みや、施術に関する不安や疑問点、料金などについて相談することができます。

また、カウンセリングの際に「ブジー」という器具を用いてシミュレーションを行うクリニックもあるようです。ブジーを取り扱っているクリニックの公式サイトの内容を紹介します。

二重シミュレーションから手術まで、担当ドクターが一貫して行います。
美容カウンセラーにお伝えし忘れたことなどありましたら、担当ドクターにご相談ください。
ブジーという器具を使って、実際に二重になった時のシミュレーションを行います。
ご自身がなりたい理想の二重のイメージをお伝えください。
※コンタクトレンズをしている方は、した状態でシミュレーションを行いますので装着してきてください。
施術前には外しますので外す道具もご持参ください。

二重まぶたの施術を希望される方はご存知だと思いますが、「ブジー」を使ってドクターが患者さまの目もとの仕上がりについてシミュレーションをします。「ブジー」とは細い針金でできていて、まぶたに当てて二重のラインを作り仕上がりイメージをみるものです。患者さまのまぶたで直接シミュレーションできるのでイメージをしやすいですよね。

シミュレーションは患者とドクターがイメージを共有する上で重要な工程です。二重整形を検討する際は、シミュレーションをしっかり行ってくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は、一重と二重の違いから1日で二重になる方法、二重整形の種類などについて紹介しました。
1日で二重になる方法としては「マッサージをする」「アイプチやアイテープを使う」「アイメイク」などがあります。

手軽に取り入れやすい方法ですが、実はまぶたへの負担が大きかったり、まぶたのたるみの原因になるリスクもあるようです。毎日の手間や時間のコストを考えると、二重整形を候補に入れてみるのも良いかもしれません。

さまざまな方法の中から、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

この特集のキーワード

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる